<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、27日(金)にスカチャンで放送された「MEETS 東方神起」をチェックしたriceMです!「スカパー×東方神起」というキャンペーンが行われ、さまざまな番組がスカパーで放送されていますが(サイトはこちら)、この番組は4回連続で30分ずつ放送されるオリジナル番組なんですよね~。

東方神起のスカパーの広告写真撮影の様子とともに、東方神起に憧れる11歳の少年が一人で韓国を訪れ、東方神起を探してソウルの街を歩く・・・といったドキュメンタリー風の映像を交えたもの。ユノとチャンミンのスタッフの方への心遣い、中でもユノのサービス精神旺盛なふるまいやチャンミンのつまみ食い(!)の様子など、なかなか楽しめましたね~。個人的には、チャンミンが相変わらず大食いなのが嬉しかったです。

***

ではここからほんの少し、SMTOWN LIVE in TOKYO(2011/1/25@代々木)のレポの続きを・・・。(^。^)

ヒットメドレーが続き、少女時代が退場した後は、急にがらっと雰囲気が変わりました。Super Juniorからイェソンさんとリョウク、SHINeeからオニュの3人が登場し、このライブの中では唯一の日本の曲のカバー、「千の風になって」を歌いました。

ステージには、中央にイェソンさん、上手にリョウク、下手にオニュ。SMTOWN LIVE、他の国ではこの曲は歌われていないですよね?最初に無伴奏でオニュが歌い始めた時には、意外な選曲だったので客席もふっと一瞬静まり返りました。

それぞれに個性のある声質の実力派の3人の歌は、秋川雅史さんが朗々と歌うのとはまた雰囲気が違って、とてもよかったです。ハーモニーがすご~くきれいで、心癒される感じ・・・。韓国だったら、こういう曲の時も観客が一緒に歌って楽しむためでしょうか、スクリーンに歌詞が表示されていました。

でも日本の観客は、こういう歌の間は静かに耳を傾けて聞きますよね。そして歌い終わった後は、わあっと拍手喝さいが沸き起こりました。本当に、誰でも思わず拍手したくなるようなすばらしいパフォーマンスだったと思います。

***

美しいハーモニーに心癒された後は、これまたガラリと趣向が変わって、Super Juniorシンドン・ウニョク、少女時代ヒョヨン・ユリ・ユナ・スヨン、SHINeeミノ・テミン、f(x)ビクトリア・ルナという、各グループのダンスの得意なメンバーが登場し、ダンスメドレータイムとなりました。

黒とオレンジを基調とした衣装だったのですが、びっくりしたのがユリの衣装!オレンジ色のつなぎを腰まで下ろして、上半身は白い短いタンクトップでおなかの部分がかなり出ていました。(^^ゞ SMのカラーなのか、少女時代は他の事務所のガールズグループに比べ、あんまり肌を出したりしていないような気がするので、ちょっと驚きました。

で、ユリはスタイルもいいしすごく美しいじゃないですか~。こういうお嬢さんが本気でセクシーさを出すと、すごいことになるんですね(笑)!一方、ヒョヨン、そしてルナの二人はキュートな感じでダンスがとっても上手!この二人の組み合わせも雰囲気が合っていて、これぞSMTOWNならではのパフォーマンス。

最後の方ではマイケル・ジャクソンの曲も出てきましたね!これだけダンスの上手な、まさにタレント(才能)を揃えているというのが、SMのすごいところだと思いました。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-05-30 00:47 | 東方神起イベントレポ | Comments(8)
c0127366_0365286.jpg

元sg WANNA BE+のリーダー、チェ・ドンハさんが自宅でお亡くなりになりました(東亜日報の記事はこちら)。日本のツアーの最中だったとのこと、ファンの方々の悲しみはいかばかりか・・・。

私は昨年2月、たまたま羽田空港でチェ・ドンハさんをお見かけしたことがあり(10年4月20日付)、冒頭の写真はその時の「空港写真」です。普段は空港での写真や動画は掲載しないようにしているのですが、今回は特別にお許しください。<(_ _)>

この時はキム・ボムスとのライブのための来日で、空港にはお出迎えのファンも集まっていました。チェ・ドンハさんはマネージャーを伴うこともなく、たった一人で到着し、入口で待っていたスタッフの方としばらく立ち話をされていました。写真はその時のものです。

***

チェ・ドンハさんというと、私は行っていませんが東京国際フォーラムで「ソウルトレイン」もやったし、最近ではちょうど震災の直後に「MADE IN BS JAPAN」に出演したのが印象に残っています。本当は4月3日に日本青年館で公演を行う予定だったのが、日本青年館が被災して使えなくなり、亡くなった27日はその振替公演が行われるはずだったとのこと・・・。

「MADE IN BS JAPAN」に出演したのが3月16日、この時はまだ東京もまったく落ち着いておらず、スターの来日がことごとく中止されるなか、よくぞ来てくれたと思ったものです。私もこの週は自宅でパソコンを開く余裕もなかったので、何も記録が残っていないのですが、確かレギュラーの大国男児も欠席で、古家さんと前田アナ、チェ・ドンハさんの3人で番組を進行したように記憶しています。チェ・ドンハさんのおかげで番組もなんとか格好がついた形になったんですよね。

その時は恋愛のことなども率直に語っており、ライブの様子なども流れましたが、ステージで涙を流す姿を見て、繊細な方なんだな・・・と思ったのを覚えています。

***

日本では水前寺清子さんの事務所に所属し、4月から本腰を入れて日本の活動に取り組んでいた最中の出来事・・・。自ら命を絶った原因については、きっと一つではなくていくつもの要因が重なってのことだと思うのですが、この一連の震災のことも、心に暗い影を落とす一つの要因だったのでは・・・という気がしてなりません。

公演自体が延期、会場変更になったというだけではなくて、ただ日本にいる、しかもこの東日本にいるというだけで、繊細な方にはすごく感じるものがあったのではなかろうかと・・・。勝手な憶測ですみません、ちょっと書かせていただくと、この数日、またちょっと余震が起きているんですよね。

東京近辺の方は皆感じてらっしゃると思うのですが、私たちの生活は被災地の方々とは比較の対象にならないくらい、震災の影響は少ないです。でも、今までだったらニュースになるようなことが起きても、「このくらい被災地に比べたらたいしたことはない」と、話題にはなりません。

仕事中、あるいは今日みたいに韓国語の授業中に建物が余震で揺れても、今では「地震だ」と騒ぐのもはばかられる雰囲気があります。このくらいで騒いではいけないと・・・。でも、口には出さないけど、皆それなりにストレスは感じているわけです。

ニュースを見れば悲しい現実が映し出され、節電で街の明かりも少ない。敏感な方はこういう環境的なことも心に悪影響を及ぼすのではないでしょうか。偶然かもしれませんが、昨日は朝も帰りも、人身事故で電車が遅れました。

***

もちろん、こういったことは数ある要因の一つだとは思いますが、心に傷があったり、敏感になっている方にとっては、今の日本のこの状況というのが無意識のレベルで影響し、心の健康を悪化させてしまったのかなという気がしています。その一方で、「最近、周りの人達が優しくなった」という声もきくし、実際に知らない人との挨拶や会話は増えた気もしますが・・・。

***

すみません、とりとめがなくなってしまいました。チェ・ドンハさんのご冥福をお祈りします。
[PR]
by riceM | 2011-05-28 23:59 | ニュース・話題 | Comments(2)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、6月7日に大阪の京セラドームで開催される「Seoul Osaka Music of Heart Fighting JAPAN」が全国の映画館で生中継されるというニュース(朝日新聞記事はこちら)を知り、ぜひ行ってみたいと思ったriceMです!ヽ(^。^)ノ

このライブ、東方神起やU-KISS、4Minuteなど今をときめくK-POPアイドル勢ぞろいのチャリティイベントですが、会場が大阪、しかも平日ということであきらめておりました。でも映画館で、しかも「生中継」というのが新しい試みですね!いったいどこの映画館でやるんだろう~。チケットは3500円、6月1日から発売とのことなので、公式サイト(こちら)を要チェックですね♪

***

ではここから、SMTOWN LIVE in TOKYO(2011/1/25@代々木)のレポの続きを・・・。(^。^)

中盤のヒットメドレー、引き続き曲目をご紹介。

★f(x) 「Mr.Boogie」
 f(x)が今回歌った曲の中で、これだけがいわゆる活動曲ではなかったかな?私は初めて聞きました。

★Super Junior 「Don't Don」
 チョウミとヘンリー、さらにはTRAXのジョンモも加わって、さながらロックコンサートのようで盛り上がりがすごかったです!芸達者なヒチョルが中央のステージでドラムをたたき、ヘンリーがバイオリン、ジョンモがギターを熱演。特にヘンリーのバイオリンがカッコ良かったです!ヽ(^。^)ノ

ステージ上ではまたもや演出で炎が燃え上がりましたが、これが異常なくらいに強い火で、私の座っている席までモワッと熱くなってビックリ。これは何かの手違いでは・・・と思うほどでした。周りの席の人も、「火が熱いよね~」と一瞬ざわめきました。(^^ゞ 大過なくてよかったです。

この曲の時は、シウォンが近くに。ステキでしたね~。(*^。^*) ソンミンはちょっと雰囲気が変わったような感じがしました。

***

★SHINee 「Ready Or Not」
 この曲もちょっと変わっていて面白い!いや~、この曲の時になって、ようやくミノ君が近くに来てくれたんですよ。(^^ゞ なぜかミノ君がずっと遠くの位置だったので、私の席の近くのSHINeeファンの方々は、「やっとミノが来た~!」と喜んでいました。いやはや、遠目にもばっちり分かる大きなお目目です。


c0127366_145845.jpg

★少女時代 「頑張れ!(Way To Go)」
 ずっとノリのよい曲が続きますが、ここからは少女時代が2曲続けて。白いホットパンツの「oh!」の衣装で元気なステージを見せました。

★少女時代 「Oh!」
 そうだ、これをまだ歌っていなかった!少女時代は間もなく韓国で2ndツアーが始まり、日本でもツアーが行われますが、ホントに見事なパフォーマンスは一見の価値があると思います。

***

あまり進みませんでしたが今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
 
[PR]
by riceM | 2011-05-26 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(4)
皆さま、アンニョンハセヨ~!前回の記事で書かせていただきましたが、本日は日本テレビ「スッキリ」で紹介された、「キム・ヨナのKiss&Cry」に登場した東方神起ユノに、再び感動のriceMです!ヽ(^。^)ノ この番組、ユノの他にもf(x)のクリスタルやIUなど、人気のある芸能人が出演しているんですよね!韓国では今、「スーパースターK」とか「私は歌手だ」など、オーディション形式の番組が流行しているようですが、これもその一つだったんですね~。

優勝すれば8月に行われるキム・ヨナのアイスショーに出演できるとのこと、初回に最高得点を取ったユノがこのまま振り切って、優勝しちゃうんじゃないかと思っています。とにかく怪我だけは気を付けて、ステキな姿を見せてほしいですね♪ ヽ(^。^)ノ

***

ではここからまた、SMTOWN LIVE in TOKYO(2011/1/25@代々木)のレポの続きを・・・。(^。^)

大御所BoAに至るまで、それぞれのグループがトークを交えながら次々と登場する中、東方神起だけがなかなか出てこなかったんですよね~。途中の映像で東方神起が一瞬出てきただけで、客席は「キャー!」と歓声が上がりました。韓国でなかなか東方神起が出てこないことにしびれを切らした観客からブーイングが起きたというのは、たぶんこのタイミングだったのではないかと思います。

ライブ中盤は、1曲ごとに次々といろんなグループが出てきて歌うという、ヒットメドレータイムでした。これがもう、間にトークも何もはさまないで、次々と出てくるので息つく暇もなし・・・。客席も否応なしに盛り上がりました♪ ここは曲目を順にご紹介。

★SUPER JUNIOR 「Sorry Sorry」
 この時は9人だけでチョウミとヘンリーはいなかったと思います。あと一人、いなかったのは誰だろう・・・?ここでもウニョクのダンスに魅了される私(笑)。今まではハンギョンに注目していたのですが・・・。(^^ゞ

★少女時代 「Genie」
 白い衣装で登場。日本語バージョンでした。スヨンの長~い脚が目立ってました!

★SHINee 「Ring Ding Dong」
 ジョンヒョン不参加のため、歌い出しはオニュ。これまた途中のダンスがカッコいい~!ここではテミンが目の前に。まるで妖精みたいに華奢な体つき、でも声はだいぶ力強くなって、懸命に歌い踊る姿はまさに眼福・・・。(*^。^*)

★f(x) 「Nu Abo」
 黒い大人っぽい衣装。エムボ不在ながらも盛り上がる!この曲はサウンドがカッコよくてライブ向き。低音がズンズン響いてました。

★SUPER JUNIOR 「A Man In Love」
 この曲って、聞くたびに思うのですが、HIP HOPっぽくてワイルドで、神話の曲みたいな雰囲気だと思いませんか?途中で舞台に炎が出てきて、さらにステージは熱く(暑く)盛り上がりました。

★KANGTA 「好き」
 いったんイメージ映像みたいなのが出てきて、ヒットメドレー後半。セットリストに「好き」と書いてあったのですが、これ、タイトルは合っていますかね?スーツとサングラス姿でダンサーを従えて歌ったダンス曲、探して見たんですが「愛, 頻率(愛、周波数)」という曲ではないかと思うのですが・・・。

ご参考までに動画を貼ります。でも、このMVを見ると中国語なんですよね~。中国だけに、f(x)ビクトリアがMVにも出演。いやしかし、中国語だったという記憶はないんですよね。間違っていたらお知らせください!<(_ _)> KANGTAのダンス曲、初めて聞きましたが、なんかSuper Juniorのシウォンが一人で歌っているような感じがしました。(^^ゞ ビジュアルも声も似てますよね。



***

いや~、1曲1曲が密度濃い!ヒットメドレーはまだ続くのですが、続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-05-25 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、フィギュアスケートの伊藤みどりさんが、国際スケート連盟公認の大会に出場するというニュース(47ニュースのリンクはこちら)を読んで、昔夢中でフィギュアスケートをテレビで見ていた頃を思い出し、嬉しく思ったriceMです!ヽ(^。^)ノ 

伊藤みどりさんは現在41歳、「マスターズ・エリート」の30代後半から50代後半までの部門へのエントリーとのことですが、いつまでもチャレンジし続ける、その心意気に拍手ですね!

***

そしてフィギュアスケートといえば、22日に韓国で放送された「キム・ヨナのKiss & Cry」で見事なスケートを披露した、我らが東方神起のユノ君も話題ですね(中央日報の記事はこちら)!

わずか2か月の練習でスピンやジャンプ、私もYouTubeで見ましたが、これってスゴイですよね!?(◎o◎) いくら運動神経が良くてダンスを長年やっているとはいえ、あまりの素晴らしさにキム・ヨナ選手も口をあんぐり・・・。ご覧の方も多いと思いますが、自分のために動画を貼らせていただきます。<(_ _)>



***

観客席で満足げにうなずくチャンミン、その隣のSHINeeミノの可愛い姿も見どころですね♪ 氷の上のムーン・ウォーク、マイケル・ジャクソンも天国でびっくりではないでしょうか。(^。^) 忙しい中、相当な努力をしたのだと思いますが、本当に感動しました!明日(というか今日、26日)の日本テレビ系「スッキリ」で取り上げるとの情報を目にしましたので、間に合う方はぜひチェックしてみてください!

***

スミマセン、簡単ですが今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-05-24 23:59 | テレビ・ラジオ | Comments(6)
c0127366_03143100.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!いきなり大きい写真でスミマセン!BoAちゃんの近況ということで、20日に自身でTwitterにアップした、東方神起ユノとツーショット写真でごあいさつのriceMです!(^^ゞ 東方神起とBoAちゃんはいつも仲良さそうですよね♪

現在BoAは「COBU 3D」という映画をハリウッドで撮影中で、ユノがそれにゲスト出演したということですよね!3Dといえば、昨年5月、東方神起が活動休止中の時に、韓国で久しぶりにBoAちゃんとユノ、チャンミンの3人が3Dコンテンツの記者発表会に出てきたことを思い出しました(10年5月14日付)。

今回の映画はまたそれとは違った流れで出てきたお仕事かもしれませんが、先駆者としてあくなき挑戦を続けるBoAちゃんには頑張ってほしいと思います。

***

ではここからSMTOWN LIVE in TOKYO(2011/1/25@代々木)参加レポの続きです。(^。^)

c0127366_0441363.jpg

Super Juniorが大いに会場を盛り上げた後に登場したのがBoA!今回の出演者の中で、実質的にトリを取っていたのはBoAちゃんでしたね♪ 

キャリア的にはKANGTA先輩の方が長いですが、KANGTAはまだ除隊後本格的なアルバム活動は再開しておらず、人気ナンバーワンの東方神起も新体制でようやく出てきたところ・・・。この日のライブでは、前半には東方神起は登場せず、BoAのステージで中締めとなりました。

***



まず歌ったのが懐かしい「My Name」。韓国ではこの曲が出世作みたいな扱いなのかな?BoAも東方神起と同じように・・・というか、東方神起の前から、韓国と日本のダブルスタンダードの中で頑張ってきましたよね!歌う曲はK-POPとJ-POP、時にそれがクロスしながら、さらにはアメリカ進出による洋楽の道へと、道なき道をかき分けながら前進している印象があります。

BoAのステージを見るのは一昨年のa-nation以来でしたが(09年8月25日付)、やはりパフォーマンスは迫力があるし、上手いです。1曲歌ってあいさつしましたが、自然な日本語は他のグループとはだんぜん違っていて、聞いていて安心できました。歌う時はカリスマ全開ですが、口を開けばとっても可愛らしかったです。

***

そして2曲目は「I Did it For Love」。アメリカ進出用の曲だったのでしょうか、英語です。この曲では途中でSHINeeのKey君が登場して、一緒に歌いました。見ていて思ったんですが、Key君って、私の中では草食系男子で、あまり体はゴツくないという印象があったんですよ・・・。(^^ゞ でもBoAちゃんが小柄なせいか、Key君がすごく大きくて、男性的に見えましたね~。クールなカッコいいステージでした。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-05-23 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(4)
c0127366_0235420.jpg
皆さま、アンニョンハセヨ~!3日ほど更新をお休みしましたriceMです!なんだかこの3日間は東京でも最高気温29度を記録するなど、真夏のような暑さでしたが、皆さまはお元気でしたか?明日は最高気温がぐっと下がって17度(!)との予想、お天気が不安定なので体調管理に気をつけたいですね!(>_<)

ところで最近は、東方神起やK-POPファン以外の方からも「東方神起をコンビニで見たよ」と声をかけられたりすることもあるんですが、セブンイレブンの東方神起のお中元キャンペーン(サイトはこちら)、なかなか魅力的なラインナップなんですよね~。値段も3000円台なので、買えない金額じゃないし・・・。皆さまはどうされましたか?

私は毎年実家にだけお中元を送っているのですが、いつもの品物とは別に、スイーツを買おうかと考え中・・・。(^^ゞ このキャンペーンのポイントは、対象商品を買うと、購入した人ではなく「お届け先様」にポストカードが届くということですよね~。購入者に抽選でもらえるポスターや額縁は当たる可能性が低いけど、ポストカードはちょっとほしいかも。(^^ゞ

***

ではここから、SMTOWN LIVE in TOKYO(2011/1/25@代々木)参加レポの続きです。(^。^)

c0127366_0313472.jpg


東方神起のセブンイレブンに対して、現在サークルKサンクスでキャンペーン実施中のSuper Junior。SMTOWNでは少女時代の後に登場しましたが、大人気でしたね~。グレーのシンプルな衣装で現れると、すごい悲鳴が!まずは日本デビュー曲ともなった「美人」(Bonamana)を10人で。イトゥクが上着を脱いで肩を見せると、さらなる悲鳴が・・・。すごく盛り上がりました。

私はSuper Juiorのステージは、2009年の「SBS歌謡大典」の時(10年1月19日付)以来2回目なのですが、日本語のトークを聞くのはこの日が初めて。確かソンミンが「皆さんこんにちは、会いたかったです!」と挨拶したと思います。それとリョウクが「たくさん来てくれたんですね」というようなことを話しました。

イトゥクがカンペを見ながら一生懸命にトーク。2年ぶりに来日したということと、単独ライブのことを話したと思います。

***



2曲目に歌ったのが、Super Junior-Mの曲で「Super Girl」。久しぶりにこの曲を聴きたくなったので、動画を貼ります。でもPVにはハンギョンの姿が・・・。(-_-) Super Juniorが出てくると、つい人数を数えてしまうのですが、この日最初10人で登場したメンバー、「Super Girl」で11人になったんです。この曲でチョウミとヘンリーが加わったので、合計で12人のはずなんですが、何度数えても11人・・・。タワレコのレポ(こちら)ではこの曲ではヒチョルがいなかったようですね!気づきませんでした。(^^ゞ

個人的にはこの日のSuper Juniorのステージの中で一番気に入ったのが、この「Super Girl」のステージです。迫力があってすごくよかった!途中、ウニョクが真ん中のステージに出てきてダンサーと一緒に踊ったのですが、それもすごくカッコよくて、密かにウニョクのファンになりかけました。(^^ゞ

***

続いては、ちょっと懐かしい曲「Dancing Out」。2006年のSMTOWNのサマーアルバムの曲ですね~。でもアレンジが変えてあって、ロックバージョンになっていたと思います。ステージの四方にメンバーが散らばって盛り上がりましたが、私の席のところにはイェソンさんとソンミンが来てくれました。これも懐かしいから動画お借りします。<(_ _)> 



そういえば、今年はSMTOWNのアルバムって出るんでしょうかね?まだ2010年夏から続くSMTOWN LIVEが終わっていないから出ないのかな・・・?

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-05-22 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(8)
c0127366_0532347.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、毎週水曜日発売のタブロイド紙、「韓Fun(カンファン)」を初めて読んだriceMです!本当は東方神起が表紙を飾った創刊号が出た時に見たかったんですが、あいにく気づくのが遅くてお店には置いておらず・・・。今回の第4号も表紙が東方神起で、5月14日の「東京伝説2011」の特集ということで迷わず購入しました。

発行はフジサンケイグループのサンスポで、1部300円、週刊のタブロイド紙というのが新鮮ですよね~。グラビアのキレイな月刊誌もいいですが、週刊紙は新しい話題がタイムリーに読めるというのがいいですね!今までこういったタブロイド紙といえば、競馬新聞とか「週刊つりニュース」くらいしか店頭で見かけませんでしたが、韓国エンタメをテーマにして発行したという目の付けどころがいいと思います。

***

東京伝説については、私も5月16日付で簡単に感想を書かせていただきましたが、「韓Fun」では巻頭ページで特集。私が見ることのできなかった2部の東方神起のステージの様子が分かって良かったです。

読んでいたら、東方神起の単独ライブへの期待が高まりましたね~。チャンミンが強引に先に進行しようとするくだり、「ライブには流れというものがありますから・・・」の名言を生んだ、かつての4thライブツアーを思い出しましたよ・・・。(ToT) 「いつか行われるかもしれない、僕たちのツアーで・・・」というチャンミンの発言、これは遠からず実現するんじゃないかと期待します!

***

それに二人から「ビギストありがとう!」という言葉もあったとか・・・。真っ赤なタオルとペンライトの海を見て、ユノとチャンミンも、これからの活動について心強く思ってくれたなら嬉しいですね!それはやはり、2年前とは彼ら自身の状況も違うし、残念ながらアンチ勢力の嫉妬交じりの攻撃も続いてますからね。彼らも大変だと思います。でも、歌、ダンス、ビジュアル、あらゆる面で飛躍的な進歩を遂げた二人のパフォーマンスを、これからもファンとして楽しんでいきたいと思うので、ぜひぜひ、単独ツアーを実現してほしいと思います。

SMエンタテインメントは、完璧なライブを目指しているせいなのか、なかなか単独ツアーはさせないですよね?少女時代もやっと去年1stライブができたし、SHINeeも確か最近になってから初めてでしたよね?新生東方神起もいつになるかは分かりませんが、きっと次のアルバム、そしてそれを引っ提げてのライブを視野に入れて、活動計画を立てているはず・・・。今は一応韓国での5集活動を終えたところですが、ぜひ次の活動に期待したいと思います!!!

***

それと、「韓Fun(カンファン)」には5月15日に幕張で行われた、「The 4th K-POP Live」についても1ページ割いてますね!大国男児の「セーラー服タイプのかわいい衣装」という表現が気になる~~~。見出しにも「大国男児〝セーラー服〟熱唱」とありますが、この見出しの付け方にスポーツ新聞臭さを感じました(笑)。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-05-18 23:59 | 新聞・雑誌 | Comments(7)
皆さま、アンニョンハセヨ~!この記事を書いている時点では、まだ日本のニュースサイトには上がっていないようですが、6月11日にパリのル・ゼニス・ドゥ・パリで行われるSMTOWN LIVEの追加公演のチケットは、10分で完売したそうですね~(newsisの韓国記事はこちら)。会場の規模は7000人とのことですので、2公演で1万4千人、東京ドームの2公演10万人に比べれば規模はコンパクトですが、とっても贅沢でいいですよね~。代々木第一体育館の半分くらいですもんね!

先日、韓国語教室の仲間と「パリのSMTOWN LIVEはいつ開かれるのか」という話になった時に、私がすかさず手帳を開いて「6月10日、11日だよ。少女時代は前後に日本のライブがあって大変だね」と答えたら、「SMジャパンの社員になれるよ」と笑われました。(^^ゞ ミーハーな私の手帳は、韓国歌手のスケジュールでびっしりなんですよね!(^^ゞ 4色ボールペンで色分けして予定を書いているんですが、これからますます手帳がカラフルになりそうです。

***

ではここから、ちょっと間延びしてしまいましたがSMTOWN LIVE in TOKYOのレポ(前回は5月12日付)の続きです。(^。^)

前半3分の1くらいは、目新しいコラボレーションが多かったこの日のライブ。おなじみのメンバーのいつもと違った姿が見られるという意味ではとても興味深いものでしたが、f(x)、SHINee、Super Juniorの「いつもの姿」を知らないと、初めて聞く曲ばかりでちょっと楽しめないという方もいらしたかもしれません。

私の席の近くにいた少女時代のファンの若い女の子は、おそらくライブに来ること自体初めてだったようで、前半はどう楽しんだらいいのか分からないといった感じでした。少女時代のファンの中心的な層は、20歳前後の若い女性が多いですからね~。(^^ゞ

しかし、中盤になってようやく少女時代が登場、私の席の近くの少女時代ファンの皆さんも、やっと知っている曲が出てきたという感じで盛り上がり始めました。黒いメタリックな衣装を着た少女時代が出てくると、黄色い悲鳴がキャーッと響いて、声援は大きかったです。

***

まず「Run Devil Run」の日本語バージョンを披露。このときはまだ配信のみのリリースだったので、私も日本語の「Run Devil Run」は聞き慣れず、耳をそばだてて聞きましたね~。1曲歌い終わるとマイクをハンドマイクに持ち替え、トークタイムとなりました。日本語のトークでは、スヨンが活躍しますね!とっても可愛らしかったです。

2曲目は「Hoot!」。韓国の歌番組を見ていると、この曲のイントロで「ソ・ニョ・シ・デ!」と声がかかるので、私も調子に乗って「ソ・ニョ・シ・デ!」と声援を送ったら、周りの人が誰も言ってなくて変に目立ってしまい、恥ずかしかったです。(^^ゞ 「いや~、少女時代はいいね~!」と、私もすっかりオジサンモードで楽しんでしまいました。ダンスバージョンの動画を貼ります。



***

惹き続いて、3曲目はまさかの「Kissing You」。この曲を歌っていた時は、少女時代はまだ韓国でも大ブレイク前といっていいと思うのですが、今の曲と比べるとダンスも歌もまだ幼い感じがしますね!この日はキャンディーを手に持ってはいませんでしたが、メンバーが会場のあちこちに散らばって、観客を盛り上げました。Super Juniorのドンへが登場する、懐かしい動画を貼らせていただきます。<(_ _)>



少女時代はこう見えて(?)、ライブでも観客に対するアピールが、積極的でかわいくて、気取った感じがないんですよ~。ともすると、美人さんぞろいなので近寄りがたいと思われてしまうかもしれないのですが、事務所の教育の賜物なのか、ステージでは親しみやすさを存分に振りまいていますね!この曲の時にはヒョヨン、ティファニーを近くで見られましたが、とっても笑顔がステキでした♪

***

では続きはまた・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-05-17 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(0)
皆さま、アンニョンハセヨ~!この週末は更新をお休みしましたが、14日(土)にはさいたまスーパーアリーナで開催された「東京伝説2011」のライブイベントに行ってまいりましたriceMです!(^。^) K-POP歌手16組が出演するというこのイベント、開催直前に余ったチケットを譲ってもらいまして、昼の部の方に行ってまいりました。

日本のメディアにも数多く取り上げられていましたが、とりあえず説明の詳しいBARKS(こちら)、写真の見やすいタワーレコード(こちら)のリンクを貼っておきますね。

***

詳しいレポはSMTOWN LIVEのレポが書き終わってからということで(いつになることやら・・・汗)、今日は第一報として全体的な感想を少し書きます。(^。^)

15:00開演の第1部の出演者は、出演順に次の通りです。
1.FTISLAND
2.BEAST
3.MBLAQ
4.Secret
5.Miss A
6.SISTAR
7.SG WANNA BE
8.超新星
9.2PM
10.SHINee
すべてのグループが3曲ずつで、SISTARとSG WANNA BEだけがコラボレーションで「I Believe I Can fly」を歌い、最後にすべての出演者が出てきて「You Raise Me Up」を歌ってエンディングとなりました。終わったのは17:45、2時間45分のライブでした。

***

今回のイベント、当初は確か、「MBC創社50周年記念」と銘打っていたかと思いますが、3月11日に起きた東日本大震災を受けて、チャリティを目的としたイベントに変わりましたね。ライブ冒頭も黙祷から始まり、出演者もそれぞれに自分たちのコーナーの中で、トリのSHINee以外はお見舞いと励ましのメッセージを述べました。衣装もモノトーンで、舞台セットや演出も控えめな感じだったように思います。

やはり人気があったのは、SHINee、2PM、超新星あたりでしょうか。声援がひときわ大きかったように思います。SBSが主催したイベントの時は、司会者を立ててテレビ番組風に進行していましたが、今回は出演者が自分たちで曲紹介をし、必要に応じて影マイクで通訳が入るという形でした。日本活動の長いFTISLAND、超新星がやはり日本語のトークが上手く、観客を惹きつけていたようです。

***

私にとって心に残ったパフォーマンスは、SISTARとSG WANNA BEが歌った「I Believe I Can fly」。R Kellyのこの曲はさまざまな韓国歌手によってカバーされていますが、群を抜いた歌唱力のSG WANNA BE、そして新人ながら実力のあるSISTARの歌は本当に素晴らしかったです!

イベントでは、それぞれのグループから被災された方々、そして日本の人たちへ、たくさんのメッセージが贈られましたが、歌で気持ちを伝えるという意味では、この「I Believe I Can fly」が、私にとってはこの日最も心に残ったメッセージでした。

特にSG WANNA BEのジノ君が、一番最後の「fly」の部分を「ア~アアア ア~アアア」とポルタメント(でいいんでしたっけ?音楽に詳しい方教えてください!)をかけて歌った時には、感動のあまり鳥肌が立ちました。いつもより抑制の効いた歌い方で、SISTARとのハーモニーも素晴らしかったんです。

ご参考までにR Kellyの歌う動画を貼らせていただきます。<(_ _)> 私が鳥肌が立ったのは下の動画で言うと4分16秒位のところです。熱唱に心洗われる思いがしました。



***

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-05-16 23:59 | K-POPイベントレポ | Comments(4)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM