c0127366_715930.jpg

KBS WORLDで放送中の韓国ドラマ、「テレビ小説 それでも青い日に」(サイトはこちら)が面白くなってきました。これは「テレビ小説」というのがポイントで、1970年代を舞台にした、貧しくもけなげで努力家のヒロインの物語です。(^。^)

***

c0127366_22115120.jpg

日本で言うと、「おしん」に少女漫画の「キャンディ・キャンディ」を足して割ったような設定と雰囲気、まさにテレビ小説の王道を行っている感じです。子役時代が終わり、ヒロインが田舎からソウルへ上京してきたところで、ついにこんなイケメンさんが登場!ヽ(^。^)ノ いや~、やっと面白くなってきたわ~。

上の写真は、ヒロインの相手役、ソ・イノを演じるイ・ヘウさんの記者懇談会の様子。目が大きくてキラッキラしていて、雰囲気も優しそう~。ヽ(^。^)ノ イ・ヘウという俳優さん、私はこのドラマで初めて知りました。

***

c0127366_2152692.jpg

イ・ヘウさんのプロフィールを調べてみたところ、1987年7月9日生まれ、もうすぐ28歳。成均館大学演技芸術学科出身、身長181センチ。出演作は「イ・サン」「花より男子」「ビッグマン」などとありますが、いずれも脇役らしく、今回のドラマで初めて主役級の役を演じるようです。ネット検索では、あまり情報を拾えませんでした。(^^ゞ

***



ヒロインとの出会いは急な雨の日、自分の傘を貸してあげて、濡れた体で家に帰ってシャワーを浴びていたら、浴室でヒロインと再会。実は彼女は自分の家に新しく来た家政婦だったという・・・。う~ん、ベタな展開がイイですね!ヽ(^。^)ノ 上の予告編の映像では、そんな「胸キュン」シーンを見ることができます。

韓国でも今年3月に始まったこのドラマは、まだ放送中のようですね。イ・ヘウさん、人気が出ちゃったりするんじゃないかしら~。これからもチェックしていきたいです!(^。^)
[PR]
# by riceM | 2015-06-13 21:20 | ドラマ | Comments(2)
c0127366_18574158.jpg

韓国のガールズグループの中でも、私が今一番ハマっているのがLovelyz(公式サイトはこちら)!その中でも特徴的な声で目立っているのがユ・ジエさんです。1993年生まれ、22歳になったところなのね。

お人形みたいな、幼~い甘えた声で、好き嫌いははっきりと分かれるとは思いますが、Lovelyzのコンセプトを一番表現している声と言えるのではないでしょうか。(^。^) 

こういう声のメンバーがひとり入っていると、音楽の中に、いい意味での「引っかかり」ができますよね。私は同じ事務所の先輩グループ、INFINITEの末っ子ソンジョンの声を聞いたときと同じ衝撃を受けました。これはWoollimエンターテインメントの戦略?(^^ゞ

「Joyland (놀이공원)」という曲は、このユ・ジエさんの独壇場と言ってもいい曲で、中盤に長い独特のラップが聴けますね!「世界で一番甘かった綿菓子」という歌詞の通りの甘~い声です。

150428 Lovelyz (러블리즈) - Joyland (놀이공원) @ The Show


***

c0127366_775093.jpg


調べてみたらユ・ジエさん、Baby Soulとともに他のメンバーに先駆けて、2013年にソロデビューを果たしています。個人の公式サイト(こちら)もありました。

デジタルシングルとして発表された「Delight」という曲のミュージックビデオには、所属事務所の枠を超えてB1A4のバロも出演していたんですね!(記事はこちら)いや~、曲も映像も、実にさわやかで初々しいではありませんか!ジエさんは当時、二十歳にならんとしている時だったと思いますが、高校生の姿が似合うわ~。(^^ゞ

유지애(YooJiAe) "Delight" MV


***

c0127366_18513790.jpg

そしてさかのぼること2010年、ジエさんが本当の高校生だった時(笑)の画面キャプチャーです(掲載元の韓国記事はこちら)。Mnetの「私のお兄さん」というリアリティ番組に、INFINITEと同居する「妹」の役で出演していました。

「私のお兄さん」、実は私も見ていましたが、最終回では感動して泣いた覚えが・・・。(^^ゞ あの時のあの子が、5年たった今はこんなにキレイになって・・・。な~んて、親戚のおばさんのような気持ちです。

***

Lovelyzはとにかく曲がいいので、「ガールズグループはちょっと・・・」という方も先入観なく聞いてみてほしいです。甘い綿菓子は、お疲れ気味の心を癒してくれますよ♪ ヽ(^。^)ノ
[PR]
# by riceM | 2015-06-07 19:35 | CD・DVD・音楽配信 | Comments(4)
c0127366_6281790.jpg

地下鉄の日本橋駅を出たところ、コレド日本橋の向かい側にできた新しいビルの1階に、「The Coffee Bean & Tea Leaf」という看板を見つけてから、「オヤ?これは韓国に行ったときに見かけたお店の看板だな・・・」とずっと気になっていました。

「5月26日にオープン」とあったので、ずっと楽しみにしていましたが、先日、ついに行ってまいりました。(^。^) 「コーヒービーン&ティーリーフ」(公式サイトはこちら)、調べれてみれば1963年アメリカ・ロサンゼルス発祥、「アメリカ最古のスペシャルティコーヒーチェーン」とのこと。世界25か国で展開しているらしく、私が旅行先で見かけたのはやはりこのお店。韓国には日本よりも早く進出していた、ということですね!

***

オープンしたてとあって、お店は大混雑。店員さんもたくさんいて、あたふたと注文をさばいていました。日本橋店はオープンテラスもあり、天井が高く、広々とした開放的な雰囲気です。

東海岸発祥のスターバックスとは店の雰囲気も異なり、西海岸の明るいイメージといえばいいのかな?お店のストローやカップのホルダーは、サイケデリックな紫色!

お値段はスターバックスよりもやや高め。ただ、コーヒービーン&ティーリーフという店の名が示す通り、コーヒーだけでなく、紅茶のメニューも多いんですよ。それと、ガラスケースに入った食べ物がとってもおいしそう!キッシュやケーキ、パフェやサンドイッチなど・・・。種類も多かったです。

***

私が頼んだのは、「チャイ アイスブレンディッド」510円。チャイのラテにバニラアイスがこんもりと載っていて、これはボリューム満点!シナモンの香りが強く、甘みも強いので、カロリーは高そう。(^_^;) 

シンプルなお茶を飲むだけだったらいいけど、飲み物も食べ物もとってもおいしそうなものばかりで、通い詰めていたら体重も増えちゃいそう・・・。そんな誘惑に満ちたお店でした。
[PR]
# by riceM | 2015-05-31 06:28 | グルメ | Comments(2)
c0127366_2011069.jpg

東方神起のユノがカメオ出演しているということで話題の映画、「国際市場で逢いましょう」(公式サイトはこちら)を見て来ました。(^。^)

一人の愚直な男の人生を通して、朝鮮戦争から現代までの韓国の現代史を振り返ることができる、とても貴重な作品だと思いました。このように書くとなんだか堅苦しく感じますが、笑いあり、涙あり(ちょっと多め)、人情あり、ロマンスありの娯楽作品として、十分楽しむことができる映画でした。

***

(以下、若干ネタバレです)

全体を通して流れているのは、自らを犠牲にして身を粉にして働き、家族のために生きる、父親への尊敬の念、感謝の心です。平和な今はちょっと家族からも邪険にされているお父さん、でもそんなお父さんの歩んできた人生は・・・ということで、お父さんの人生のエピソードが次々と出てきます。

戦地から命からがら逃げてきたものの、父と妹と生き別れ、家族を支えるために西ドイツ(当時)に派遣される炭鉱労働者に志願したり、ベトナム戦争には技術者として赴いたり・・・。韓国が国策として西ドイツに労働者を派遣していたことなど、ちゃんと知ったのは初めてで驚きました。

離散家族を探すためのテレビ番組の場面では、客席からもすすり泣く声が聞こえました。舞台となった釜山の国際市場のあたりは、今では高層ビルも立ち並び、見違えるほどの繁栄を見せていますが、この60数年の間に、これほどの苦難の歴史があったとは・・・。見て良かったです。

***

そしてユノ様!大スター、ナム・ジン役を好演してましたね♪ ヘルメットの下からのぞくスッキリとした顎のライン、身に付いた方言を駆使して、カメオ出演ながらさわやかな存在感を示していました。

予告編の末尾に出てくる、「チョコレート、ギブミー」と言いながら米兵にチョコレートをねだる子どもたち、終戦当時は日本でも、このようにしていたと父から聞いたことがあります。お父さん、お祖父さん、そして当時を生きたすべての人の人生に思いを馳せながら、ぜひ見ていただきたい作品です。

予告編

[PR]
# by riceM | 2015-05-29 06:49 | 映画 | Comments(2)
c0127366_845091.jpg

私の世代だと、「ハ~イ、榮太樓です♪」のCMソングが口をついて出てしまう、和菓子の老舗、榮太郎総本舗(サイトはこちら)。日本橋にある本店には、「雪月花」という喫茶室(サイトはこちら)があるんですよね。それで、先日ランチを食べて来ました。上の写真は赤飯弁当。なぜか甘い物のお店には、昔からお赤飯も売ってますよね。2段重ねのお重にびっしりと詰まったお赤飯、お吸い物も含めておいしかったです~。

***

c0127366_851343.jpg

日を改めて、今度はパスタを食べてみました。細麺で具だくさん。茶わん蒸しも付いています。和風のパスタで、ちょっと味は濃かったかな?写真左上は「ミニ冷やし白玉」。これは、オプションで大きいのに替えられるんです。

c0127366_85235.jpg

お赤飯弁当のときに大きいデザートにしてみました。これが!!!やっぱりあんこものを売っているお店の白玉だけあって、ほんとう~~~においしい!あんこもおいしいし、白玉もやわらかくて、幸せな気持ちになりました。(^。^) 今度はスイーツだけ食べに行くぞ!
[PR]
# by riceM | 2015-05-17 09:16 | グルメ | Comments(2)
c0127366_7173766.jpg


日本のメディアでも話題になっていますが、ヨン様ことペ・ヨンジュン氏が、なんと結婚するんですね~。私の周囲にもヨンジュン氏のファンがいますけど、今頃ガッカリしているだろうな~。(-_-;) 

しかもお相手は、以前東方神起のユノとのツーショット写真を自らSNSに上げ、「熱愛説」まで出たというパク・スジン・・・(参考記事はこちら)。

さっそく彼女のInstaglam(こちら)をチェックしてみたら、1か月ほど前に、「私、今日結婚します」というコメントを付けて冒頭の写真をアップ・・・。ウウム・・・。(^_^;)

***

K-POPファンとして彼女について触れておきたいのは、日本でも一時活動していたアイドルグループ、Sugarのメンバーだった、ということですね!

Sugarは、エイベックスと契約したICONIQなんかも所属していました。昔テレビで見た印象だと、日本のアイドルよりも、割と一人ひとりちゃんと歌えていて、メンバー全員スラ~っとした感じだったなあ・・・ということです。

2002年のデビューのときの活動曲、「Tell me why」の映像があったので貼っておきます。曲はいい感じ!(^。^)


[PR]
# by riceM | 2015-05-15 07:16 | ニュース・話題 | Comments(4)
c0127366_7245356.jpg

連休をはさみ、更新が10日開いてしまいました。同時に複数の韓国ドラマを見ていて、偶然同じ俳優さんが出ているのを見つけるのは楽しいものです。先日、「奇皇后」のタルタルと「風吹く良き日」のデハンを演じるチン・イハンさんのことを書きましたが(4月19日付)、また、見つけました!それは「奇皇后」のヨンビス役、ユ・イニョンさんです。(^。^)

c0127366_7243469.jpg

なぜか男装して戦っているのですが、とってもキレイでカッコいい!ワン・ユに密かな思いを寄せていますが、どう考えても片思い・・・。華があって、ドラマに彩りを添えてますね!


***

c0127366_7252529.jpg

で、最近KBS WORLDで見始まった「憎くても可愛くても」(2007年、172話)。このドラマ、もう8年も前の作品なので、おなじみの出演者たちが若々しい!

c0127366_7251210.jpg

ユ・イニョンさんは、パリ留学を途中で放棄したわがままな社長令嬢、スアで出ています。「奇皇后」では武士の装束の上に周りが大柄な男性ばかりで気づきませんでしたが、スラッとしてとってもスタイルがいい!最初見たとき、KARAのギュリに似た顔立ちの女優さんが出てきたな~と思いましたが、ちょっと甲高い声を聞いて、「ヨンビスだ!」と気付いて嬉しくなりました。

***

「奇皇后」、「憎くても可愛くても」、どちらも面白いドラマで、毎回、次の展開が楽しみです!(^。^)
[PR]
# by riceM | 2015-05-13 07:16 | ドラマ | Comments(2)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM