タグ:★ジェジュン ( 33 ) タグの人気記事

皆さま、アンニョンハセヨ~!ヽ(^。^)ノ ジェジュン君の出演した「天国への郵便配達人」をはじめとする「テレシネマ」、そのうち3作品がテレビ朝日で放送されるそうですね!ドラマの公式サイト(こちら)がオープンしていました。

放送予定は次の通り。

「楽園」 主演:キム・ハヌル、チ・ジニ
(前編)8月8日 よる11:30~
(後編)8月15日 よる11:30~

「石ころの夢」 主演:チャ・インピョ、キム・ヒョジン
(前編)8月22日 よる11:00~
(後編)8月29日 よる11:00~

「結婚式の後で」 主演:シン・ソンホ、イェ・ジウォン
(前編)9月5日 よる11:20~
(後編)9月12日 よる11:00~

放送開始時間がその日によって違うので要注意ですね!しかも、前編と後編に分かれての放送・・・。でも、各回に、「天国への郵便配達人」の日本初公開映像が放送されるというのがミソ。これは録画しなきゃだわ!ヽ(^。^)ノ

***

実は先日、姉から使い切れない「テレシネマ7」の前売り券を、1枚もらったんですよ。全国でも、だいたいの映画館では上映が終わっているようですが、東京だと今、「シネマート六本木」でやっているんですよね!なので、この1枚の前売り券で何を見ようかと考えているところだったんです。

「天国への郵便配達人」は、公開2日目に六本木ヒルズで見たのですが、これをもう一回見るもよし。あとはあらすじを読んでストーリーに興味を持った「楽園」か、久々のチャ・インピョ様の「石ころの夢」かな・・・なんて思っていたのですが、この2作品はテレビで見られると知り、予定変更。(^^ゞ どれにしようかなあ・・・。もし、おススメの作品があれば、ぜひ教えていただきたいです!

そもそもシネマート(サイトはこちら)は、いつも韓国映画をやっている映画館ですよね?実は私はまだ一度も行ったことがないんです。7月23日まではテレシネマの上映予定表が出ているので、自分のスケジュールとにらめっこして、いつ何を見るか決めたいと思います!ヽ(^。^)ノ

***

さらにシネマートの新宿の方では、この秋ユノ君がミュージカルをやる「宮~Love in Palace」についても、ドラマ24話分を3話にまとめて上映するんですね!(公式サイトはこちら

さらに、同じく新宿の方で、8月21日から「韓流シネマフェスティバル2010~新しい風~」も行われるとのこと・・・。(公式サイトはこちら

私は韓国語学習者の端くれとしては、韓国映画をぜんぜん見ていない方なので、これからはちょっとシネマートもチェックすることにしよう・・・。(^^ゞ

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-07-15 23:59 | ライブ準備・ファン活動 | Comments(4)
c0127366_038996.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日はドラマ「素直になれなくて」の最終回を鑑賞したriceMです!ヽ(^。^)ノ 上の写真は、先日お台場のZepp Tokyoで開かれた「XIAH」リリース記念購入者限定イベント(6月19日付)に行く途中、「ゆりかもめ」の車内で見つけた車内ポスターです。無理やり撮影したので、できの悪い写真で恐縮です。(^^ゞ

前回(6月10日付)は都営大江戸線の車内で見つけましたが、今回はゆりかもめ。すべての車両に出ているわけではなさそうなので、偶然乗り合わせてラッキーでした!ヽ(^。^)ノ

***

さて、このところぽつぽつと、JUNSU/JEJUNG/YUCHUNの東京ドームレポを書いていますが、これは一つ一つ自分なりに振り返りつつ、考えをまとめながらゆっくり書いていきたいと思いますので、今日は1日お休みして、ドラマの感想を少し書きたいと思います!(^。^)

いやはや、最終回は今までのまとめと言いますか、すべての登場人物に一応の決着がついて、明るい未来を予感させて終わりましたね!いろいろあったけど、結局、皆、自分の歩むべき道を見つけて、それぞれに成長していく・・・というお話だったと思います。

ハルがナカジに寄せた手紙で、歳月の流れを表していたシーンは、見ていて鼻の奥がツーンとしました・・・。(ToT) 大切な人を遠くに思いながら、今自分ができること、やらねばならないことを、自分の場所で一生懸命にやる・・・。は~、いじらしい・・・。私はこういうの、弱いんです~。(ToT)

***

それにしても、ジェジュン君の演技、とってもよかった~!ヽ(^。^)ノ 正直、ここまでやってくれるとは・・・。押し入れの中でリンダの遺したメールを読むシーン、なんともいえない寂しい表情をしていて、テレビの画面にくぎ付けになりました。二の腕の太さもGOOD!(*^。^*)

韓国では、実は結構良さそうな会社の2代目だったんですね~。自信にあふれた感じもよかった!再び日本に戻って来たときは、いつものお父さんみたいなポロシャツ姿(笑)ではなく、ちょっと垢ぬけたジャケット姿でタクシーに乗って来ましたね♪

***

それと個人的にさすが!と思ったのが編集長役の渡辺えりさん。最初はものすごいパワハラ&セクハラで、ギトギトした悪役かと思っていたんです。でも、前々回だかにリンダが待ち合わせの品川駅に現れなかったシーン、若々しいピンクの勝負服(笑)を着た編集長が、すごく寂しそうでしたよね。日の暮れるまで待って、怒るでもなく、新幹線の切符を破り捨てて立ち去るシーンで、「あれっ?ただのセクハラ上司ではないのかな?」と思わせました。

弔意を示しているのか、黒いワンピース姿でナカジと会うシーンは、仕事を放り出したナカジを社会人として戒めながらも、リンダのことになると本当に憔悴しきった表情で、「本気だったのよ・・・」と。中年の悲哀をよく演じられていて、どちらかといえばナカジやハルよりも、編集長に世代の近い(笑)私としては、結構身につまされるものがありました・・・。(^^ゞ

***

今回のドラマはロケ地めぐりも楽しかったです。今日の新たなロケ地で分かったのは、ドクターとミンハが空港行きのリムジンバスに乗るシーンが、新宿の西口の中央公園の近く(?)らしきこと・・・(違っていたらゴメンナサイ!)。いつか、スナナレ会の会場だったお店にも行ってみたい!

※訂正※ 二人がリムジンバスに乗ったシーンは、晴海客船ターミナルでした!スミマセン。<(_ _)>

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-06-24 23:59 | ドラマ | Comments(6)
皆さま、アンニョンハセヨ~!昨日は更新をお休みしたriceMです!<(_ _)> ローカル情報で恐縮ですが、昨夜は千葉県を中心としたエリアで聴けるbayfmの新番組、「ON8」(オンパチレボリューションアジア)という番組にジュンス君が出演したので、またTwitterで実況中継をやってみました(twilogはこちら)。コメントは事前に収録したものでしたが、さわやかで明るい感じのトークで良かったです♪ これでジュンちゃんの「XIAH」のプロモーション活動はひと段落かな。(^。^)

***

c0127366_0574278.jpg

実はこのところ仕事の帰りが遅くて、今日放送されたドラマ「素直になれなくて」第9話も見られなかったんですよ・・・。(>_<) まあ、録画したので後日見られますが・・・。上の写真は、1週間ほど前に地下鉄の都営大江戸線の車内で偶然見つけたドラマのポスターです。あまり乗客がいないのをいいことに、さりげなく近くに駆け寄って、携帯のカメラで撮っちゃいました。(^^ゞ そばに座っていた外国人の乗客の方にはやや不振な目で見られてしまいましたが、平静を装いました(笑)。

今も都営大江戸線にこのポスターがあるかどうかは分かりませんが、街中でこういうものを見かけると、ちょっと幸せな気持ちになりますね!ヽ(^。^)ノ

***

で、いまさらですが、第7話と第8話を見た感想を少し・・・。仕事も上手くいき、ハル(上野樹里)に告白して絶好調のドクター(ジェジュン)も、いざ付き合い出してみたらだんだん独占欲の強い部分が出てきてしまいましたね!(>_<) 今日の第9話でまた次の展開があるのでしょうが、見ていてそれがもどかしかったです・・・。

これから正規採用をめざして試験準備をしようとするハルに対して、「無理に働かなくてもいいでしょ」「僕が守るからハルは働かなくていいですよ」・・・。付き合い出して間もないのに、もう結婚する気でいるし・・・。しかも、一見するとハルのことを大事にしているようだけど、ハルの気持ちをまったく尊重していないですよね。独身の私が言っても説得力ないかもしれないけど、こういう男性は止めた方がいいです!(笑)

案の定、二人の間にはだんだん溝ができてきちゃって、誰が考えても、ハルはナカジ(瑛太)の方がいいんじゃないかという状態に・・・。(そういえば、瑛太さん、木村カエラさんとのご結婚おめでとうございます!)

***

第8話では、仕事中もハルにメールしまくるドクター。これはウザいね!(笑)それでもハルはドクターを無下にはできなくて、ドクターの家に行ってお料理作ったり、デートでは韓国映画(「初恋」と言ってましたね!)を選んだり・・・。その気がないのに罪作りだわ~。(-_-;)

そうこうするうちに、ドクターは自分に自信がなくなってきてしまう。そしてなぜ妹と日本で二人暮らしなのか、ちょっぴり家庭の事情も匂わせるシーンもあって、「僕、ハルのこと帰したくない・・・」。さあどうなる!ということろで先週は終わりました。(^^ゞ

ドクターが街頭でもらったサラ金のティッシュを使うシーンがあったけど、まさかハルへ贈る指輪を買うために、借金なんかしてないですよね???それも第9話で分かるのかな?ああ~気になる~~~!(>_<) せっかく大活躍だったドクターが、だんだん悲劇に向かっていくのは悲しいです~。(>_<) は~、すっかり脚本家の北川先生の思うツボにハマってますね!(^^ゞ

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-06-10 23:59 | ドラマ | Comments(0)
皆さま、アンニョンハセヨ~!昨日はドラマ「素直になれなくて」第6話を楽しんだriceMです!ヽ(^。^)ノ ドラマですっかりリラックスしてそのまま寝てしまい、ブログの更新はお休みしました・・・。<(_ _)> 今日は改めて、ドラマについて書きたいと思います!

***

今回は、ハル(上野樹里)とドクター(ジェジュン)がなんと交際を始めてしまうという急展開がありましたね!まさかこの二人が付き合うことになろうとは・・・。でも、ハルの心はやっぱりナカジ(瑛太)に向いているんですよね。(+o+) これからどうなることやら・・・。

そしてまた今回も、ジェジュン君は大活躍ですよ!冒頭、救急車で運ばれるシーンでは、「ずっとそばにいてください・・・」とハルの手を握り締めて懇願。ジェジュンのせつない表情に胸キュンの女子が多発したのでは?

そして何といっても可愛かったのが、アパートを訪れたハルに「僕とつきあってくれますか?」と告白をし、受け入れてもらった時の「マンセー(万歳)!マンセー!」(笑)。ちょっと垢ぬけないポロシャツ姿(今回はノーブランド?)で、小躍りしながら部屋を飛び回るジェジュン君、実に魅力的でした。ヽ(^。^)ノ

***

さらに出色なのは、キムチチゲに入れるツナ缶を買いに行って、間違って「猫用」を買ってしまったシーン。キムチチゲにツナを入れるのが韓国では一般的というのは、私は最近知ったのですが、こういうシーンを入れる脚本家の北川先生、さすがです!

c0127366_046223.jpg

Twitter(5月10日付)でも紹介しましたが、韓国にはキムチチゲ専用のツナというのがあるんですね!上の写真は新大久保で198円で買ったものです。

c0127366_0502930.jpg

缶を開けた様子。これはあらかじめトウガラシで味が付いているもので、結構ピリッと辛かったです。トウガラシの入っていないものもあったと思います。関心のある方はお試しくださいね♪ (^。^)

***

さて、今やシリーズ化した「スナナレ」ロケ地めぐり(笑)。カテゴリに<「スナナレ」ロケ地めぐり>も作りました。(^^ゞ 5回目の今回は、第1話でドクターの妹パク・ミンハ(木南晴夏)が参考書を万引きした本屋さん、新宿のジュンク堂書店(サイトはこちら)です。

新宿のジュンク堂書店は、新宿アルコットの6階から8階の3フロアを占めるとても大きな書店。ジュンク堂書店は、本の分類の表示が分かりやすく、縦一列に整然と書棚が並んでいて、本がすごく探しやすいんですよね~。平積みが少なくて、目に優しい木目の書棚に、縦に立てかけてある本が多いのが特長。座って読めるスペースも随所にあって、まるで図書館みたい。私の好きな本屋さんです。

8階のエレベータ前のスペースが喫茶コーナーになっていて、普段は時々ここでトークセッション(入場料1000円)をやったりしているようですね!ミンハが補導されてドクターが走って迎えに行ったシーンは、この喫茶コーナーを控室に見立てて使われたようです。ドラマのシーンで見覚えのある観葉植物がありました。(^^ゞ

c0127366_1114437.jpg

せっかくなので私も、喫茶コーナーで「当店オリジナルブレンド」400円と「マドレーヌ」120円を注文。買ったばかりの本を広げて、黙々と読んでいるお客さんがやはり多いです。照明も明るいので、読書に向いていますね!新宿に行ってちょっと時間のある時に立ち寄って、読書に勤しむのに向いている場所です。

***

では長くなりましたが、今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-05-21 23:59 | ドラマ | Comments(6)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は木曜日のお楽しみ、ドラマ「素直になれなくて」第5話を楽しんだriceMです!ヽ(^。^)ノ 

いやはや、今回もジェジュン君は大活躍ですよ・・・。ハル(上野樹里)に振られて酒に酔った姿を熱演、「ドクター(ジェジュン)は天然ちゃん?」とリンダ(玉山鉄二)に言われちゃうし・・・。はたまた、ハルへの愛を熱く語り、「ドクターは自信家?」とナカジ(瑛太)に言われてみたり・・・。

さらには、不良に襲われそうになるハルのもとへスーパーマンのごとく駆けつけ、ナイフを素手で握っちゃったり・・・。(^^ゞ 蹴りを交えたアクションシーンもありましたね。カッコいいぞ、ジェジュン!ヽ(^。^)ノ これでハルの心はドクターに傾いたり・・・しないのかなあ、やっぱり。(^^ゞ

今回は、リンダのナカジへ寄せる思いがより明確になりましたね!ナカジの置き忘れた上着を抱き、残り香を感じるリンダ・・・。セクハラ編集長(渡辺えり)に身を捧げてまでも、ナカジに仕事を取ってあげたり・・・。なんだか自己犠牲的で哀しい愛ですね!(ToT) ウウム・・・次回が楽しみです!

***

c0127366_15139.jpg

さて、本日も「素直になれなくて」のロケ地を一つご紹介したいと思います。第2話で、医療機器メーカーの成績不振だった営業マンのドクターが、実家が病院を経営するリンダに土下座をして、新たに建設する病院でドクターの会社の医療機器を買ってほしいと懇願するシーンがありました。

このシーンで使われたカフェがすごくステキな感じだったので、ネットで調べてみたら東銀座の「Cafe Serre(カフェ・セレ)」(サイトはこちら)というお店でした。東銀座の5番出口を出て橋を渡ってすぐの、ADK松竹スクエアというビルの2階にあります。上の写真は、ADK松竹スクエアの入口です。

c0127366_053727.jpg

ビルに入ると1階は吹き抜けになっていて、こんなステキな階段があります。この上がカフェ・セレです。天井が高く、とても広々としています。このお店は資生堂パーラーのプロデュースによるそうで、資生堂パーラーのクッキーなども少し売っていました。結婚式の2次会やパーティを積極的に行っているようです。

c0127366_114683.jpg

資生堂パーラー出身のパティシエールが作るデザート。今回頼んだのは、アールグレイ風味のチョコレートブリュレ、630円。デザートにドリンクを付ける場合は、プラス315円です。ブリュレにはオレンジシャーベットが添えてありました。ちょっぴりほろ苦い大人の味です。ブリュレは、とろとろのチョコレートのクリームとカチカチのカラメルが口の中で溶け合って、おいしかったです!紅茶の味が効いてます。

白を基調としたシンプルモダンなインテリア。窓際の席に座ると目の前が川で、とても開放感があります。広々として静かなので、仕事の打ち合わせにも向いてそう。平日の夜は結構空いているようです。要注意なのは、日曜・祝日はお休みで、土曜日も貸切になることがあるということ・・・。実は最初に行った時は、結婚式の二次会の貸切で入れませんでした。行くなら平日がおススメです。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-05-13 23:59 | ドラマ | Comments(12)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日はジェジュン君出演のドラマ、「素直になれなくて」の第4話が放送されましたね!私もちゃんと10時前にはテレビの前にスタンバイして、リアルタイムで鑑賞することができました!ヽ(^。^)ノ

は~、それにしても、ジェジュン君の演技は、回を重ねるごとにますます良くなっていますね!素晴らしい!!!ジェジュン君の魅力を知りつくした北川悦吏子先生の脚本によるところも、もちろん大きいのですが、最初は自分に自信がなかった「ドクター」が、好きな女性と出会い、仲間ができて、だんだん自分に自信を持つようになっていく様が、ほんとうによく表現されているな~と思います。

前回のラストで、雨の降る中ハル(上野樹里)に「好きです」と告白したドクターですが、今回は、「泣いている時、こんなのいけませんね」と言って、ハルに花束と傘を渡して去っていくシーンから始まりました。「ファイティン!」とハルを励ましたとき、ドクターの目には涙が浮かんでいて、私も思わずもらい泣きしそうになりましたよ・・・。(ToT)/~~~ ジェジュ~~~ン!

***

そして今度は、ナカジ(瑛太)と殴り合いのケンカ!!!これも熱演だ!!!情熱あふれるジェジュンの演技!韓国男性の熱さを感じましたね!その後も、「ハルが好きです、僕と付き合ってください」。これ以上ないほどのストレートな告白・・・。

このドラマを見ていて、最初のころは、ドクター役は必ずしも韓国人でなくてもいいんじゃないか、なんて思っていたんです。韓国からやってきて、医療機器の営業マンをしているというのも、あまり現実にはなさそうな設定だし、と・・・。でも今回のシーンで、情熱的でストレートな韓国男性らしさというのが出ていたように思いました。(^。^)

は~、でも哀しいかな、ハルの心はドクターではなく、ナカジに向かっているんですよね。ジェジュンとナカジも気まずくなってしまって、三角関係は確定。来週はどうなるのかしら・・・。

一方で、年上女性の深くてコワ~イ「愛欲」みたいなものも描かれてましたね!編集長(渡辺えり)のナカジを見る目、マンションの「面接」というのがコワイ!(>_<) 桐子(井川遥)のズボン切り裂きも・・・。(>_<) ハルのお母さん(風吹ジュン)のナカジのお父さん(吉川晃司)へ寄せる思いも気になる・・・。女優さんたちの演技も見ものですね!

***

今回のロケ地でわかったのは、最後のハルの弟の出てくるシーンが、渋谷の東急東横店の向かい側のビルの屋上だったということくらいかな?「スナナレ」ロケ地めぐりのレポも、折を見てまた書いてみたいと思います。

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-05-06 23:59 | ドラマ | Comments(8)
皆さま、アンニョンハセヨ~!今日は「みどりの日」、いかがお過ごしでしたでしょうか?ゴールデンウイークもあと1日ですが、私は明日から出勤になってしまったので、最後の1日となりました。今年のゴールデンウイークは好天に恵まれてよかったですね!ヽ(^。^)ノ

***

さて、昨日に続きまして、ドラマ「素直になれなくて」のロケ地めぐりの続きです。(^。^)

田町のチェゴヤに続き、私が向かったのは神保町の「さぼうる」という喫茶店。ここはジェジュン君は出演していませんが、ナカジ(瑛太)が父親(吉川晃司)と待ち合わせをして会うシーンに出てきますね!ナカジの父親は戦場カメラマンとして活躍していたものの負傷し、今は仕事を転々としながら息子に金を無心している・・・という設定で、ここでナカジは父親にお金を渡したりしているんですよね。

神保町は付近に大学も多く、学生の街であると同時に、出版社も多く、日本最大ともいわれる古書店街のある街。昭和の雰囲気を残す歴史あるお店が多く、東京の真ん中にありながらとても落ち着いていて、私の好きな場所の一つです。カメラマンの親子の待ち合わせ場所としてもピッタリなシチュエーションですね!

「さぼうる」も、そんな神保町界隈の雰囲気を醸し出す歴史ある喫茶店。50年も続いているのだそうです。場所は地下鉄の神保町駅のA7出口を出たすぐのところにあって、大通りから1本道を入ったところにあります。

c0127366_1154990.jpg

実は「さぼうる」は2つあって、手前にあるのが「さぼうる2」(上の写真)。こちらはレストランとのこと。細い路地に面した古い民家のような建物です。その奥が「さぼうる」。

c0127366_1221092.jpg

入口にトーテムポールのある山小屋風の建物。中は地下と中2階に分かれていて、レンガの壁には落書き。インテリアもすべて木でできていて、とっても落ち着いた雰囲気があります。

c0127366_1242741.jpg

ただ、店内はすごく暗いので本を読むのにはキツイです。目が慣れるまで、メニューの文字すらよく読めませんでした(笑)。でも周囲には書店や出版社の多い土地柄のせいか、この暗さの中で読書している人が多くて驚きました!頼んだメニューはソーダ水480円。携帯のカメラでは、暗くてこんな写真しか撮れませんでした。<(_ _)> ソーダ水は赤、青、黄、緑の4種類あり。シロップの色の違いだそうです。私はなんとなく「青」を注文。

駅から近く、夜も11時までやっているので、人と待ち合わせしたりするのにはいい場所です。分煙化はされていないようでしたが、私の行った時はたまたまタバコを吸う人がほとんどおらず、気にはなりませんでした。今回、ずいぶん久しぶりにこのお店に来ましたが、いつまでも変わらぬたたずまいというのがいいですね!

***

では、今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-05-04 23:58 | ドラマ | Comments(4)
c0127366_135243.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!今年のゴールデンウイークは、本当にお天気がいいですね!上の写真は、先日帰省前に田町で見かけた「サトザクラ」です。なぜ田町かといえば・・・ハイ、ミーハーな私は、ドラマ「素直になれなくて」第2話でドクター(ジェジュン)とハル(上野樹里)がデートした、田町の韓国料理店、「チェゴヤ」(サイトはこちら)にさっそくランチを食べに行ってまいりました!ヽ(^。^)ノ

というわけで、渋谷ロクシタンカフェ(4月29日付)に続きまして、「スナナレ」ロケ地めぐりの第2弾をお届けします!

***

チェゴヤはサイトによると全国で44店舗もあるチェーン店なんですね!私もドラマを見た時には、ジェジュン君が手に持っていたメニューの表紙を見て、ロケ地がチェゴヤだということがわかったのですが、店内の風景を見てもどこのチェゴヤかまでは、分かりませんでした。今ではお店のサイトにも田町がロケ地になったことが紹介されてますね!

c0127366_141164.jpg

田町の駅の東口をてくてくと7~8分歩いて行くと、藻塩橋という橋があります。上の写真は橋の上からの風景です。この橋を渡ってしばらく行くと、「ももよ通り」という通りがあります(下の写真)。

c0127366_1455726.jpg

この道をちょっと入ると、大きな看板が見えるので、すぐにわかります。

c0127366_148319.jpg

1階と2階がチェゴヤなんですね!ドラマの撮影は、2階で行われたようですが、私は1階に通されました。勇気がなくて、「2階にしてください」とは言えませんでした・・・。(^^ゞ 

c0127366_1501496.jpg

私が頼んだメニューは、ランチの「プルコギ定食」1,000円です。ランチは16:30まで食べられるようです。お味噌汁なんかがついていて、日本人向きの食べやすい味でした。お肉の量はかなり多いので、男性が食べても満足感はあると思います。

近くの席にはジェジュン君のファンと思われる若い女性たちがいて、今年のa-nationについて真剣に話し合っていました。(^^ゞ a-nationには3人で出るのか、それともジュンス君だけか、チケットを買うか買わないか、はたまた、先行予約はBigeastではないだろうからどうしよう、とか・・・。私も思わず、聴き耳を立ててしまいました。(^^ゞ

***

田町は意外に食べるところが限られるので、新しいお店を開拓できてよかったです!ドラマでは初デートの場所に選ばれましたが、ここはドクターが選んだお店という設定なのかな???気取ったお店ではなく、カジュアルなお店であるというところが、なんだかドクターのキャラクターに合っていていいかも・・・と、ドラマの世界に思いを馳せました。

では、今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-05-03 23:59 | ドラマ | Comments(4)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日からゴールデン・ウィークが始まり、一日テレビ三昧で過ごしたriceMです!ジェジュン君出演の「素直になれなくて」も、第3話が放送されました。渋谷に集まったTwitter仲間が、シカゴの「素直になれなくて」を聞いて「スナナレ」会を結成。ようやくドラマの題名の由来がはっきりしましたね!

シカゴの「素直になれなくて」、若い登場人物たちにとっては親世代の曲でしたが、私はこの曲、中学生の時に聞いてましたよ~(笑)。ちなみにナカジ(瑛太)のお父さん役の吉川晃司さんが「モニカ」でアイドルデビューしたのも中学生の時でした(笑)。80年代の懐かしい思い出です・・・。(^^ゞ

ドクター(ジェジュン)もリンダ(玉山鉄二)のおかげで営業マンとして成果を上げ、ハル(上野樹里)にピンクのチューリップの花束を持って告白。ナカジに誤解された悲しさで、ついドクターにすがるハル。雨の中の「好きです」の告白・・・。ジェジュンの演技がセツナイ!は~、次回が気になる!ヽ(^。^)ノ

***

第3話でも回想シーンで出てきましたが、第1話でナカジがカフェでハルにコーヒーをかけられるシーンがありました。このシーンのロケ地は渋谷の「ロクシタンカフェ」(サイトはこちら)。実はずいぶん前にロクシタンカフェに行ったのですが、ブログに書いていなかったので、ここで記事をアップしたいと思います!

渋谷のロクシタンカフェといえば、東方神起のアルバム発売の時に縦看板が表示されるビルにあるんですよね!1階はロクシタンの化粧品を扱うお店で、2階と3階がカフェ。縦看板の写真は下記の記事をご参照ください。<(_ _)>

・「The Secret Code」 (09年3月19日付
・「BEST SELECTION 2010」(2月27日付

c0127366_1414494.jpg

食べに行ったのは夜だったのですが、まずは季節のスープ900円。ポタージュスープにパン。
c0127366_144259.jpg

続いてはクロックムッシュ900円。パンにサラミをはさんでチーズをかけたものですね!

現在もこのメニューはあると思います。なぜこれを今までブログに書かなかったかというと、私の選んだメニューの組み合わせが良くなかったんです。チーズにポタージュ、乳製品ばかりでバランスが悪い!見た目も真っ黄色!おなか空いてたんですよね、この時・・・。

しかも失敗したのが、1階の化粧品コーナーで、さんざんいろんなものを試した後にカフェに入ったので、手に付いた化粧品の香りが気になっちゃって・・・。カフェに入ろうとする方は、1階で化粧品のサンプルに触れないことを強く、強くおススメします!ロクシタンは結構香りが強くて、ちょっと手を洗ったぐらいでは落ちません!化粧品とお料理の香りがぶつかって気分が悪くなりますよ~。(^^ゞ

***

とまあ、私の失敗談を語ったところで、おあとがよろしいようで・・・。(^^ゞ では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-04-29 23:59 | ドラマ | Comments(6)
c0127366_023175.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、渋谷の銀座線のホームで「素直になれなくて」の看板を見つけたriceMです!ヽ(^。^)ノ 反対側のホームだったので遠くて小さいうえに、銀座線の車両がピンボケで入った、前回の新宿(4月18日付)にもまして出来の悪い写真で恐縮です。<(_ _)> 

携帯電話のカメラを構えている間に、電車がどんどん交互に入線してしまい、乗るべき電車を3本見送りました。傍から見たら、銀座線の車両を撮影しようとしている(その割にカメラがちゃちな)鉄道マニアの女性に見えたかも・・・。(^^ゞ

***

さて、ジェジュン君の出演で話題のドラマ、「素直になれなくて」の第2話で、ナカジ(瑛太)の計らいでハル(上野樹里)とドクター(ジェジュン)が映画を見るシーンがありました。この時二人が見た映画が「ニューヨーク、アイラブユー」(公式サイトはこちら)。そういえば、自分も見たいと思っていたことを思い出して、さっそく見に行きました。

c0127366_0371423.jpg

調べてみたら、主な劇場での上映は4月23日で終わっていて、現時点で都内で見られるのは品川のプリンスシネマだけだったんです。ここは、ロードショー上映が終わったすぐ後の映画をよく上映しているようですよね。スクリーンは大きくはありませんが、品川プリンスホテルの中にあって環境がキレイなので、私は結構好きな映画館です。

c0127366_0411340.jpg

映画の前に、施設内の「カフェ・ド・シネマ」で腹ごしらえ。クラブハウスサンドイッチとドリンクのセット、1,200円です。ドリンクはカフェオレを選びました。

***

ここから映画の感想を少し書きますね。(^。^)

この映画は、ニューヨークを舞台に11人もの映画監督が撮った映像をつなぎ合わせたもので、小さなエピソードの積み重ねが全体として一つの作品になっているという映画です。でも、公式サイトの解説によれば、「オムニバス映画」とは違うらしく、「ラブ・アンサンブル映画」とうたってますね。

11人の監督の中には、日本の岩井俊二監督も含まれています。出演者も、オーランド・ブルーム、アンディ・ガルシア、イーサン・ホークなどハリウッド映画でおなじみの俳優さんのほか、アジアからはスー・チーやマギーQも出演しています。

私はニューヨークを舞台にしたドラマや映画が大好きなので、摩天楼のそびえる景色を見ただけでもう満足。(^^ゞ 物語はすべて「愛」をテーマにしていて、多様な背景を持った多様な人々が、ニューヨークのいろんな場所で繰り広げる、さまざまなストーリーがありました。

印象に残ったのは、画家とチャイナタウンの薬局の娘の語、ダンサーの青年がベビーシッターをする話、往年のオペラ歌手が見たホテルのボーイの幻の話など・・・。ささやかな、じわっと心に残る作品でした。

ドラマの脚本家の北川悦吏子さんは、なぜこの作品をドラマに登場させたのでしょう?ひょっとして、北川さん自身がどこかで明かしてらっしゃるのかもしれませんが、私が感じたのは、見知らぬ人同士が知り合う機会の多い都会の人間関係が、なんとなく東京を舞台にしたドラマの世界に通じるのかな、ということが一つ。それと、写真家という設定のナカジが選んだ作品ということで、普通の娯楽映画ではなくてちょっとしゃれた映画にした・・・ということなのかな、と思いました。

***

では、今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-04-26 23:59 | 看板・衣装・サイン展示 | Comments(6)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM