<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

c0127366_23355718.jpg


兵役による2年間の活動休止もようやく開けて、早速始まった東方神起のライブチケットの争奪戦… 。
今日は、ファンクラブの会員として6年以上継続している古参会員を対象とした「スーパープレミアムシート」のチケットの当選発表でした。

どうか当たってほしい…。
祈りながら結果を知らせるメールを開いたら、残念ながら「全滅」でした。
ひょっとしたら当たるんじゃないかと期待していましたが、やっぱりダメでしたねぇ。

***

それですぐに気になったのが、いったいどんな人が、どのくらいの確率で当たったのだろうということです。
Twitterを検索してみると、当たっているのは何だか若い人が多そう… 。

まぁ、Twittterをやっているという時点で若い人が多いということはあると思いますが、まさかとは思うけれど、中高年のファンとしては、ひがみ根性で色々考えるわけです。

そういえば、今までも「Mステ」とかのテレビ観覧の抽選なんかは、テレビ局の意向なのか若い人しか当たらなかったよなぁとか。

***

それで、数日前に知ったこんな記事も思い出したりするわけです。

・「エイベックスと日本マイクロソフト、観客の表情などAIでライヴを定量評価」(リンクはこちら
・記事のソースのプレスリリースはこちら

かいつまんで言うと、エイベックスでは、ライブ中の観客の表情を撮影したものをAIが分析して評価し、曲順や演出を観客の満足するように改善するのに生かす、ということを始めたというニュースです。

ひょっとしたら、スーパープレミアムシートには若い人を多くして、このシステムを使って反応を評価して、もっと若いファンを増やすために役立てるのかな…なんて考えちゃいましたよ。

***

私は前々から思っていたのですが、日本の音楽シーンは何が売れるのかということを考えすぎて、面白い作品や意外な作品がなかなか出てきにくい状況のではないでしょうか。

いわゆる「売れ線を狙う」というやつですね。
AIによって数値で評価・分析して、観客の好みに合うライブを作るというのも、一つの方法としてはありなのかもしれませんが、作り手は面白くないんじゃないのかなぁ。

作り手が面白くない作品は、観客も面白くないと思います。
いくら受けるからといえ、例えばオープニングはいつも重厚なイメージで軍服みたいなのを着て出てくるとか、エンディングは必ず「Somebody to Love」とか、なんだか似通ってきちゃう気がするなぁ。

***

それにしても、ライブのチケット、 1枚でもちゃんと手に入らないと、せっかくファンクラブに入っているのに悲しすぎる!
これからファンクラブ先行が始まって、その後に各チケット販売会社の1次予約、2次予約、一般発売、そしてライブ直前に見切れ席の発売と続いていくのかな?

とにかく1枚でも当たりますように!

[PR]
by riceM | 2017-09-04 23:38 | ライブ準備・ファン活動 | Comments(2)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM