タグ:★ジュンス ( 36 ) タグの人気記事

c0127366_0122493.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、東方神起が韓国の化粧品ブランド「MISSHA」(ミシャ)のモデルに決まったというニュースに喜んだriceMです!ヽ(^。^)ノ そんなわけでU-KISSレポが後回しになってしまいますが、今日はこの話題について書いてみたいと思います。

***

はあ~、それにしても、美しいユノとチャンミンの写真・・・。いつもと雰囲気が違うな~とよく見れば、アイメイクばっちりなんですね!(^^ゞ でも東方神起のお化粧姿って、昔の「Tri-Angle」のパンク風のメイク(笑)ぐらいしか見たことがない気が・・・。なんだか新鮮です。

ミシャの化粧品、私は「シグネチャーBBクリーム」をつい最近1本使い終わったところです。新大久保の韓流百貨店でいろいろなBBクリームを試した中で、一番私の肌の色に合っていたので購入しました。ちょっとグレーがかった濃い肌色なので、私のように肌の色がダークな人にはいいと思います。肌色は2色あったので、買う前に試してみた方がいいですよ!

私はたまたま韓流百貨店で買いましたが、今では確かソニープラザでも買えたと思うんですよ・・・。ちゃんと日本仕様の形態で売っていたので、ソニプラはおススメです。それと、買うんだったらたぶん一番確実なのが直営店ですよね♪ 

私は直営店では買ったことはないのですが、東京だと新宿アルコット(来年3月で撤退ですが・・・)、それと渋谷の東急ハンズの近くにもありますよね!イ・ビョンホン様の大きなポスターがど~んとあるので、通りかかるたびに目を奪われます(笑)。でも、これからはこれが日本でも東方神起に変わるんでしょうか?それともビョン様とも並行してモデルを務めるのでしょうか?いずれにしても楽しみです!ヽ(^。^)ノ

ミシャのサイト(こちら)を調べると、直営店はほかにも銀座三愛のところなど、全国に何か所もあるようです。それと近くにお店がない方も、お店に行く暇のない方も、オンラインショップがあるので大丈夫・・・ってすっかりミシャの宣伝をしてしまったわ!(^^ゞ これも東方神起効果ですね~。

***

いや~、しかし・・・東方神起、そして「化粧品」といえば、アレを思い出さずにはいられませんよね・・・?そうです、もはや記憶の彼方に消えつつありますが、あの元メンバーの3人が関係していた「クレビュー化粧品」、あれは今どうなっているんでしょうか?クレビュー化粧品について、私はこれまでこのブログでは正面を切って取り上げるのを避けてきました。でも、もうそろそろ書いてもいいかなと・・・。

「ジュンス、ジェジュン、ユチョンがお正月休み、北京へ化粧品会社の投資説明会に行った」という情報をネットで目にした当時は、まさかその後、このことが大きな問題に発展するとは思ってもいませんでした。なぜ3人だけなんだろう、韓国芸能人に財テクが盛んとはいえ、若い彼らが「投資」というのもなじまないな・・・と、その時違和感は感じましたが・・・。

その後、彼らの家族が始めたクレビューという化粧品のお店。羊の胎盤を使っている中国の化粧品とのことで、ホームページを見ると値段はかなり高額。通販サイトでは確か羽毛布団も一緒に扱っているのを見ました。新大久保の韓流百貨店にも置かれているのを見たら、パッケージなどもよくなくて、とても値段と内容が見合っているとは思えませんでした。

当時個人のブログでは、この化粧品を勧めるような記事も見かけましたが、彼らの正規の仕事ではないし、私は自分のブログでは、この話題にはできるだけ触れないようにしようと直観的に感じたんですよね・・・。結果として、そうしておいてよかったと思っています。

***

実はここで一つ打ち明けると、去年の年末年始に韓国へ旅行に行った時、ジュンスのお父さんが経営するピザ屋さんにピザを食べに行ったんです。このピザ屋さん、韓国旅行で行ったことのあるという方も多いことでしょう。その時の日記(10年1月27日付)に実は書かなかったことがあって、ピザを食べ終わった後にジュンスのお父さんにクレビュー化粧品のお店に行くように勧められたんです。

ピザ屋さんの近くのマンションの一室で開いているという、そのお店の名刺を渡されたのですが、なんとなく「ここは行かない方がいいな」という気がしたんですよね・・・。商売の匂いを感じて興醒めしたというか・・・。私と同じような体験をされた方、きっとほかにもいらっしゃるんじゃないでしょうか・・・。

***

結局クレビュー化粧品の問題があって、当時東方神起にオファーが来ていた化粧品会社のCMの話が流れてしまった・・・というところに、話はつながっていくわけですよね。今日ネットでは、「その時にオファーをしていたのがミシャだったのでは?」という説も目にしました。なんだかおめでたい話から、芋づる式にいろいろ思い出してしまいましたね・・・。(+o+) いずれにしても、これから出てくるミシャの広告がとっても楽しみです。ヽ(^。^)ノ

***

長くなりましたが今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-08-02 23:59 | CM | Comments(6)
c0127366_2129059.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は関東地方某所から更新のriceMです!こちらは通信環境が悪く、昨夜は更新をお休みしました。<(_ _)> 実は昨日、ジュンス君のシングル「XIAH」リリース記念購入者限定イベントに行ってきましたので、東京ドーム公演のレポをお休みして、このイベントについて書きたいと思います!ヒマにまかせて書いたので、ちょっと長くなってしまいました。<(_ _)>

上の写真はイベントの当選はがきです。私は今回のシングルを予約もせず1枚しか買わなかったのですが、ものは試しに応募してみたら、このはがきが数日前に我が家のポストに入っていてビックリしました!今回は7万通もの応募があり、2400人が当選したそうです。確率としては約3%ということですよね・・・。ここで人生最大の運を使い果たしたかもしれません。(^^ゞ

***

c0127366_21542152.jpg

今回会場となったのは、お台場のZepp Tokyo。先日の4Minuteの日本ライブ以来です。この日はあいにくの雨で、会場の周りには傘の花が咲いていました。公式サイトでも案内されたとおり、
「ジュンス画伯」のイラスト入りレシートがもらえるというグッズ売り場は、あまり並ばずに買えたようです。

私が参加したのは3時開場、4時開演の1部です。席はオールスタンディングで番号順に呼び出されて入りましたが、真ん中くらいの場所だったと思います。ライブハウスですが、今回はワンドリンクは必要ありませんでした。

***

4時ちょうど、司会の東京プリンの牧野隆志さん登場。東京プリンといえば、頭にプリンの被り物がトレードマークですが、今回は被り物なし(笑)。牧野さん、やわらか~い大阪弁でとっても良かったです!ヽ(^。^)ノ 今回のイベントは、牧野さんのリードの良さで、とってもまる~い雰囲気になったのではないでしょうか。なんというか、やんわりした上方の笑いに包まれていた感じです。

なんと今回のイベントには、北は北海道から南は沖縄まで、カナダのバンクーバーや韓国からもファンが来ていたとのこと。ジュンちゃん人気、すごいですね!定員2000人ほどの空間で、1時間たっぷりジュンちゃんと過ごせて、とても貴重な時間が持てたと思います!

***

そしてついに、ジュンちゃんが登場です!ヽ(^。^)ノ 1曲目、「君がいれば~Beautiful Love~」のイントロに乗ってジュンちゃんがステージに登場すると、観客はいっせいにすごい声援です。私も「ジュンス~~~!」と声援を送りました。(^^ゞ 黒い襟なしのジャケットに、銀色でアクセントをつけた黒のインナー、下は黒っぽいデニムのようでした。は~、ジュンちゃんカワイイ~~~!(*^。^*) 「Inoxication」のPVではギラギラした「黒ジュンス」でしたが、そんなに黒くも見えず、むしろ白い感じ。カッコいいです!

そして感動したのがジュンちゃんの歌い方・・・。すご~く一音一音を丁寧に、かみしめるように歌うんですね!ブレスもはっきり聞こえました。緩急もダイナミックに、声の出し方も自由自在、聞いていて本当に素晴らしかったです!!!

***

ここで最初のトーク。3曲それぞれについて、どんな曲かということを説明しました。だいたい、ほかのインタビューで答えている内容と同じでしたね!注目の「Intoxication」については、「一応、自分が作ったんですけども・・・」と答えていました。(^^ゞ

この後、「彼にも内緒で、スペシャルな人がコメントをくれました!」ということで、なんとジェジュン君がコメントを寄せた映像が流れました。ドラマ「素直になれなくて」の白いポロシャツの衣装の姿で、「おめでとう!ドラマの撮影で行けないけど・・・」というような内容でした。これを見たジュンちゃん、驚きつつも喜んでましたね!「ありがとう!ジェジュンさま!」と言ってました。

トークの間中、ジュンちゃんは花がぱあっと開いたような笑顔で、こうしてファンが集まってくれたことに対して本当に嬉しそうでした。近頃は、なんとなく遠い存在に感じていたジュンちゃんですが、こうやって目の当たりにしてみると、素朴なかわいらしさはちっとも損なわれていないように見えました。ジュンちゃんを生身の存在として、とても身近に感じられたことが今回のイベントの私にとっての最大の収穫だったと思います。

***

続いては、2曲目「悲しみのゆくえ」。丁寧に丁寧に歌い上げるジュンちゃん。細かな息遣いまで伝わってくるようです。赤いペンライトを持っていても振る人は少なく、ペンライトを持っていることも忘れてじっと歌に聞き入ってしまいました。歌っているジュンちゃんも、とっても幸せそうに見えました。やっぱり、ジュンちゃんは歌っているときが一番。これからも歌い続けてほしいと思いました。

***

この後は20分ものトークタイム。「XIAH junsuをもっと知りたい」と題して、Q&Aコーナーとなりました。では、メモした内容をもとにご紹介します!

1.タイムマシンがあったら、いつの自分に会いたい?
--(あー、と言ってちょっと考えて)生まれたばかりの泣いてる自分。会ったら「こんにちは」と言いたい。

2.サッカーをするとしたらどこを守りたい?
--レフトウイング。韓国-アルゼンチン戦はマネージャーさんと応援したとのこと。「キックして」との声に応え、キレイなフォームでボールを蹴るまねをしました。

3.子どもの頃のあだ名は?
--ニワトリ。しゃべるとき、あごが上下するから。

4.行ってみたいリゾート地は?
--ボラボラ島(「Hi Ya Ya 夏の日」のPV、懐かしい・・・涙)。

5.子どもの時得意だった科目は?
--体育。ここで牧野さんが12月生まれなのに運動が得意なんてすごい!と一言。なぜなら、幼少期は早生まれと遅生まれで発達の差が大きいので、4月~6月くらいには生まれた子は運動が得意になりやすいとのウンチク。ホントかな?

6.モーツアルトに会ったら、なんて言う?
--「尊敬します」。ここで観客の求めに応じ、ミュージカルで歌った「僕は音楽」の一節を披露。まさかここで聞けるとは!感動!(ToT)

7.好きなラーメンは?
--とんこつ。

8.気になるサッカー選手は?
--メッシ。

9.次に生まれ変わるなら?人?動物?他のもの?
--「生きているものではなくて、風になりたい。自由にどこでもいけるから」。この回答に牧野さん感動!私はなんとなく、この答えがジュンちゃんの辛い心境の表れではないかと感じました。(>_<)

10.日本の観光名所で行きたいところは?
--「福岡の・・・ハウステンボ?」。正しくは、「長崎のハウステンボス」ですね!可愛い間違いです。

11.ナンパをするとしたなんて声をかける?
--(しばらく腕組みして悩んでから)「一緒にコーヒー飲める時間ある?とか・・・」。実際にナンパした経験は「ありますね!」とのことで、何も言わずに電話番号だけ渡して、ちゃんと電話がかかってきたそうです。(^^ゞ

12.生まれ変わるなら男?女?
--「男がいいと思います。男になって、守ってあげたい」。

13.突然女になったら、まず何をする?
--女性専用の温泉に友達と行く。なぜか「友達と」を強調(笑)。

14.現役で世界ナンバーワンのストライカーといえば?
--メッシ。

15.世界の有名な発明家といえば?
--エジソン。

16.宝くじで3億円当たったらどうする?
--半分は寄付して、半分は貯金。さらに「もし10万円だったら?」と聞かれると、「スタッフさんと一緒に打ち上げ」。

17.XIAH junsuのマネージャーとして大切なことは?
--前向きな考え方。前向きに生きるように頑張りたい(ここで客席から拍手)。

18.発明してほしい薬は?
--自分以外の人の気持ちや考えていることを読める薬(いろいろ難しい立場にあることの現れでしょうか・・・?)。

19.好きなおにぎりの具は?
--シャケ。

20.おじいさんになったジュンスは何をしている?
--「おじいさんになっても、こういう場で歌いたいです」(拍手)。

***

ジュンちゃんのトーク、なかなかこうやってゆっくりと聞ける機会がないので、とても良かったです。ジュンちゃんの独特なアクセントのしゃべり方を聞いて、ビギステーションのおしゃべりを思い出しました。そうそう、このしゃべり方です。懐かしい・・・。(ToT)

トークが終わると、いったんお召し替えのためジュンちゃん退場。DVD「3hree Voices」の宣伝が流れました。ドームライブで流れたのと同じです。

***

そしてついに3曲目「Intoxication」!ヽ(^。^)ノ いつもの黒い衣装に着替え、ダンサーさんを従えて登場したジュンちゃん。観客の熱狂は最高に高まりました!いや~、ジュンちゃんのパフォーマンスは、本当に素晴らしいの一言。どういうわけか、歌もCDで聞くよりライブの方が何倍もいいです。しなやかでキレのあるセクシーな身のこなし、熱唱なのにどこかスキッとしていて、よく制御している感のある歌声、まさに絶品でした!

***

歌い終えるとすぐさまアンコールの声が飛びました。最後にジュンちゃんが息を切らしながらあいさつ。

「東京ドームでライブがあって、今日はライブハウスで近い距離で皆さんに会って、嬉しいです。皆さんのおかけで幸せです。もっと頑張っていける原動力になったと思います。ありがとうございました」。

そしてジュンちゃんは歓声を背に退場。こうして1時間きっかりのイベントは終わりました。とてもほのぼのとした暖かい雰囲気のイベントでした。ジュンちゃんが本当に嬉しそうで、私も心が暖かくなりました。いろいろ難しい立場にあると思いますが、こうした一つ一つの仕事を積み重ねて、歌で誠意を見せていくしかないのでしょう。「3人ユニット」のドーム公演ではかなり複雑な思いを抱いた私ですが、やはりジュンちゃんには舞台に立っていてほしい。そう思いました。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-06-19 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(10)
c0127366_11665.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、ジュンス君が7日に韓国で開かれた「第4回ミュージカルアワード」で「新人男優賞」と「人気賞」を受賞したというニュースがありましたね(中央日報の記事はこちら)!私もこの結果が気になっていたので、受賞できてよかったです。上の写真は、世宗文化会館の前のレッドカーペットを歩く姿でしょうかね。とても晴れやかでスッキリした表情です。

世宗文化会館はとても立派な劇場で、ミュージカル「Mozart!」が上演された思い出の舞台(写真は4月7日付)・・・。ジュンちゃんも、さぞ感無量だったことでしょうね!

***

今後のミュージカル鑑賞の参考とするため、ちょっと賞についてまとめてみますね。(^。^)

今回「新人男優賞」にノミネートされていたのは、

・「ロミオとジュリエット」 エノック
・「ノートルダムのせむし男」 チョン・ドンソク、チェ・スヒョン
・「春のめざめ」 ジュウォン

など・・・とのこと。「春のめざめ」は昨年劇団四季で上演されたのを私も見ましたが、思春期の性をテーマにしたかなりの衝撃作です。韓国でも演じられたんですね!劇団四季(作品サイトはこちら)ではまた8月に名古屋、10月に京都で上演されるそうですので、関心のある方はご覧くださいね~。

***

人気賞(「BC Loun.G 人気スター賞」)の方は、

〈男性部門〉
・1位 キム・ジュンス(3505票) ※総投票数9526票
・2位 リュ・ジョンハン(449票)
・3位 ホン・グァンホ(352票)
〈女性部門〉
・1位 チョン・ソナ(2100票) 
・2位 キム・ソヒョン(678票)
・3位 ジェシカ(592票)

・・・とのことで、ジュンちゃんが桁違いの人気ですね!ちなみに女性部門の1位のチョン・ソナさんは「Mozart!」でジュンちゃんの相手役のコンスタンツェ役を演じた方で、これも「Mozart!」人気でしょうね~。ミュージカルファンのすそ野を広げたという点でも、ジュンちゃんの功績は大きいと思います!

***

Wow! Korea(こちら)によると、そのほかの賞は次の通り。

・最優秀創作ミュージカル賞 
・主演男優賞(チョン・ソンファ)
・演出賞
・音楽賞
・照明音響賞
・舞台美術賞
上記6冠を「英雄」が受賞。これは独立運動家・安重根(アン・ジュングン)をたたえた作品とのことです。

・小劇場創作ミュージカル賞 「スペシャルレター」と「洗濯」が共同受賞
・ベストリバイバル賞 「オペラ座の怪人」
・主演女優賞 キム・ボギョン(「ミス・サイゴン」)

***

この授賞式は、韓国ミュージカル協会と中央日報が主催とのこと。韓国のミュージカルは私も「ヘドウィグ」(3月1日付3月2日付)と「Mozart!」を見る機会に恵まれましたが、質、量ともにレベルが高いと思います!ユノ君主演の「宮」も9月8日からあるし、今後はミュージカル鑑賞も韓国旅行の楽しみになりそうですね!ああ、また韓国にミュージカルを見に行きたいな~。

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-06-08 23:58 | ニュース・話題 | Comments(6)
皆さま、アンニョンハセヨ~!エキサイトブログがTwitterに対応するようになったので、新たにブログパーツを貼り替えてみました。これをやったら記事の下に広告が出てくるようになってしまったのですが、何とぞご了承ください。携帯電話からだと、見た目は変わらないかと思います。<(_ _)>

昨日は帰宅が遅くなってブログの更新はお休みしましたが、アクセス数は過去最高でした。検索ワードは「jyj ライブレポ」。お越しくださった皆さまスミマセン、私は「J.Y.J」の京セラドームのライブには行っていないんです・・・。<(_ _)> 東京ドームは一日だけ行きますので、行ってきたらまたレポを書きますね!場合によってはあまり楽しくないレポになってしまうかもしれませんが、こうなったら率直に書かせていただこうかと思っています!

***

c0127366_23532912.jpg

さて、どこぞの国の王子様かと思いきや、我らが東方神起のユノ君のお写真であります!韓国でミュージカル「宮」に主演という記事がありました(k-plazaの記事はこちら)。9月8日、国立中央博物館所在の劇場ヨン(龍)で開催とのこと。

ユノ君は、「This is it」のロンドン公演が、主催者の都合で無期限延期になってしまったところですよね。Super Juniorのイェソンさん&ソンミン君、少女時代のジェシカ&テヨン、SHINeeのオニュ君など、SMエンターテインメントの仲間もどんどんミュージカルに挑戦してますよね。日本からもたくさんのファンが訪れることでしょう。3か月後に幕を開ける今度のミュージカルは、ぜひ成功させてほしいと思います!

***

さて、ミュージカルといえば、今日(6月7日)はジュンス君が韓国の「ミュージカル・アワード」の新人賞にノミネートされていて、世宗文化会館で授賞式が行われたのでした。結果はどうだったんでしょう?この日記を書いている時点では結果発表の記事を見つけられなかったのですが・・・。ユノ君のミュージカル出演の話題も、きっとこの授賞式に合わせて公表されたんでしょうね!

***

そして久しぶりにテレビの話題。ジュンちゃんの「Intoxication」プロモーションのテレビ出演はいくつもありましたが、今回のシングルは作詞や制作会社に私の関心が向いてしまい、テレビの話題はあまり取り上げませんでした。

そんな中、6月4日に日本テレビで放送された「ハッピーMusic」はとっても面白かったです!ヽ(^。^)ノ 番組サイト(こちら)にも紹介されていますが、今回「ハピもの」として取り上げたのが次の3つ。

・サンナクチ(たこの踊り食い)
・ポンテギ(蚕のさなぎ)
・ミュージカル「Mozart!」の台本

サンナクチは生のタコのお刺身みたいでしたね!料理提供はドラマ「素直になれなくて」のロケ地、「チェゴヤ」(5月3日付)とありました。ポンテギは、かつて「おしゃれイズム」に出演した時(09年3月22日付)でも取り上げてましたね!私はまだポンテギには挑戦したことがありませんが、試食したベッキーちゃんは「おいしい」と言っていたので、食べてみようか・・・という気になりました。(^^ゞ

c0127366_0325775.jpg

やはり面白かったのが、ジュンちゃん、ベッキー、エハラマサヒロの3人による即興ミュージカルでしょうか。ヴォルフガングとコンスタンツェのデュエット、「愛していればわかりあえる」を歌いました。

「ヤクソ~ケ ヤクソ~ケ ムスンイルイッソド ウリ~ハンケ~ハ~リ~ラ~」の部分をちゃんと韓国語で歌いましたね!ヽ(^。^)ノ 二人がいちゃいちゃしているシーンも、ただ突っつきあっているだけで可愛かった!本当のミュージカルでも、ここはとても微笑ましいシーンでしたが・・・(4月18日付)。

まあ今回は、久しぶりにジュンちゃんに笑わせてもらいましたよ~。この頃は、眉間にしわを寄せている顔ばかりでしたからね・・・。まあ、いろいろ事情があるんでしょうけど・・・。女子の好感度ナンバーワンのベッキーちゃんの持っていき方が良かったのかな。やっぱり、ジュンちゃんは笑っている方がいいです。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-06-07 23:59 | テレビ・ラジオ | Comments(10)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は仕事が休みで、一日ラジオを聴いていたriceMです!ヽ(^。^)ノ ニューシングル「XIAH」の発売日ということで、ジュンス君が生出演したラジオ番組も3本放送されましたが、すべてリアルタイムで聴くことができました。本日はその感想を書きたいと思います!

ちなみに、5月25日付のオリコンのデイリーランキング(こちら)では、「XIAH」は118,510枚を売り上げて2位。1位は354,403枚のAKB48だったんですね!まあ、これはかなわないのも仕方なし・・・。でも3位に7.5倍もの差を付けての大健闘でした!

***

では、番組の感想を少し・・・。(^。^)

★bayfm「BAYLINE GO!GO!」

bayfmは千葉のFM局。今日はbayfmで2本続けて生出演しました。番組サイト(こちら)には、さっそく今日の写真が掲載されていますね♪ この番組、今日出演した3本の中では一番充実していて、40分くらいずっと出ていたんです。

いろんな話題が出ましたが、まず「今回のシングル3曲にキャッチコピーを付けるなら?」という問いに対しては、「3曲とも違った雰囲気のある曲」と回答。「Intoxication」については「男性の異性に見せたい部分を歌った曲」で、「悲しみのゆくえ」については「男性の異性に見せたくない部分を歌った曲」とのこと。これはいい答え♪

「Intoxication」の作詞について、ここ数日このブログで追及(?)していますが、インタビューの中では、一言も詞については触れませんでしたね!作曲を手がけたことについては語っていたのですが・・・。韓国に帰っていた時、凍っている漢江(ハンガン)を見ていて、「kiss and touch me baby」の部分が浮かんだと語っていました。

この時ジュンちゃんが「kiss and touch me baby」の部分を一節歌ったのですが、いつもながらジュンちゃんの歌声にはしびれました。こういう時にもちゃ~んと歌うんですよね!歌詞についてまったく触れなかったのは、何か意図があったのか?それとも歌詞の内容がmake loveそのものなので、番組的に触れたくなかったのか・・・?謎です。

折しもこの作品のPVのロケ地は、ご当地千葉市美術館内の「さや堂ホール」(サイトはこちら)とのことで、千葉の話題で盛り上がりました。このロケ地もステキなところですよね!残念ながら有料で貸し出しをするのみで、通常は見学はできないとのことですが、昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物を美術館の中に復元しているとのこと、興味深いです!

***

★bayfm「RADIO SURPRISE!!」

おなじみ関根麻里ちゃんの番組。特集は「自分がカッコいいと思う瞬間」とのことで、ジュンちゃんは「シャワーを浴びてから濡れている髪の毛で自分を見る時」と回答。ムフフ、ナルちゃんですね(笑)。この番組ではなんと、自ら「Intoxicationというタイトルは、作詞したH.U.Bさんが付けた」と発言。ジュンちゃん、いいんですか???15分程の出演でした。かかった曲は、今日の番組はすべて「Intoxication」と「悲しみのゆくえ」の2曲でしたね!

***

★J-WAVE「ENTERTAINMENT EXPRESS」

この番組は、私も普段から聴いているなじみのある番組で、アンジャッシュの渡部建さんのDJぶりが好きなんですが、ジュンちゃん初登場ということで嬉しかったです♪ ヽ(^。^)ノ 10分という短い出番ながら密度の濃いトークでしたね!番組サイト(こちら)にも、今日の写真が出ていました。

一連の訴訟問題以来、「東方神起のメンバーとして・・・」とメディアで紹介するのは、まるで一切タブーとなっていたかのようでしたが、この番組では堂々と、「ジュンスさんは2005年に東方神起のメンバーとして日本デビュー」と電波に乗せてくれた(サイトにも記述あり)のが、ある意味痛快でしたね!

この番組では、ジュンちゃんが「Intoxication」の「作詞・作曲・アレンジも担当」としっかり紹介。ウウム、今日の3本の番組では「1.一切触れない」「2.H.U.Bさん作詞」「3.ジュンス作詞」と3つに分かれました・・・。(+o+)

***

思うに、「Intoxication」の作詞は、ジュンちゃんのイメージをもとにH.U.Bさんが作詞し、それを「Junsu」名義で出した、というのが正解っぽいですね。H.U.Bさんのお名前はクレジットには一切出ていませんが、最初からそういうことで作ったのであれば、ビジネス上の問題はないでしょう。

有名人の著作物も、いわゆるゴーストライターが書いたり、リライターが書き直したりということは、一般的に行われていますよね。有名人だからと言って、そのまま売り物になる文章を最初から書ける人は少ないためです。なので、そのこと自体には問題はないとは思いますが、普通はそういうことは伏せておくものだと思うんですよ・・・。

でもジュンちゃん、自分の名前で出しているのに「H.U.Bさんが作詞した」とバンバン語っちゃう。ジュンちゃんの中では、これは矛盾したことではないんでしょうね。思ったんですが、「目指すのは一つの欠陥もない完璧な美」であって、そのためには「整形手術は美しくなる努力として評価する」、「ダンス曲なら口パクOK」という感覚と似ているような気が・・・。これはちょっと言い過ぎでしょうかね。(^^ゞ まあ、決めつけちゃいけないとは思いますが・・・。お名前を出すことで、(クレジットにお名前のない)H.U.Bさんを立てているのかも知れないな、とも思ったり・・・。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ 
[PR]
by riceM | 2010-05-26 23:59 | テレビ・ラジオ | Comments(6)
c0127366_0451375.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、ブーブー文句を言いながらも、結局ジュンス君がXIAH junsu名義で出す初のシングルとなる「XIAH」を買ってきたriceMです!発売日前日ではありますが、仕事帰りにのぞいたお店では、すでにCDのみバージョンは売り切れで、DVD付きバージョンが1枚ぽつんとあるだけでした。

公式サイトによれば、500枚限定でジュンちゃんの直筆サインが封入されているそうですが、もちろん私のには入ってませんでしたよ~。今回は帯がイベント応募券にもなっていたりと、いつになく宣伝に力が入っていますね!まあ、今回は東方神起(トウホウシンキ)としての活動休止後、メンバー3人がエイベックスと専属契約を結んでから発表される初めてのシングル。注目が集まっている中、失敗はできませんもんね。

CDには、今まで日本で発売されるものにも入っていたSMエンターテインメントの「SM」マークはなく、代わりに「CJeS」のマークが・・・。これって、C=YuChun Je=Jejung S=JunSu の略、「チョンジェス」ってことでしょうか?これが3人が立ち上げた事務所の名前なのでしょうかね・・・。

「エイベックスと専属契約を結んだ」としながらも、ジュンちゃんがお兄さんのジュノ君のイベントに出たりしていますが、こういう活動は、エイベックスの仕事ではないようですもんね。やはり独自の活動をするための事務所を3人で立ち上げているんでしょうかね・・・。

***

今回、私が不思議に思っているのが、前回の記事のコメント欄でも書きましたが、「Intoxication」の作詞は誰がしたのか?ということ。前回の記事には「作詞・作曲 Junsu」と書きましたが、これはフジテレビ「MUSIC FAIR」のサイト(こちら)のセットリストにそう書いてあったからなんです。今日買ってきたCDの歌詞カードにも、「Lyrics, Music & Arrangement: Junsu」と書いてあるんですよね。

でも、コメントでいただきました通り、複数の雑誌のインタビュー記事には、「作詞はH.U.Bさん」と書いてある・・・。東方神起の主な曲は、だいたいH.U.Bさんが作詞されてますよね。私も気になったので、本屋さんでいろんな雑誌をざっと立ち読みして、確認してきました。(^^ゞ

音楽雑誌の歌詞についての記述を発売日順に整理すると、だいたい次のような感じでした。

『PATi PATi』 5/8発売
<歌詞は作詞家の方に世界観を伝えて作ってもらった>

『ARENA37℃』 5/10発売
<作詞はH.U.Bさん>

『CD&DLでーた』 5/14発売
<いろんな方に手伝ってもらった> ※作詞Junsuと明記

『WHAT's IN?』 5/14発売
<H.U.Bさんが手がけた歌詞>

『Songs』 5/15発売
<H.U.Bさんの作詞>


ウウム・・・。これは・・・???(+o+) H.U.Bさんと明記しているのが3誌、「作詞家に書いてもらった」としているのが1誌、作詞Junsuと明記しているのが1誌。ちなみに、今日放送されたFMヨコハマ「tre-sen」では、ジュンちゃんは自分で「アレンジと作曲をしました」と答えてたんです。作詞をしたとは、確かに言ってなかったなあ・・・。

となると、歌詞カードが誤植なんでしょうか?私はDVD付きの方しか持っていませんが、CDのみバージョンとか、Begeast盤はどうなっているのでしょうか?すごく気持ち悪いので、何か情報をお持ちの方、コメントよろしくお願いいたします。<(_ _)>

***

ちなみに、今日放送のFMヨコハマ「tre-sen」では、正味15分ほどの出番で、「Intoxication」と「悲しみのゆくえ」が流れました。「Intoxication」は、ミュージカル「Mozart!」出演中に作曲したことや、キャンペーンでジュノ君とシンガポールへ行ったことなどが紹介されました。番組ブログ(こちら)に「かけるかな」コーナーでジュンちゃんが書いた絵が掲載されています。

***

では、今日はなんとなくモヤモヤしてますが・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2010-05-25 23:59 | テレビ・ラジオ | Comments(6)
c0127366_23594485.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!昨日は風邪でダウンしまして、更新をお休みしたriceMです!<(_ _)> まだおなかの具合は本調子ではありませんが、おかげさまでだいぶ回復しました。気温の変動の激しい今日この頃、皆さまもご自愛くださいませ・・・。

さて、上の写真は先日コメント欄で場所を教えていただきました(5月18日付、あんずビン様、ありがとうございました)、ユチョン君のBeeTVの宣伝の看板です。新宿駅の地下鉄通路に4か所見えますが、これがいわゆる「動く看板」なんです。ポスターが数枚、絵巻物のように縦につなげてあって、数十秒おきに4本同時に上から下へサッと流れるんです。それで次々と違うポスターが表面に現れるという、アナログながらも実に視覚効果の高い(笑)広告ですね!

c0127366_0104620.jpg

もう少し拡大したのがこれ。久々にユチョン君の話題が書けてうれしいわ~。ヽ(^。^)ノ

***

c0127366_0132945.jpg

さて、場所を移しまして、続いては渋谷でございます。ニューシングル「XIAH」の発売を26日に控えたXIAH junsu様の縦看板でございます。今回のプロモーション、いまだかつてないほどお金がかかってますよね!今まで、シングル発売で渋谷のこの場所に看板が出たことあったんでしょうか?ファン歴2年余りの私の知る限りでは、この2年、シングルではここに看板が出たことはないのでは・・・?

ちなみに、「看板・衣装ウォッチング」というカテゴリを新たに設けましたので(笑)、過去の看板にご興味のある方は、このカテゴリをクリックして見てみてくださいね~。ヽ(^。^)ノ

c0127366_0202062.jpg

拡大するとこんな感じ。間近で見ると、ジュンス様がとっても大きく見えます!先生、目がちょっとコワイです!(+o+) そういえば、今回は6月18日に発売記念イベントまであるんですよね!大変な力の入れようです。実はあのエロエロな「Intoxication」が「作詞・作曲 junsu」ということで、かなり気持ちが引き気味なのですが(汗)、このままズルズルとおまけ商法に載せられちゃうかも・・・。(^^ゞ

***

ジュンちゃん、日曜日の深夜には、テレビ東京の「月刊MelodiX!」に登場しましたね。南海キャンディーズの司会によるこの番組、かつてはジェジュン君とユチョン君が登場しました(09年9月27日付)。二人でボケとツッコミを演じたりしてとても楽しかったです。ジュンちゃん一人の今回は、「はなまるカフェ」風のトークでしたね。

「最近覚えた日本語」では「黒字と赤字」。MUSIC FAIRとネタが同じでしたね!最近ほしいものは「ベッドテーブル」。お気に入りの場所(でしたっけ?)はドン・キホーテ。ドンキでピカチュウの着ぐるみを買って冬に着ているとか・・・(本当かな?)。でもドンキといえば、今までユノ君のネタだったと思うんですけどねえ・・・。「しゃべくり007」(09年3月30日付)でドンキのテーマソングを歌ってたユノ君の姿が懐かしい・・・。(+o+) 今度ユノ君が来日する時には、ゆっくりドンキで買い物する時間が取れるといいですね!

***

スミマセン、取りとめのない内容で・・・。明日からは連日、ジュンちゃんがラジオに出るんですよね!まあこれも、無理のない範囲で聴いてみよう・・・。

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2010-05-23 23:59 | 看板・衣装・サイン展示 | Comments(12)
c0127366_0484622.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は国立代々木競技場第一体育館で「Girls Award 2010」というイベントが開かれ、ジュンス君が出演したんですよね!さっそく各紙に記事が出ていましたが、盛況だったようで・・・。オリコンスタイルのサイト(こちら)には、女性ダンサーとのちょっとドキッとするような写真も掲載されてました。(^^ゞ 「Intoxication」と「XIAHTIC」でトリを務め、1万2千人の観客を魅了したとのこと。

今回のイベントは、若い女性向けのファッションと音楽の祭典ということで、イベントの対象年齢外(笑)だし、ジュンちゃんの出番も何分もないだろうと踏んで、私は見に行かなかったんです。でも会場の雰囲気だけでも味わってこようと思い、外出ついでに山手線を原宿で途中下車して、会場の周りだけ見てきました。(^^ゞ 冒頭の写真がイベントの看板です。

私が行った時はすでにイベントが始まっている時間だったので、会場の周りには会場係の黒いスーツ姿の若い人たちが手持無沙汰にたくさん立っていました。(^^ゞ

c0127366_056157.jpg


***

さて、今日はイベント出演とともに、テレビでも新生「XIAH junsu」の歌番組初オンエアがありました。フジテレビ「MUSIC FAIR」、東方神起のメンバーとしてはジェジュン&ユチョンの活動の時(09年9月26日付)以来、ジュンちゃんとしては約1年前の東方神起特集(09年6月20日付)以来・・・。実に久しぶりです。

「MUSIC FAIR」の楽しみは、意外な出演者同士の取り合わせの妙ですが、今回は演歌をはじめ、ポップス、フォーク、ヒップホップなどさまざまなジャンルの女性歌手と、黒1点、ジュンちゃんのコラボレーションでした。今回は出演者が「藤あや子 / MINMI / JUJU / XIAH junsu / 城南海 / 熊谷育美 / cossami」の7組と多く、2週に分けてオンエアされるんですね。

冒頭は、今年29回目の命日を迎えるボブ・マーリーの「No Woman, No cry」。レゲエナンバーです。さすがジュンちゃん、女性と同じキーの高さで、空気をぱっと変えるような見事な熱唱でした。

***

トークでは、「今回レゲエを初めて聞いて、初めて歌った」と話すジュンちゃん。あれっ???「Box in the ship」は???あの曲は「レゲエ初挑戦」だったのでは・・・。(>_<) ちょうど1年前にはアリーナツアーで「オーエ・オ・エオ・エオ・エオ」とみんなで歌っていた(09年5月29日付)のに~。(>_<) 

また藤あや子さんからは、「ハイトーンでハスキーな声は、子どもの時からなのか」と質問がありましたが、この質問にはお茶を濁してあまり答えませんでしたね。これには変声期が長く続いて声が出ない時、練習しすぎて声をつぶしてしまったという、涙涙のエピソードがあるんですよね。

6年間ものSMエンターテインメントの練習生時代のうち、3年間も声が出なかったのに、自分を信じて東方神起のメンバーに加えてくれたイ・スマンプロデューサーへの感謝。今までだったらインタビューでも答えていたものでしたが(09年5月2日付)・・・。

でも相変わらずオヤジギャグは求められて、「今は封印している」としながらも、「おしりペンペンボールペン」と「登れない山、青山」の古典を披露。(^^ゞ 最近覚えた日本語が「黒字と赤字」。この言葉を話していたスタッフの方々は、どんな状況でこの言葉を使っていたのでしょうかね。経営再建中のエイベックス、制作予算も厳しいのでしょうか・・・。

***

そしていよいよ歌番組初披露の「Intoxication」。4人の男性ダンサーを従えて、相変わらずの熱唱でしたね!ジュンちゃんのボーカルスタイルも多彩になって、今までにない高音の出し方をしてみたりしていました。これはミュージカル「Mozart!」の出演で身に付けたものなのでしょうか。パフォーマンスのクオリティの高さには圧倒されます。

ただ難を言えば、コーラスが自分の声、というのがちょっと寂しいかな・・・。それとダンスも、バックダンサーを従えて5人で踊ってはいるけど、ジュンちゃんがずっとセンターにいて、皆同じ振り付け・・・。ジュンちゃんには申し訳ないけど、歌詞も曲もあまり個人的には好みの範疇じゃなくて・・・。ゴメンナサイ。<(_ _)>

は~、スミマセン、書いているうちにだんだんネガティブになってしまいましたね。でも私は、やっぱりまだ頭の切り替えができなくて、何を見ても過去の記憶がよみがえるし、5人の活動の時と比較しちゃうんですよね。このあたりは、過去の記憶の量が多い人ほど切り替えが難しいだろうと思うし、何を彼らに求めているかによると思うんですよね。

私は基本的に「音楽ファン」なので、日本の活動と韓国の活動は音楽的にまったく別物だと思うし、ボーカル、コーラス、ラップにダンスが調和した5人でやる音楽と、ソロでやる音楽はまったく別物なんですよね。それでも、メンバー一人ひとりのファンでもあるので、もちろんジュンちゃんの活動も応援していきたいとは思っていますが、音楽的な面ではあまり聴かない曲というのも、今後は出てくるのかな・・・という気がしています。これも仕方ないですね・・・。

***

過去を振り返っていてもしょうがないのかもしれませんが、過去があるから今があるわけだし、5人の活動が「なかったこと」になるのは悲しいです。スミマセン、長々と書いてしまいました・・・。<(_ _)>

では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2010-05-22 23:59 | テレビ・ラジオ | Comments(8)
c0127366_0321344.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!4月最後の一日、いかがお過ごしでしたでしょうか・・・?(^。^) 今日はとってもいいお天気で、お散歩にぴったりの日でした。先日、用事があって表参道へ行ったのですが、若葉が色鮮やかでキレイでしたね~。上の写真は、歩道橋の上から見た景色です。

c0127366_0454733.jpg

表参道ヒルズの向かい側にある河合楽器。ここにはとてもキレイな珍しいピアノが陳列してあるので、通りかかるとウインドー越しにじ~っとのぞいてしまうのですが、上の写真の手前にあるクリスタルのピアノを見て、先日の「non-no」で蜷川実花さんの撮影によるグラビアに東方神起が登場した時(3月6日付)、ユチョン君がKAWAIの透明なクリスタルのピアノにもたれていたのを思い出しました。

帰宅して確かめてみたら、この日表参道に陳列してあったのは、同じクリスタルグランドでもCR-30というちょっと近未来風のデザインで、ユチョン君の撮影に使われていたのはCR-40Aというクラシカルなデザインのピアノでした。透明なピアノとユチョン君、絵になりますよね♪ KAWAIのサイト(こちら)によると、今は名古屋店にCR-40Aが展示されているようです。

***

c0127366_133139.jpg

雑誌と言えば、ジュンス君の記事が、現在発売の「ELLE」と「ハーパース・バザー日本版」に出ていますが、ケチな私は「ELLE」は立ち読みで(スミマセン)、「ハーパース・バザー日本版」の方だけ購入しました。読み比べてみると、「ELLE」の方がインタビューがあるので読みがいはありますね!

でも、「ELLE」でジュンちゃんが今後のことについて質問されているくだりは、読んだ後一抹の寂しさもありましたね・・・。法的な問題を抱えていて、身の振り方が定まっていない(ように見える)今の彼らに、「今後」を聞くのはちょっと酷な気がしました。30歳になったら「後進をプロデュース」、40歳になったら「歌の好きなオヤジ」になる・・・。う~ん、本音はどうなんだろう?という印象を持ちました。写真はモードな写真のほかにも思い切り笑った表情のもあって、全体にきりっとしまったジュンちゃんの姿が見られました。

一方、「ハーパース・バザー」は、女優で写真家としても活動されているという松田美由紀さんの撮影したグラビア。ジュンちゃんの、赤ちゃんみたいにきれいな肌の温かい質感が出てる写真です。写真撮影では常にカリスマ全開のジュンちゃんも、今回は松田美由紀さんの撮影で終始はにかんでいたそうですが、そんなちょっとした照れを感じましたよ♪ こういうふとした表情を引き出すのが、写真家の力量なのでしょう・・・。

***

ちなみに、なぜケチな私が「ハーパース・バザー」だけを買ったかというと、映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」(SATC2)の特集だったからなんです。(^^ゞ 「ELLE」も1号ずれていれば、SATC2特集とジュンちゃんのグラビアが重なったんですけどね~。アハハ・・・。(^^ゞ

SATC2の公開はユチョン君の誕生日、6月4日から・・・。こちらも楽しみです♪

では今日はこれで・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-04-30 23:59 | 新聞・雑誌 | Comments(6)
c0127366_013318.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~。昨日はブログをお休みしましたが、新宿に出没していたriceMです!上の写真は皆さまおなじみのドラマ「素直になれなくて」の看板ですね。新宿の地下街のミロードに入るところの近くにあるものですが、雑踏の中携帯で写真を撮ってみました。

でも土曜日の午後とあって人波が途切れず、何度か試してやっとこんなのを撮れました。(^^ゞ おばけみたいに通行人の方が入ってしまいましたが、逆にリアルな写真かも・・・。(^^ゞ

***

ではここから、Mozart!観覧ツアー参加記の続きです。(^。^)

ミュージカル鑑賞、第1幕のあとに20分の休憩をはさみました。どんな方々が見に来ていたのかと見渡してみると、観客はジュンス君のファンがやはり多かったんですが、ローティーン中心のふだんのコンサートよりも年齢層は若干高めで、20代くらいの人が多かったと思います。ですので、割と雰囲気は落ち着いていたのではないでしょうかね。

休憩時間にトイレに行った方によると、1階席にはジュンちゃんのご両親とジュノ君が見に来ていて(そういえば今日のジュノ君のショーケースはどうだったんだろう?)、ファンに囲まれていたりしていたようです。

***

では、第2幕で印象に残った曲をピックアップしてみます。(^。^)

<第2幕>

1.ここはウィーン / シカネーダー 他
とても華やかな第2幕のオープニング。舞踏会の場面なのかな?とにかく衣装がとってもきれいで目を奪われました。今回の衣装を担当したのは福島悦子さんという日本人の方なんですよね。着物や帯地もさりげなく使われたそうです。福島さんのブログ(「Mozart!」関連の記事はこちら)に、苦労話や関係者の目から見たミュージカルの感想などが写真とともに紹介されています。(^。^)

2a,c.愛していれば分かり合える / ヴォルフガング、コンスタンツェ
二人の美しいデュエット。とてもきれいな曲でウットリ・・・。子どものようにじゃれあう二人、ジュンちゃんがコンスタンツェのおでこにチュッとするのもかわいかったです。(*^。^*)

7b.神よ、何故許される / コロレド大司教
ユン・ヒョンニョルさんのソロ。迫力ある歌声が素晴らしかった!ちょっとファンになったかも・・・。(*^。^*)

9c.何故愛せないの / ヴォルフガング
ジュンちゃんのソロ。「なぜ愛せないの・・・」と苦悩を朗々と歌い上げているのですが、曲は明るいバラードで、メインテーマの「僕こそ音楽」にメロディがつながってますね。

***

最後の曲は第1幕の終わりにも歌った「影を逃れて」で、ベットに横たわったヴォルフガングが死んでしまうんです。(>_<) 唐突にバタッと終わって、「えっこれで終わり?」という感じだったんですが、すぐさまカーテンコールに入りました。

その途端、観客がカメラを出して撮りまくり!フラッシュ光りまくり!普段のミュージカルでは、韓国ではカーテンコールは撮影してもいいことが多いそうですが、今回は本当はダメだったんです。係の方が制していましたが、カメラを出す人が多すぎて注意しきれないという感じでした。

私はこんなところで人から注意されて嫌な思いをしたくなかったのと、肉眼でしっかり見ておきたかったので、カーテンコールの写真は撮りませんでしたよ♪ キャストが舞台に勢ぞろいした様は壮観。主演のジュンちゃんも、舞台を上手下手に行き来してあいさつ。「僕こそ音楽」の一節を歌いました。第1幕では歌わなかった一オクターブ上げるところも、カーテンコールの時には歌ってくれましたね。

とにかく、ジュンちゃんの熱演、それを支える頑張りが伝わってきたのと、他の出演者の素晴らしさに感動して、私も半ば放心状態で拍手を送りました。ずっと静かに見ていた観客も、この時はスタンディングオベーションで、大きな声で声援を送ってましたね。割れるような拍手と客席の盛り上がりもすごかったです。

***

ようやくここまで参加記もたどり着きました・・・。では続きはまた・・・アンニョン!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2010-04-18 23:59 | 舞台・ミュージカル | Comments(6)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM