<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

皆様、アンニョンハセヨ~!本日も、「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~」について、ちょっとずつ振り返っていきたいと思います~。<(_ _)>

***

1.Fated
 今回のアルバム「TIME」のオープニングを飾る壮大な曲。やはりライブのオープニングもこれしかない!白いマントに白いパンツ、黒いロングブーツで降り立つユノとチャンミン・・・。前回のツアーも白い乗馬服みたいなのにロングブーツでしたが、今回も中世の騎士みたいなイメージ。ロングブーツがここまで似合う男性って、なかなかいないと思うわ~。(^。^)席はう~んと遠かったけど、やっぱりユノとチャンミンは大きく見えます!ユノの髪の毛が赤いのにビックリしました。CDで聴いているときは気付かなかったけど、この曲、ハモりもきれい。

2.Android
 引き続いては「ANDROID」!花道を出てきて、上手にチャンミン、下手にユノ。ドームの中はまだ日が暮れておらず、この辺りまではぼんやり明るかったです。

3.Super star
 息つく間もなく激しいダンス曲が続きます。この曲は意外なくらい(?)にライブで盛り上がりますよね?しかも、「オッケ~」のところとか、いちいちスクリーンにアップになるユノの顔が可愛くて・・・。(^。^) なんだかユノ、いったどうしちゃったの?というくらい可愛くなかったですか?

4. I Don't Know
 ここまでがダンス曲の連続。前回のライブツアーも、この曲の時は映像効果を組み合わせていましたよね。今回も、映像技術を駆使した画面が出てきて、消えたり現れたり、いったい二人がどこで歌っているのか分からなかったです。(^_^;)

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-27 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!5日ぶりの更新となります・・・。<(_ _)> このところ仕事でイロイロ片付けなければいけないことがあって、なかなかパソコンに向かう時間が取れず、途切れ途切れのレポになってしまうわ~。(+o+) それでもこんなしょぼい記事でも、東方神起の話題は書くと必ず結構アクセスがあるというのがビックリです。

***

では、少しずつライブの内容に入っていきますよ~。

今回の東京ドーム、私の席は3塁側の1階、外野寄りの方でした。開演前1時間くらい前にはさっさと入場。ドームは込む前に早く入って、中でゆっくり用意したお弁当を食べたり、お手洗いを済ませた方がよい、というのがこの頃の私のスタイルです。(^^ゞ

今までのライブだと、正面のステージのほかに外野側にもサブステージがあって、アンコールとか最後の方の曲で後ろのステージでやってくれたりしましたよね。でもあいにく、今回は外野側のサブステージはなし。その代わり、花道がかなり長くドームの中央くらいまで伸びていて、そこにもステージを設けていましたよね。なので、メインステージは遠くても、ちょっとは見やすくなってはいたと思います。

***

★オープニング映像

開始時間は5分遅れの午後6時5分、この時間はまだ日が暮れていないので、ドームの天井は日の光が透けて中はぼ~っと明るかったですね!会場は天井近くまで、左右もアリーナも、びっしりと埋め尽くす赤いペンライトの光!レッドオーシャンに興奮!

今回のライブのタイトルは「TIME」、過去・現在・未来の時の流れがテーマ。韓国製のワールドツアーは全体に音楽主体のショーで、場面ごとにいろんな姿を見せるという感じを受けますが、日本のライブはきっちりと一つのテーマを決めて、それに沿った内容となっているなあと思います。

CDを駆使した映像で、タイムカプセルに乗ったユノとチャンミンが登場。CGもお金かかってそうだ!ヽ(^。^)ノ 荘厳なテーマに乗って左右に釣り下がった箱が降りてきて、いよいよ二人が登場です!

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-25 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
c0127366_884990.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!東方神起もa-nationへの出演が決まり、さっそくチケットを申し込んだriceMです♪ ライブといえば毎回いろんなコンセプト、デザインのグッズの販売がお約束・・・。ライブ会場前のグッズのディスプレイもどんどん凝ったものになってますね!

c0127366_8969.jpg

開演前は込んでいたので、列に長時間並ぶのも嫌だし、結局始まる前は何も買わなかったんですよ・・・。でも終わった後に、今後に備えて「Tホルダー」300円だけ買いました。(^^ゞ

この「Tホルダー」、2本のペンライトを組み合わせて「T」の字が作れるということで。1発表された時からこれだけは欲しい!と思っていた商品。さいたまアリーナでライブをやった時には売り切れでしたよね。きっと大部分の観客が持っているのかな・・・と思ったら、意外にそうでもなかったと思いませんか???

それに、今回のグッズは前回のツアーと違って色合いもそんなにどぎつくなく、バッグなんかも普段使いできる感じだったので、あまりグッズを身に着けていても目立たない感じだったと思います。

***

では次からはようやくライブの内容のレポに・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-20 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
c0127366_7592557.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!いや~、久々の東方神起ですよ!!!東方神起!東方神起!!!ヽ(^。^)ノ このブログは自分で見に行ったライブについての感想を中心に書いているものなので、東方神起の話題がなかなか書けなくて・・・。ワールドツアーの「CATCH ME」も行っていないので、本当に1年ぶりの東方神起のライブでした。

最近は私もほかにいろいろお金がかかるのでライブも以前ほどは行っておらず、待ちに待った今回の東京ドームも3日間あるうちの2日目、6月16日(日)のみ。でもやっぱり東方神起は違う!!!トンのライブは行かなきゃダメ!!!そんな思いを改めて強く思った素晴らしい公演でした。(^。^)

***

実はライブの前に新大久保にランチを食べに行ったんですよ。そうしたら、この頃は以前ほど人通りも多くなかった新大久保も、これから東方神起を見に行くと思われるファンであふれかえっていました。混雑した駅前では駅員さんもピリピリしていて、「通路に立ち止まらないでください」と連呼。トンペンパワーを実感しました。

新大久保のお店でも勝手にこしらえた「TIME」非公認グッズを売っていて、面白かったなあ~。まさにこの商機をとらえねば、という感じで、勝手に「東京ドーム公演記念イベント」と称したセールをやっているお店もいっぱいありました。

実はこの日は、最近多い、悪質な嫌がらせをするデモ隊が小競り合いをしていて、大久保通りには機動隊も出ていたんですが、街はそんなことも吹き飛ばしてしまうほどのにぎわいを見せていました。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-18 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
c0127366_759381.jpg

アンニョンハセヨ~!細切れで恐縮ですが、前回のミュージカルのレポの続きです。(^^ゞ 今回アップしたのはカーテンコールの時の写真。この時だけ撮影可能だったんですよね。これらはスマホで撮った写真ですが、カメラを持って行けばよかったと後で思いました。深々と頭を下げるスヒョンです。

今回のミュージカル、基本的には全編韓国語で両脇に日本語で字幕のテロップが流れました。最初はこれ、ちょっと見るの大変かな・・・なんて思ったんですが、すぐに慣れました。最初のナレーションはスヒョンの日本語。たどたどしくて可愛かったです。

ところどころで出演者が日本語のアドリブを入れていて、面白かったですね!日本語で歌った歌も、2、3曲はあったと思います。ヒロイン役の女の子の日本語の歌が、まるでBoAちゃんみたいで上手でした。

***

c0127366_7591860.jpg

それとやはり、韓国はミュージカル俳優の層が厚いんですね!ヒロインのお父さん役の俳優さんの歌が素晴らしくて、ひときわ大きく拍手をしてしまいました。出演者はお父さん役と認知症のお年寄り役以外は全員若く、とてもフレッシュな感じの舞台でした。

スヒョンも最初はちょっと緊張気味だったのか声が小さいかな・・・と思いましたが、どんどん調子が出てきました。もともと普段から歌に感情移入して歌うタイプなので、ますます感情表現に磨きがかかった感じです。ケビンは役柄のせいもあっていつもより男らしい感じ。太い低音を響かせていて、いつもの甘い歌声ではなかったです。

ダンスはもちろん、U-KISSの二人はキレキレにキレまくってました!ヽ(^。^)ノ 振り付けにはところどころ-KISSの「マンマンハニ」の振りが入っていて、U-KISSのファンにとっては嬉しい演出でした。

c0127366_7593029.jpg

ラストシーンでは、スヒョンは涙でほとんど歌えなくなってしまい、悲しいストーリーと相まって、私も涙・・・。感激屋のスヒョン、泣かないで歌えるようになるのは今後の課題かな?(^_^;) カーテンコールでも、あふれる涙を隠せないスヒョン、ケビンがそっとスヒョンの手を握ってあげていて、私も思わず写真を撮りました。

***

幕間ではにぎにぎしく二人が出てきて、ファンにサイン入りポスターのプレゼントなんかもありました。終わった後は全員とハイタッチ、この日はU-KISSファン感謝デーでしたね!スヒョンは余韻に浸っていて無言でしたが、ケビンがハイタッチの時「ありがとう」と言ってくれたのが嬉しかったです。

***

以上、あまり大したことは書けませんでしたがレポは終わりです。今回の出演はファンにとっても二人にとっても、貴重な経験となったと思います。では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-17 08:00 | 舞台・ミュージカル | Comments(2)
c0127366_811551.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!さっそくですが、前回からのミュージカル「Summer Snow」のレポの続きを少しだけ・・・。(^。^) 

***

このミュージカル、原作は日本のテレビドラマなんですよね。でも見てみたら、ビックリするくらい韓国的なストーリーだったと思います。(※以下ネタバレあり)

主人公のジンハ(真夏)は、自転車の修理店を営みながら、両親を失い家長(これも韓国的)として弟と妹を育てている若者。弟は優秀だが耳が不自由で、補聴器を頼りに生活。ある日ジンハは美しい少女と出会うが、少女は重い心臓病を抱えており、そんな少女を幼馴染で病院の御曹司の医師が見守っているという・・・。貧富の格差、病気、三角関係・・・。まるで韓国ドラマそのものです。(^^ゞ

そして「自己犠牲」の美、という価値観・・・。タイトルとなっている「サマースノー」というのは、いわゆる「マリンスノー」のことで、プランクトンの死骸なんですね。それが雪のように降っていき、深海の生き物の食べ物になるという・・・。自分の身を捧げて命をつなぐ、という存在で、これがこの物語の要となっていました。

***

主人公のジンハは認知症のお年寄り(韓国の設定だとベトナム戦争に従軍したということになるのでしょうか、いまだに戦争中の自分と行ったり来たり)の面倒をみてあげたりするような、世話好きで人情味あふれる若者。いつも弟や妹の心配をしていて、弟の恋愛を応援しながらも、自分は女性と手もつないだことがないような純朴な性格。

この魅力的なキャラクターが、本当に実際のスヒョンの姿と重なっていて、まさにはまり役!スヒョンは最初、ケビンと同じ役柄だったのに、主役に抜擢された理由が分かるような気がします。いつもグループのリーダーとして弟たちの面倒をみているスヒョン。心があたたかくて純情、姿にも歌声にも人柄の良さがあふれていて、まるでスヒョンのための役柄のような気がしました。

一方、ケビンの演じた「スヒョン」と言う役、まず役名が「スヒョン」というのが紛らわしい!(^_^;) スヒョンがケビンのことを「スヒョン」と呼んでいて、なんだか変な感じでした。ケビンは実際のイメージとは異なる、なんと「不良」の役。でも不良になりきれない、ちょっと気の弱い役柄で、ステージの上のケビンはいつものケビンとは違って見えました。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-13 08:00 | 舞台・ミュージカル | Comments(2)
c0127366_834359.jpg


皆様、アンニョンハセヨ~!昨日、赤坂ACTシアターにU-KISSのスヒョンとケビンの出演したミュージカル、「Summer Snow」を見に行ったriceMです!今日から何回かに分けて、感想を書きたいと思います。赤坂ACTシアター、私は初めて中に入りましたが、こじんまりとしている劇場だったので、よく見えて良かったです。

この日は昼・夜公演とありましたが、私が行ったのは夜公演のみ。スヒョン・ケビンの共演は昨日と一昨日の4公演のみ、その中の最後の公演でした。客席の入りは1階席はほぼ埋まっていて、2階席はたぶん関係者しか入っていなかったのではないでしょうか・・・。平日の公演、チケット代も1万3千円と高額なので、いつものイベントのように高校生の姿はなく、客層は全体に高かったと思います。

c0127366_8114079.jpg

驚いたのはたくさんの花輪!この公演はSuper Juniorソンミン、超新星ソンジェ&ジヒョク、SS501ホ・ヨンセンが他の日にキャスティングされているために、それぞれのグループのファンが寄せた花輪がずら~~~~っと階段に並んでいてビックリしました。

c0127366_8153282.jpg

U-KISS Koreaのツイート写真です。二人の姿が可愛い!

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-12 08:00 | 舞台・ミュージカル | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!VIXXの新しいアルバムは、活動曲の「hyde」以外もいい曲が入ってますね♪ 特に今回、メロディーの美しさ、歌声の美しさに感動したのがこれ!



アリランTVに出演した時の動画を貼られていただきました。<(_ _)> 「Love Letter」、とってもきれいなバラード曲です。特にレオ君の裏声が繊細で美しくて・・・。ハモりもキレイとしか言いようがないですね!

VIXXのいいところは、こういうバラード曲もしっかりと歌いこなせるところ・・・。レオ君の美声に聞き惚れる今日この頃です。

では今週もがんばろう~!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-10 08:00 | CD・DVD・音楽配信 | Comments(8)
c0127366_16502534.jpg

アンニョンハセヨ~!昨日は映画のレディースデーだったので、新宿武蔵野館に映画「建築学概論」を見に行って来ました。(^。^) この映画、missAのスジが韓国で大ブレイクして「国民の初恋」と呼ばれるきっかけになった作品ですよね。男性目線で描いた初恋映画、という触れ込みでしたが、女性の目から見てもよい作品でしたよ!上の写真は映画館に飾られていたオブジェです。

c0127366_16503978.jpg

狭いロビーには、撮影で実際に使われた小道具も、こんな風に展示されていました。

***

映画を見て思ったのは・・・「人生とは、ままならぬものだなあ・・・」ということ。間もなく素敵な伴侶を得て結婚しようというその時に現れた初恋の女性、彼女には何か事情があるらしく、建築家の彼に故郷の済州島に「家を建ててほしい」と言う。家を建てていくうちに、まあ、いろいろあって・・・というお話。

大学1年生の時の話と、現在の話が並行して進んでいくんですが、15年の時を隔てた役をそれぞれ別の出演者が演じています。若い時はスジ、大人になってからがハン・ガイン。パッと見は顔立ちが全然違うのに、ちょっとそっけない話し方、コミュニケーションが不器用な感じがそっくりで、ハン・ガインの演技力の高さなんでしょうが、驚きました。

若い時は自分の本当の気持ちも上手に表現できないし、そもそも「恋愛」ってどんな風にするのかも分からない。大人の世界への好奇心もあるけれど、そんな世界に入っていく不安もある・・・。それで上手にできない初恋のもどかしさがよく描けていたと思います。

家族の問題や将来の不安など、生活に行き詰まりを感じて、初恋の人に会いに行きたくなる・・・そんな気持ちも、今の年齢の私は分かるな~~~(汗)。15年前のCDウォークマン、ポケベルなど、当時の風俗も懐かしいです。展覧会の「記憶の習作」という曲、まるでこの映画のために作られたOSTのようにピッタリでした。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-06 08:00 | 映画 | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!韓国新羅免税店のCMモデルはこのところ東方神起とコ・アラちゃんだったのに、女性役がf(x)のビクトリアに変わってしまいましたよね。チャミ様との「スプーン事件」があったのに、なぜ・・・とファンをがっかりさせたのは最近のことです。

私もこの話題はスルーしよう・・・と思っていたのですが、メイキング映像というのが出てきたのでやっぱり書いておくことにしました。まずは動画を貼らせていただきます。<(_ _)>



1分30秒辺りのところで、ユノとビクトリアがウエディング写真みたいなのを撮ってるじゃないですか!やや、これはチャンミンとも一緒に・・・と思っていたら、ファンへの配慮なのか、この映像では出てこないですね。(^_^;) でも、撮影したのかなあ~。これはファンにとって嬉しくないと思うんだけど・・・。

***

確かに、先日済州島に行った時も新羅免税店は中国人観光客であふれかえっていました。皆さんご指摘の通り、ビクトリアは中国出身だからメインの顧客層へのアピールにはなるんでしょうけどね・・・。

でも、映像を見ていたら、早くユノとチャンミンに会いたくなったぞ!東京ドームのライブが楽しみだ~~~!ヽ(^。^)ノ

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-04 08:00 | CM | Comments(4)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM