c0127366_23355718.jpg


兵役による2年間の活動休止もようやく開けて、早速始まった東方神起のライブチケットの争奪戦… 。
今日は、ファンクラブの会員として6年以上継続している古参会員を対象とした「スーパープレミアムシート」のチケットの当選発表でした。

どうか当たってほしい…。
祈りながら結果を知らせるメールを開いたら、残念ながら「全滅」でした。
ひょっとしたら当たるんじゃないかと期待していましたが、やっぱりダメでしたねぇ。

***

それですぐに気になったのが、いったいどんな人が、どのくらいの確率で当たったのだろうということです。
Twitterを検索してみると、当たっているのは何だか若い人が多そう… 。

まぁ、Twittterをやっているという時点で若い人が多いということはあると思いますが、まさかとは思うけれど、中高年のファンとしては、ひがみ根性で色々考えるわけです。

そういえば、今までも「Mステ」とかのテレビ観覧の抽選なんかは、テレビ局の意向なのか若い人しか当たらなかったよなぁとか。

***

それで、数日前に知ったこんな記事も思い出したりするわけです。

・「エイベックスと日本マイクロソフト、観客の表情などAIでライヴを定量評価」(リンクはこちら
・記事のソースのプレスリリースはこちら

かいつまんで言うと、エイベックスでは、ライブ中の観客の表情を撮影したものをAIが分析して評価し、曲順や演出を観客の満足するように改善するのに生かす、ということを始めたというニュースです。

ひょっとしたら、スーパープレミアムシートには若い人を多くして、このシステムを使って反応を評価して、もっと若いファンを増やすために役立てるのかな…なんて考えちゃいましたよ。

***

私は前々から思っていたのですが、日本の音楽シーンは何が売れるのかということを考えすぎて、面白い作品や意外な作品がなかなか出てきにくい状況のではないでしょうか。

いわゆる「売れ線を狙う」というやつですね。
AIによって数値で評価・分析して、観客の好みに合うライブを作るというのも、一つの方法としてはありなのかもしれませんが、作り手は面白くないんじゃないのかなぁ。

作り手が面白くない作品は、観客も面白くないと思います。
いくら受けるからといえ、例えばオープニングはいつも重厚なイメージで軍服みたいなのを着て出てくるとか、エンディングは必ず「Somebody to Love」とか、なんだか似通ってきちゃう気がするなぁ。

***

それにしても、ライブのチケット、 1枚でもちゃんと手に入らないと、せっかくファンクラブに入っているのに悲しすぎる!
これからファンクラブ先行が始まって、その後に各チケット販売会社の1次予約、2次予約、一般発売、そしてライブ直前に見切れ席の発売と続いていくのかな?

とにかく1枚でも当たりますように!

[PR]
# by riceM | 2017-09-04 23:38 | ライブ準備・ファン活動 | Comments(2)
c0127366_00562068.jpg


つい先日、チャンミンが兵役を終えたばかりの東方神起ですが、今日は活動の再開を知らせるプレスミーティングが開かれました。
午前中に韓国ソウル、すぐに移動して夜には東京で開催というハードスケジュールです。
今はインターネットですぐに海外の情報が伝わりますから、ソウルの会見の模様もすぐに日本のニュースに載りました。

こんな重要な日に、私はスマートフォンを家に置き忘れてしまい、夜9時近くになってようやく情報をチェックすることができました。
韓国のニュースを追っていたら、今度は日本のニュースもどんどん出てきて、とても全部読むことは出来ません。
明日には日本の地上波のテレビの芸能ニュースでも取り上げられる模様で、その番組を録画しておいたらいいものやら…。

こんな日が再び訪れるなんて、ファンとしては嬉しい悲鳴です。

***

今回の会見で明らかになったことは、おおむね次のようなことでした。

1.韓国の活動予定。 9月の25日と29日にユノとチャンミンそれぞれのソロ曲をデジタルシングルで配信。 9月30日と10月1日にソウルで公演を行う。
2.日本の活動予定。 10月25日に復帰記念アルバム『FINE COLLECTION~Begin Again~』を発売。 11月から来年1月にかけて5大ドームツアーを行う。

私がびっくりしたのは、新作アルバムを出す前に、いきなり日本でツアーを行うということです!
私はてっきり、Bigeast限定のファンミーティング的なものを行うくらいかなと想像していました。

復帰記念アルバムというのは、結局ベスト盤のようなもので、新しくファンになったばかりでアルバムやシングルを1枚も持っていないという方には良いかもしれませんが、正直なところ目新しさには欠けます。
本来であれば新作を出したかったところでしょうが、それだと本格的な活動再開がだいぶ先になってしまうからなんでしょうね。

それにここ数年は、 CD発売よりも、コンサートをたくさん行って収益を上げていくというスタイルが、他のavexのアーティスト(例えばU-KISS)などを見ても多くなっているように感じます。
特に東方神起の場合は、2年間もファンを待たせているため、1日も早いお披露目が求められていますもんね!

***

韓国の活動について言うと、ソロ曲をデジタルシングルで出すというのは、 2人揃っての楽曲の制作がすぐにはできないからなんでしょうね。
それでも4か月早く復帰したユノの方が準備期間があったので、すでにSMTOWN LIVEで披露した「DROP」という曲を発売するんですね。
チャンミンの曲はひょっとしてこれから作るのかな?

明日は香港でプレスミーティングが開かれますが、中華圏でもプレスミーティングを開くというところに、私は何か意義を感じます。
中国本土では、昨年あたりから韓流コンテンツの締め出しが続いているようですが、香港、台湾、さらにタイやマレーシア、インドネシア、フィリピンなどでは韓流コンテンツは大人気のようです。
ひょっとしたら、アジアツアーもあるのかなぁなどと想像しています。

***

2人の話した内容を知って印象に残ったのは、「ユノとチャンミン、やっぱり仲いいなぁ」ということです。
入隊中も頻繁に連絡を取り合っていたようですし、もはや「家族」なんでしょうね。

ユノが聞かれてもいないのに、ソウルのコンサートでの「ズボン事件」のことを話したのも、さすがと思いました。
曲の途中で衣装が破れるって下着が見えてしまったというハプニングについて、「自分が一生懸命やった結果だから、全く恥ずかしくない」と言い切ったユノの姿を見て、本当に心からそう思っていると感じました。
ユノは本当に男の中の男だと思います!

チャンミンが「僕は恥ずかしい」と言ったのも絶妙なツッコミで、ユーモアで場を和ませるようとするチャンミンの心遣いを感じました。

チャンミンは短い髪を恥ずかしそうにしていましたが、韓国では今まで結構変なヘアスタイルにも挑戦しているので(笑)、全然大丈夫、かっこいいよと言ってあげたいです。
またユノに比べると、どことなく緊張しているような感じも見えて、本人も言うとおり、まだ軍隊生活の気分が体に残っているんだなと感じました。

***

東方神起の本格的な復帰を受けて、これから毎日いろんな情報が小出しに発表されていくんでしょうね!
この2年間の間に、 SNSなどもすごく発達したので、情報が広がっていくスピードも早まり、情報洪水も目に見えています!
そしてそれに振り回される私たち…。(^_^;)

私が今注目しているのは、色々な経緯があったせいか、あまりツイッターなどのSNSを活用してこなかった東方神起が、これらのメディアを活用するようになるのかということです。
私の予想では、これからも本人が、SNSで直接何かを発信することはないんじゃないのかなと思っています。

彼らはすごく責任感が強いので、メディアへの露出は自分で直接やるのではなく、事務所やファンクラブを通してやっていくんじゃないかなと思うんですよね。

そんな動きにも注目しながら、これからの東方神起の活動を追いかけていきたいと思います。

***

関連記事、動画のリンクを選んで以下に貼ります。













[PR]
# by riceM | 2017-08-21 23:59 | ニュース・話題 | Comments(2)
c0127366_07362301.jpg


2017年8月18日、私はこの日を待ち続けておりました!
約2年にわたる兵役がようやく終わり、私たちの東方神起チャンミンが帰って来ました!

ソウル警察庁前には海外からのファンも押し寄せ、韓国メディアはもちろんのこと、日本のメディアにもニュースとして取り上げられましたね!
いろいろ検索していたら、外報として「高知新聞」にも「韓流スター2人が除隊 ソウル、ファンら歓声」という記事になっていました。(^。^)
そうそう、義務警察でずっと一緒だったSuper Juniorのシウォンも一緒です。

***

自分自身のこの2年間を振り返ると、公私共にいろいろなことがありました。

東方神起を追いかける楽しみがなかったせいか、ストレスも多かったように思います。
その一方で、CDのリリースやライブがなかった分、お金がかからなかったために、新しい勉強を始めたり、自己投資もできたのですが… 。

韓国の若い男性芸能人のファンになると、必ずどこかで「兵役」という問題にぶつかります。
移り変わりの激しい芸能界で、 2年間あるいはそれ以上、活動にブランクが空いてしまうということは、とても大きな問題です。

兵役をきっかけに、なんとなく活動が終わってしまうグループも多いですよね。
私も東方神起のファンになって、早いもので9年ぐらい経ちますが、兵役という問題はいつも心の中に引っかかっていました。

***

一体いつ、どんな形で活動が中断されるのか。
メンバーは順番に兵役に就くのか、それともいっぺんに行ってしまうのか。
その点では、東方神起は理想的な形で兵役を終えることができたと思います。

ユノは音楽隊に入り、陸軍関係のイベントで人前に出る機会も多く、インターネットを通じてその活躍を見ることができました。
東方神起の曲をアレンジして、音楽隊のメンバーと一緒に披露したりもしてましたよね。
しかも特級兵士として表彰されるなど、軍人としても高い評価を得たところがスゴイです。

チャンミンはユノの後を追うように義務警察に志願し、見事合格、広報隊に所属しました。
Super Junior のドンヘ、シウォンとともに、 子ども達を前に着ぐるみを着てパフォーマンスをするなど、いつもと違った姿をファンの前に見せてくれましたね!

2人ともそれぞれの場で、歌やダンスをずっと続けることができたのが嬉しいです。
これも韓国政府の配慮かな?

***

8月21日、 22日にアジア3年で開かれるプレスミーティングを皮切りに、いよいよ東方神起の完全復活です!
これから忙しくなりそうだ!!!





[PR]
# by riceM | 2017-08-19 07:40 | ニュース・話題 | Comments(0)
c0127366_23461751.jpg


8月11日付の記事で、「最強のバターコーヒー」を飲みに行ったことを書きました。
お店では、コーヒーの苦手な人のために、紅茶を使ったメニューも販売されていました。

私は仕事中、毎日マグカップで紅茶を入れて飲んでいるので、「MCTオイル」と「グラスフェッド・バターで作ったギー」をAmazonで取り寄せて、「最強のバター紅茶」をオフィスで試してみることにしました。

***

作り方は簡単です。
ティーバッグで普通に紅茶を入れて、MCTオイルとギーをティースプーン1さじずつ入れて、よくかき混ぜるだけです。

MCTオイルはさらっとして香りもあまりありませんが、ギーは小ビンの蓋を開けただけで、ふんわりとしたバターの香りが漂います。
本当に、ほんの少し入れただけでもおいしそうなバターの香りがして、味もコクが出ます。

お店では、お茶とオイル類をミキサーでかき混ぜていましたが、仕事中にちょっとお茶を飲む分には、スプーンでよくかき混ぜるだけでも大丈夫だと思います。
ミルクティーのような感じになるので、バターと紅茶は相性は悪くないようです。

***

c0127366_23480205.jpg

バター紅茶を飲んで思い出したのですが、チベットなどで飲まれている「バター茶」というのがありますよね。
実は私は以前、研修旅行で中国青海省のチベット族の村を訪れたことがあります(上の写真)。
その時に飲んだしょっぱいバター茶を思い出しました。

当時は、お茶にバターを入れるなんて…と違和感を感じましたが、今思えば、立派なファットバーニング食ですね!

***

MCTオイルもギーも一応、室温での保存はOKのようです。
紅茶の缶と一緒に、デスクの引き出しにしまいました。

3時のおやつタイムに飲めば、いい気分転換になりそう。
これから楽しんでいきたいと思います。

[PR]
# by riceM | 2017-08-17 23:51 | | Comments(0)
c0127366_02250265.jpg

丸の内ピカデリーで8月20日まで開催されている「SMTOWN SURROUND VIEWING WEEK in TOKYO」を見てきました。
映画館の3面スクリーンを使ったサラウンドビューイングで、コンサートのライブ映像を見るというものです。


c0127366_02252157.jpg


私が見たのは、もちろん東方神起の2年前の入隊前最後のライブ、「TVXQ! SPECIAL LIVE TOUR - T1STORY - &...!」。
入り口ではポチっと折って使う使い捨てタイプの蛍光棒も配られ、さながらライブ会場で実際にライブを楽しんでいるような気分を味わえました。

***

韓国で行われるライブは、楽曲がライブ用に大きく違った風にアレンジされていたり、
かっこいい姿だけではなく、かわいらしい姿やユニークな姿など、思い切った演出もあって楽しいです。
日本のライブは、きっちりと緻密に構成された印象がありますが、韓国のライブはもっと自由に大胆に、楽しくやっているように見えます。

c0127366_02253341.jpg


私が特に好きなのは、アコースティックバージョンで懐かしい曲をメドレーで歌う場面です。
ちょうど夏休みの今見るとピッタリな、リラックスした感じが好きです。
(チャンミンのガリガリな細い足にはちょっとビックリですが…。一方ユノは、この時期ちょっとふっくらしていて可愛いですね!)

***

最後の挨拶では、力強く親指を立てて明るく舞台を去ったユノは、「一回り大きくなって帰ってくる」という言葉の通り、先日SMTOWN LIVEでカムバックしました。
2年前のライブのときには、まだ義務警察の任務に就くことが決まっていなかったチャンミンは、「数年後に帰ってくる」と涙ぐんで不安そうに見えましたが、ついに明日、8月18日に兵役を終えて戻ってきます。

東方神起のカムバックが本当に楽しみです!

[PR]
# by riceM | 2017-08-17 02:29 | 東方神起イベントレポ | Comments(0)
c0127366_22452481.png

8月いっぱいでクローズが決まっている、外苑前の「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」(ホームページはこちら)を体験してきました。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、光を遮断した真っ暗な世界を、視覚に障がいのあるアテンドのもと体験する「ソーシャル・エンターテインメント」とのことです。
一人ずつ白杖を手にして、グループで空間に入ります。自然を再現した中を歩いたり、縁側で一休みしたり、飲み物を飲んだり・・・。
またとない、貴重な体験をすることができました。

***

空間に入る前は、暗闇の中でちゃんと歩けるだろうか、途中で転んだり水をこぼしたりするんじゃないだろうかと心配でした。
ですが、アテンドの明るく楽しいナビゲートがとても素晴らしく、いつの間にか聴覚、触覚、味覚が鋭くなり、人の気配と温度を感じつつ、自然に声を掛け合い助け合いながら、無事小さな旅を終えることができました。

***

本当にすごいと思ったのが、私が8人グループの中で、一人だけずんずん別の方向に歩いて行ってしまったのを、アテンドの方が気づいて迎えに来てくれたことです!!!
まったくの暗闇の中で、私はグループの群れから離れてしまったことにすら、まったく気が付きませんでした。
アテンドの方には、心の目でしっかりと見えていたんですね。
人間の持つ可能性の大きさを感じました。

***

白杖を持って歩くのも初めてでした。
思ったのは、前途が真っ暗であっても、1歩先の様子が分かれば、とにかく1歩前に進めるということです。
そうやって、慎重に歩みを進めていけば、必ずどこかにたどり着けるという体験をして、何か大きな力をいただいた気がしました。

***

9月からは浅草橋で再開とのことですが、企業向けの研修などが中心で、一般向け開催が行えないそうです。
資金面の問題が解決され、一日も早く、再開できることを願っています。

[PR]
# by riceM | 2017-08-12 22:48 | 近況報告・日記 | Comments(0)
c0127366_19265018.jpg



8月7日付の記事で、最近「プチ断食」を始めたことを書きました。
そこで参考にしている本、「世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術」でも紹介されている「バターコーヒー」をいうのがとっても気になっていました。
バターコーヒーというのは、コーヒーにMCTオイルとバターを入れたもので、腹持ちがよく、糖質ではなく脂質を燃焼させる、ファットバーニングの食事に最適な飲み物ということです。

調べてみたら、代々木にバターコーヒーの専門店があることが分かりました。
一度どんなものか飲んでみたいと思い、早速行ってきました。

***

お店の名前はズバリ「最強のバターコーヒー」 。
(お店のホームページはこちら

JR代々木駅の西口を出ると、目の前にすぐ見つけることができます。
私が行ったときには、2、3人のお客さんが列を作っていました。

またお店の人が小さな紙コップを持って、道行く人に試飲を勧めていたので、私もいただきました。
ひとくち飲んでみての感想は、「コクがあって美味しい!」。
使われているバターは普通のバターではなく、グラスフェッドバターという高級なバターなんですよね。

お店のそばで、近くにあるコーヒーチェーンの人がやはり試飲を勧めていたのですが、物珍しさもあってか、最強のバターコーヒーの方が人気がありそうです。

***

列に並ぶと、QRコードからLINEにアクセスして、ポイントカードを作ることを勧められました。
ラインの「お友達」として登録すると、初回は100円引きになるんだとか。
これは顧客獲得にうまい方法ですね!

ただ元々の値段が高く、税込で1杯702円もします。
お持ち帰りのコーヒーで1杯702円というのは、毎日買って飲むにはちょっときついお値段です。
また座って飲む場所がないので、私は代々木駅のベンチに座って飲みました。

私は特別コーヒーが好きというわけではなく、ミルクや砂糖を入れて飲んだりしていますが、最強のバターコーヒーは、砂糖やミルクなしでもコクがあって飲みやすかったです。
今度は自分でMCTオイルとグラスフェッドバターを使って、「最強のコーヒー」を試してみたいです。



[PR]
# by riceM | 2017-08-11 19:30 | | Comments(2)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM