カテゴリ:旅行記( 182 )

北鎌倉を散策

c0127366_22142381.jpg

久しぶりに北鎌倉に行きました。円覚寺、明月院、鶴岡八幡宮を散策し、鉢の木でランチを食べてきました。

c0127366_22142480.jpg

今日はとても穏やかな晴れ模様で、久しぶりに1日1万歩以上ウォーキングをすることができました。
c0127366_22142663.jpg


鶴岡八幡宮では結婚式をやっていました。大勢の人に囲まれて このように人前式の結婚式をしている様子を初めて見ました。
c0127366_22143092.jpg
c0127366_22142899.jpg
c0127366_22143024.jpg

c0127366_22143643.jpg


また牡丹園ではちょうど牡丹が見頃で、綺麗な牡丹の花をたくさん見ることができました。

c0127366_22143829.jpg

鉢の木のランチも美味しく、また季節ごとに様々な魅力のある鎌倉を訪れてみたいと思いました。


[PR]
by riceM | 2017-03-05 22:09 | 旅行記 | Comments(2)
c0127366_841487.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!済州島2泊3日の旅日記も、ちょうど30回でようやく完結・・・。(^^ゞ タクシーは南から空港方面に向かって北上し、途中、新市内の市場に寄ってもらって買い物をしました。市場に売っているのは文字通り日本刀のような形の太刀魚や、名物のミカンなど・・・。地下街でミシャの化粧品を買いましたが、品ぞろえはいま一つ。チョボヤンのシリーズの化粧水を買いたかったのですが、免税店でも数少ない地下街の化粧品店でも品切れでした。

そして最後に見たきれいな海が上の写真。夜になるとライトアップされ、カップルが愛をささやきあう(笑)名所だそうです。少し陽が斜めになってきた時間帯ですが、ホントにロマンティックな雰囲気でした。

***

c0127366_843125.jpg

空港では2日間にわたってお世話になったタクシーの運転手さんと別れ、ガイドさんがお出迎え。ここでは特にガイドさんに何かをしてもらったわけではないですが、出国までちゃんと確認を取るためという感じでした。いったんホテルに戻らず直接空港へ行けるので、時間もゆっくりできて、これもタクシーをチャーターして観光するメリットだと思います。小さな空港なので出国もスムーズで、帰国直前まで、たっぷり観光が楽しめました。

18時10分、済州空港を離陸。2時間半のフライトです。済州島は1週間くらい、のんびりと何もしないで休みに行くのにいい場所だなあと・・・。帰国が名残惜しかったです。

***

では以上で済州島旅日記を終わります。<(_ _)> アンニョン~!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-13 08:00 | 旅行記 | Comments(2)
c0127366_7594081.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!済州島2泊3日の旅、最終日は割と軽めの観光スポットが続いておりますが、ここもちょっと変わったところでした。その名も「神秘の道」。トッケビ道路(おばけ道路)とも言われているそうです。

こんなことを聞くと、心霊スポットなのかと一瞬ギョッとしますが、実は本当は下り坂なのに、まるで上り坂を上っているように見える坂なんです。タクシーの運転手さんも、車のエンジンをストップして実験。(^^ゞ 車は自然に加速して、坂を下って行くんです。なのに、車に乗っているとまるで坂を上がっているように見えるという・・・。

c0127366_80211.jpg

ここは説明によれば、ハネムーン客を乗せたあるタクシーの運転手さんが、偶然発見したスポットとのこと。観光バスも乗り付けていて、皆、車に乗ったまま実験しているんですよ~。危ないわ~。(^^ゞ それなのに渋滞が起こらないのは済州島に人も車も少ないためでしょうね。(^^ゞ 中には重いものを道に転がしてみたり、水を流してみたりする人も。

私も車から下りて歩いてみましたが、どうしても目の錯覚で騙されて、本当に不思議な道でした。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-12 08:00 | 旅行記 | Comments(0)
c0127366_84281.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!済州島旅行記、だんだん終わりに近づいてまいりました。済州島南部の中文リゾートの観光を終えて、空港のある北部へ車を進めることになりました。

途中、運転手さんに案内されたのが「o'sulloc」(オスロッ)というお茶の博物館と広大な茶畑です。済州島ではお茶も栽培しているんですね~。「雪緑」(ソルロッ)というブランドのお茶を生産しているそうです。韓国ではあまり緑茶を育てているイメージはないんですが、ここ済州島は気候が温暖なためかお茶の生産にも適しているようです。

また、広大な茶畑が広がる景色も一つの観光名所なんですね。修学旅行生の集団や、中国人観光客のバスが大きな駐車場に連なっていました。

***

敷地の中にはとてもおしゃれな博物館があり、さまざまな時代、地域の茶道具を展示。もちろんしゃれたパッケージのお茶もたくさん売っていて、おみやげにも良さそうです。中にはこれまたおしゃれなカフェがあって、緑茶を使ったスイーツが売られていました。

展望台に上ると目の前に広がる緑の海。冒頭の写真がそれです。済州島の中ではちょっと珍しい(?)、都会の雰囲気のある場所でした。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-11 08:00 | 旅行記 | Comments(0)
c0127366_7572671.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!私の場合、済州島ロケ地の作品と言えば、「パラダイス牧場」以外に真っ先に思いつくのが「オールイン」。「オールインハウス」というところにも行きましたが(11月21日付)、もう一か所案内されたのが「ロッテホテル済州」です。

ここはドラマでソン・ヘギョがカジノのディーラーとして働いていたり、火山ショーのシーンもあったり、たくさん登場してますよね!新羅ホテルのすぐ隣にあって、広大な敷地に風車があったりして、まるでホテル全体がテーマパークのような造りです。

c0127366_7574767.jpg

タクシーの運転手さんには、庭園の中を散策したらホテルの建物の中を通って、反対側の入り口まで出てくるように言われました。そこまで車を回しておくから・・・とのことでした。で、このお庭が結構広くてホントに遊園地みたい・・・。入り口には済州島名物のトルハルバン(石じいさん)の像も・・・。

c0127366_758433.jpg

この風車のある庭園で、火山ショーもやるのでしょうかね。

c0127366_7581918.jpg

ホテルの中も、高級でアミューズメント感満載。こういうところに泊まってみるのも楽しそうです。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-10 08:00 | 旅行記 | Comments(0)
c0127366_10113230.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!昨日の朝のブログで自身のことを書きましたが、夜に大きい地震が発生しましたね~。まだ私はまだ仕事中で事務所にいましたが、ラジオから流れてくる「東日本大震災の時を思い出してください!」と非難を強く呼びかけるアナウンサーの声が緊迫感にあふれていました。

さて、済州島旅日記の続きです。映画「シュリ」のロケ地となった新羅ホテルのベンチ。ここでタクシーの運転手さんに映画の一場面のようなアングルで写真を撮ってもらいました。あいにくその写真は載せられませんが、ベンチから見た風景の写真を・・・。小高い丘から見下ろす海がとてもキレイです。


***

c0127366_10115280.jpg

新羅ホテルのお庭も少し散策。

c0127366_10121055.jpg

コスモスがいっぱい咲いていて、とてもキレイでした~。

***

では実に簡単ですが、今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-08 08:00 | 旅行記 | Comments(2)
c0127366_85287.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!今朝は地震でビックリしたriceMです!でもひところに比べると、本当に地震は少なくはなりました。でも備えは常に考えておかないといけないですね。

さて、済州島3日目のランチは、中文(チュンムン)リゾートというリゾートエリアへ行きました。ここは韓国政府が力を入れて開発している地域で、まるでラスベガスのようなカジノのあるホテルが立ち並ぶエリアです。これまで見た自然豊かな済州島とは全く別世界のようで、その雰囲気の違いに驚きました。コンビニエンスストアも、ここで初めて見ました。

タクシーの運転手さんに案内されたのは、そんな中でも割と庶民的な感じの食堂。でもお値段とかメニューは観光地価格かなあ~。最初に出てきたパンチャン(おかず)、これはお店によってホントに味が違いますが、ここのはちょいピリ辛でした。

c0127366_85189.jpg

頼んだのはアワビ粥。どんぶりにド~ンと出てきました。味は苦みもなくクリーミー。でもこういうものは専門店の方がいいかもしれません。

c0127366_853745.jpg

今回の旅行で食べたチヂミの中で、一番おいしかったのがここのお店!海鮮がたっぷりで、これだけでとっても満足感のあるチヂミでした。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-07 08:00 | 旅行記 | Comments(0)
c0127366_8101074.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!このツイートを見て笑ってしまったriceMです!キソプがファンミに備え、U-KISSパック(こんなの作ったんでしたっけ?)をする姿を披露、それをドンホがリツイート。

c0127366_810216.jpg

負けじとケビンさんもお休み前のパック姿を披露、U-KISSは乙女チックだねえ・・・。(^_^;) こういうところが可愛い魅力ですね♪

さて、そんなU-KISSは来年済州島でファンミーティングを開くとか。一緒に済州島に行くツアー(こちら)か~。こんなのに行ってみたいわ~。(^。^)

***

c0127366_845267.jpg

さて、旅日記の続きをほんの少し・・・。済州島の新しい観光スポット、薬泉寺(大寂光殿)です。私の買ったガイドブックには出ていませんでしたが、これ、かなり大きな寺院でした。韓国のお寺はハデハデなんですね~。中に入ることもできて、中央には大きな金の仏像があり、3階までぎっしりと、小さな金の仏像が備えられていました。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-06 08:00 | 旅行記 | Comments(2)
c0127366_833750.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!昨夜はZepp Tokyoで開かれたU-KISSのファンクラブイベントに行ってきたriceMです!新曲(なんと5th&6th一緒に!)の披露など内容盛りだくさんでしたが、まだこれから名古屋、大阪でのステージがあるので、レポはこの旅行記の後に書きたいと思います~。(^。^)

***

さて、潜水艦に次ぐ、ソグィポの見どころは、海に向かって直接落ちる滝!ヽ(^。^)ノ 滝と言えば、山にあるもの・・・と思っていたら、海に直接落ちる滝があるというのにまずビックリ。この珍しい風景を楽しめるのが正房瀑布(ジョンバンポッポ)というところ。まさに絶景かな、絶景かな・・・。

c0127366_84657.jpg

滝を望む高台には、ちょっとした公園とお寺のようなものがありました。石像も韓国らしい感じ・・・。

c0127366_843917.jpg

済州島も南の方に来ると海も穏やか。パワースポットのような場所でした。

***

続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-05 08:00 | 旅行記 | Comments(0)
c0127366_872899.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!さっそくですが、前回の続きです。潜水艦に乗るために、まずは小さい船に乗った私たち・・・。周りは相変わらず中国人観光客ばかりで、日本人は我々親子だけでした。

c0127366_874591.jpg

この潜水艦、何が楽しいかというと乗組員の人たちが皆、エンターテイナー。サービス満点なんですよ。アナウンスも面白い感じで、韓国語が理解できたらすごく楽しいだろうと思います。

c0127366_881865.jpg

水深40メートルまで潜りますが、意外なくらいスピードは速かったです。乗る前と中で一組ずつ写真を撮り、乗る前に撮った写真は全員もらうことができます。中で撮った写真は有料でした。潜水士の餌やりパフォーマンスも見られました。

c0127366_883994.jpg

なんとこれが難破船。ガラス窓からだと、とても小さく見えるのが不思議です。

c0127366_89562.jpg

サンゴの群れや、魚の群れ、まるで古いたとえですが「およげ!たいやき君」の世界でした。

***

続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-12-04 08:00 | 旅行記 | Comments(2)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM