タグ:★大国男児 ( 29 ) タグの人気記事

皆様、アンニョンハセヨ~!本日は、久しぶりに大国男児について書いてみたいと思います♪ 大国男児はこの1年、ずっと日本を拠点に活動していて、3枚のシングルを発表しました。それはそれで、日本に住むファンとしては身近に見る機会があってよかったのですが、韓国活動が途絶えているのがちょっと心配でした。

日本に進出している韓国歌手にも、いろいろなパターンがありますよね~。たとえば、

1.かつての東方神起のように完全に現地化政策を取ってJ-POPを歌っているパターン(大国男児、超新星、SHU-Iなど)
2.最初は韓国の代表作を日本語に訳して出して、徐々に日本向けの楽曲を入れていくパターン(KARA、少女時代、SHINeeなど)
3.韓国の曲に日本語の歌詞をつけて出すパターン(2NE1など)
4.日本デビューのほうがインディーズで先行しているパターン(CNBLUEなど)
5.韓国の活動はしていないが、日本ではデビューしているパターン(JUNO)

・・・などなど、ほかにもいろんなパターンがありそうです。

大国男児の場合、1の現地化政策パターンが徹底していて、韓国の姿と日本の姿が別人みたいなんですよね。歌う曲も日本では完全にJ-POPで、ファン層もジャニーズ系アイドルと重なっているようです。なので、私のような韓国の大国男児が好きな者にとっては、日本の曲はあまりなじめないという・・・。(^^ゞ

なので、本当に今回の韓国カムバックはとっても嬉しいです!ヽ(^。^)ノ タイトル曲は「Lady」という本格的なR&Bっぽいバラードで、5人のコーラスが素晴らしいです!ちょっと2AMが歌うような感じの曲ですよね♪ 

ヒョンミンのハスキーボイス、アイドルとは思えぬ渋さです。JAYもすっかり大人っぽくなっているし、歌も冒頭部分しかソロパートはなさそうですが(汗)、ちゃんと歌ってますね~。インジュンは長髪が似合っているし、歌い方もやわらかくていいですよね♪ カラムは痩せたかな?高音がきれいです。そしてミカ様~~!相変わらずの華のある歌いっぷりで、これはステージパフォーマンスが早く見たいわ!ヽ(^。^)ノ



では今日はこれで・・・アンニョン♪ ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2011-10-27 22:59 | CD・DVD・音楽配信 | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!お彼岸の三連休、いかがお過ごしでしたでしょうか?(^。^) 私はヤボ用であまりお墓参りもできませんでしたが、また再来週には体育の日の三連休があるので、その時には帰省したいなと思っています。(^。^)

このところ、ず~っとライブやイベントのレポを書いてきたのですが、ついにそれも途切れたんですよ・・・。もう年内はライブやイベントの予定がまったくないです!(>_<) U-KISSの日本デビューは「冬」とだけ公表されていますが、いったいいつなんだろう~???

東京では11月3日に開かれる、東方神起の「TONE」リリース記念イベントが当たればいいんですが・・・。でも金欠なもんで、Aバージョンしか頼んでないんです。特設サイト(こちら)によれば、9月27日(火)12時からイベントの応募ができるとのこと。もうすぐじゃん!28日(水)がアルバム発売日ですもんね!楽しみだ~!ヽ(^。^)ノ

***

しばらくは、このブログも彼らの日々の活動を追っていくことになりそうです。東方神起の活動がいったん休止している間、いろいろなK-POPグループをチェックしてきましたが、活動が復活してからは、また東方神起が本流に戻ってきた感じかな?ただ今までと違って、どっぷり日本に浸った活動ではないので、なかなか直接自分で体験して書ける話題は少ないんですよね。

一方、東方神起不在の間、私の中でめきめきと存在感を増したのがU-KISSです。これも、「MADE IN BS JAPAN」の出演があったり、日本でエイベックスと契約したり、3か月も大阪に滞在したりと、接する機会が多かったからだと思います。しかも韓国活動もがっつりやってくれているので、歌番組での活躍も見られてありがたいです。今日の人気歌謡のU-KISSの映像をお借りします。<(_ _)>



私は大国男児も好きなんですが、彼らの場合は韓国活動が全然なくなってしまったのが悲しくて・・・。矛盾するようですが、日本で活動してくれるのはうれしいし、とってもとってもありがたいのですが、やはり楽曲やパフォーマンスは、韓国製のものが見たいんですよね・・・。大国男児、韓国カムバックはいつかやらないのかな?JAY君が最近韓国で、映画デビューしたというニュースは見たのですが・・・(財経新聞の記事はこちら)。

***

さあ今週は東方神起ウィーク、楽しみです!とりとめのない内容になってしまいましたが、こんなところで・・・アンニョン♪
[PR]
by riceM | 2011-09-25 23:59 | ニュース・話題 | Comments(2)
c0127366_054348.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、セブンネットショップで予約した『ローリングストーン日本版』(7月2日付)をようやく手にしたriceMです!セブンネットショップだと送料がかからないのはいいんですが、納期がちょっとかかってしまうのが難点ですね~。でも特典のポスターも付いているし、これと併せて東方神起認定商品の冷麺や姉に頼まれた東方神起ファイルなどを買って、店頭でクジを引く権利を得ました。カップスープが当たってちょっと得した気分です。ヽ(^。^)ノ

で、記事の内容ですが、いや~、これ、買ってよかったです!ヽ(^。^)ノ 冒頭6ページのインタビューとグラビアですが、写真がとっても!とっても!カッコいい!!!ヽ(^。^)ノ ワイルドかつセクシーでありながら、キリッとした清潔感が漂っています。

音楽雑誌だけあって、インタビューの内容も日韓のポップシーンの違いとか、表現者としてのこだわりとか、アーティストとしての面にスポットを当てていますね!「目標とする表現者は?」という質問に対して、ユノは「マイケル・ジャクソン」、チャンミンはイギリスのシンガー・ソングライターの「アデルさん」を挙げています。「Someone like you」という曲を聴いて、彼女のファンになったと・・・。切ない歌詞を押さえて表現しているところが素晴らしいとのこと。

たまたま今日見た大国男児のスタッフブログ(こちら)でも、大国男児のヒョンミンの最近お気に入りのアーティストがADELE(アデル)だったというのを読んだんです。私も興味を持ち、YouTubeで調べてみました。チャンミンとヒョンミン(名前も似ている・笑)、共通点を見つけて嬉しいです。ご参考までにアデルの「Someone like you」の動画を貼りますね~。



***

で、この雑誌を買ってよかったと思ったのが、なんと東方神起の記事に続いて我らがU-KISSのインタビューが!ヽ(^。^)ノ 写真は使いまわし(汗)ですが、なかなか興味深いインタビュー内容です。韓国では結果が出ないと評価されない、とにかく日本でトップに立ちたいという彼らのやる気マンマンな熱意を感じましたね♪ 

それとちょっと「オヤ?」と思ったのが、フンの「みんなアイドルとして頑張って頂点に立って、その後自分の夢をかなえたいんだと思います」という言葉・・・。フンは「U-KISSで頂点に立ったら、その後はゆっくりと演技のほうへ行きたい」とのこと。兵役のある韓国では、男性がアイドルとして活動できるのは若いうちだけ、という意識があるのでしょうかね???

あこがれの人について、ケビンが「東方神起さんです。東方神起さんが頑張ってくださったおかげで、僕らにもこういう機会があると思っています」と答えてくれているのも嬉しいですね!日本では同じエイベックスの所属アーティストということになりますもんね♪

***

では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-07-11 23:59 | 新聞・雑誌 | Comments(5)
c0127366_0531278.jpg

みなさま、アンニョンハセヨ~!本日は書店で、東方神起が表紙の雑誌「an-an」の大きなポスターを見かけたriceMです!発売日は7月6日、このブログを書いている時点で日付が変わってしまったので、もう今日発売なんですよね~。

今さら遅いかなと思って予約はしなかったんですが、この写真を見たら購買意欲がムクムクと湧いてきてしまいました。(^^ゞ 『ローリングストーン日本版』(7月2日付)の男くさ~い写真とは打って変わって、なんとキレイでナチュラルな姿!ヽ(^。^)ノ

シネマトゥデイのサイト(こちら)に掲載の記事の一部によれば、再始動後の半年間、ユノは「幸せです!」、チャンミンは「……忙しい! でも休みたくはないです」とのこと。

思えば一昨年の7月、忘れもしないメンバー3人の訴訟のニュース。あの日を境に本当にいろいろなことがありましたが、今まで以上の姿で華麗にカムバックできて本当に良かったと思います!忙しくて大変そうですが、これからも快進撃を続けてほしいと思います。

***

で、私がふと目を留めたのが東方神起の3行下、少し小さい活字で書かれた「大国男児」の文字・・・。大国男児が「an-an」にちゃんと取り上げてもらえるのは、ひょっとして今回が初めて?

大国男児の情報は、おそらくモバイルサイトが一番いろいろ掲載されていると思うのですが、スマートフォンにしてから見られなくなってしまったんですよ~。(~_~) ファンクラブのサイトも韓国サイドで作っているのだかなんだかよく分かりませんが、メディア情報はあんまり載らないんですよね。

あとはソニーミュージックのサイトもありますが、すべての媒体まではフォローできていないようなので、このあたり不確かですが・・・。明日、まずはちょっと立ち読みしてから、良さそうだったら買ってみようかと思います。

***

c0127366_1172974.jpg

突然ですが、ビスコンティ監督の映画「ベニスに死す」(1971)より、セーラー服の美少年、タジオの姿です。前回の記事で書いた大国男児のミカ様のセーラー服姿を見ていたら、「ベニスに死す」を思い出したんですよね~。(*^。^*) ウフフ、なんだかとっても耽美的だわ~。ミカ様のジャケカ、私はとっても気に入っております~。

では今日はこれで・・・アンニョン♪
[PR]
by riceM | 2011-07-05 23:59 | 新聞・雑誌 | Comments(6)
c0127366_0255073.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!大国男児の爽やかなCDのお写真でご挨拶のriceMです!(^。^) もう2週間経ってしまいましたが、6月18日(土)に川崎ラゾーナで開かれた「大国男児『Love Bingo!』CD発売記念イベント ライブ&Love交換会」に行ってまいりましたので、簡単に記録を残しておこうと思います。

***

ふだんほとんどJ-POPを聴かない私も、大国男児だけは別・・・。そう、日本でリリースしている大国男児の曲は、完全にJ-POPなんですよね。2ndシングルとして発売された「Love Bingo!」、沖縄の海をバックにポーズをとる5人の姿を見ると、「Summer」の東方神起がダブりますわ・・・。ジャケットサイズのカードがランダムに封入されているところも、かの5人組を思わせますね~(手前はミカ様のジャケカです)。

大国男児のCDは、デビューシングルの「Love Power」の時(4月12日付)と同様、CDのみバージョンを買うとカップリングが2曲入っているのが良心的でいいです。なので、まだシングルを2枚しか出していないのに、オリジナル曲は6曲リリースされているということになるんですよね♪ 私のようにとにかく曲をたくさん聴きたいというファンにとってはありがたいです。

カップリングの「MAGIC」と「夏の記憶」、両方とも「時の流れ」や「追憶」という言葉が思い浮かぶような、懐かしい感じのバラードです。ちょっと大人しい印象の楽曲ではありますが、何度も聴いているうちに良くなってきましたね♪ 

***

さて、川崎ラゾーナに着いた時にはかなりの雨!ライブ開始の1時間近く前に会場の広場に着きましたが、雨の中たくさんのファンがすでに待っていました。1時からの部を見た方が、そのまま4時の部まで残っていたりしたようですね!

よく見ると、事前に公式サイトに告知があったのですが、私はそれに気がつかなくて、当日レインコートを持っていかなかったんです。これが今回の最大の失敗・・・。前の方では危ないし見えにくくなるということで、傘が差せなかったんです。それでちょっと離れた高いところでライブが始まるのを待ちました。

***

まずは1曲目にデビュー曲、「Love Power」を歌って登場。歌が始まったら、通りすがりの買い物客も足を止めて、広場はすぐに人でいっぱいになりました。ホントにメンバーは見るたびに成長している感じで、まさに「ステージマナーがいい」というんでしょうかね。観客を楽しませようという気持ちがあふれているように感じました。ヽ(^。^)ノ

確かここで挨拶とか曲紹介とかあったと思うのですが(今回はメモを取っていないので記憶が定かではなくてスミマセン)、2曲目には今回のシングルのカップリング曲、「MAGIC」を歌いました。ミディアムテンポの落ち着いた曲ですが、こういう曲でも大国男児はちゃんとダンスをしてくれるのがいいですね♪ ダンスを見て、この曲の印象がはつらつとしたイメージに書き換えられました気がします。

そして早くも最後の曲、3曲目に新曲「Love Bingo!」を歌いました。この曲は明るくて、ダンスもちょっとコミカルな感じなので、ファンも声援を送って一緒に盛り上がりました。雨の中、手にボードを持っている人が多かったです。

***

引き続き、「Love交換会」が始まりました。要は、握手やハイタッチの代わりに、両手で作ったハートでメンバーとタッチするというものなんですが、これ、メンバーが考えたそうなんですよね。ずっと手でハートを作っていなくてはならないので、大変だったのではないかしらん・・・。(^^ゞ

私も列に並んで、メンバー全員とハートで「Love交換」。デビューシングルのイベントの時(4月17日付)と比べて思ったのが、メンバーのファンサービスが良くなっている!ヽ(^。^)ノ 

もちろん、今までも決して良くなかったというわけではないんですが、ちょっとした合間にもファンに話しかけたり、笑顔で手を振ったりと、休む間もなくずーっと長時間笑顔でファンに接しているんです。末っ子のジェイ君だけはちょっと疲れてしまったのか、私の番の時は若干元気がないように感じましたが、ヒョンミンもインジュンも笑顔、カラムは一人ひとりのファンに声をかけていたし、ミカ様はいつもの優しいおっとりした物腰・・・。

特に近くで見て、男前度が上がったと思ったのがインジュン!彼らもまだまだ成長期、親戚のおばさんのようなコメントですが、これからの成長と変化が楽しみです♪

***

では今日はこれで・・・アンニョン♪
[PR]
by riceM | 2011-07-04 23:59 | K-POPイベントレポ | Comments(6)
皆さま、アンニョンハセヨ~!明日15日は大国男児の2ndシングル、「LOVE BINGO!」の発売日なんですよね~。我が家には今日届いたのですが、届いた品が不良品なのか、一応再生はできるんですが、iPodに取り込もうとしても曲名が表示されないんですよ~。(>_<) おそらくCDに書き込まれているテキストデータに不具合があるんだと思うんですが・・・。通販で買ったので交換も面倒だし、どうしようか悩み中です。

そして調べてみたら、BEASTの2ndシングル「BAD GIRL」も、同じく15日が発売日なんですね~。この曲は韓国ですでに発売された曲の日本語版ですが、PVを見たらなかなか爽やかで良いではありませんか!

BEASTは日本デビューが震災直後の3月16日だったということで、デビュー作は十分なプロモーションができなかったのではないかという印象があります。「BAD GIRL」では、韓国の時とはまた違った爽やかなイメージで頑張ってほしいですね♪ PV貼らせていただきます。



***

さて、以上が長い前置きで、以下が東京伝説2011(2011/5/14@さいたま)第1部参加レポの続きです。(^。^)

F.T.Islandに続いて二番手に登場したのはBEASTです!(^。^) メインステージからセリ上がって登場し、まずは「Special」を歌いました。前々回の記事(6月12日付)で書いた桂由美ブライダルファッションショーの時は、「Special」、「息」、「Beautiful」の3曲を歌いましたが、今回は「Special」、「Shock」、「息」というラインナップでした。

今回は「Shock」も前奏の長いリミックスバージョン(?)で、歌い方もいつもと違う感じでとってもカッコ良かったです!「Shock」は日本でのデビュー曲となりましたが、やはりBEASTの名刺代わりの一曲と言っていいのでしょうかね。東京伝説では日本語バージョンだったか、ちょっと記録が残っていないのですが、おそらく日本語だったかと思います。(訂正:日本語ではなかったようです。コメントありがとうございます)

2曲歌ったところでトークタイム。今回のライブはチャリティを目的としたものということで、被災された方へのお見舞いの言葉と日本のファンへの励ましのメッセージがありました。

***

パフォーマンスの住めくくりは「息」。中央のステージに出てきて歌いましたが、若干動きや歌に緊張の感じられた「Special」、「Shock」と違って、パフォーマンスはこの曲が一番良かったと思います。ヨソプの声もよく出てましたよ~。これまたPVを貼らせていただきます。<(_ _)> (これに出ている女の子もA-Pinkかな?)



***

では続きはまた・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-06-14 23:19 | K-POPイベントレポ | Comments(6)
c0127366_0532347.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、毎週水曜日発売のタブロイド紙、「韓Fun(カンファン)」を初めて読んだriceMです!本当は東方神起が表紙を飾った創刊号が出た時に見たかったんですが、あいにく気づくのが遅くてお店には置いておらず・・・。今回の第4号も表紙が東方神起で、5月14日の「東京伝説2011」の特集ということで迷わず購入しました。

発行はフジサンケイグループのサンスポで、1部300円、週刊のタブロイド紙というのが新鮮ですよね~。グラビアのキレイな月刊誌もいいですが、週刊紙は新しい話題がタイムリーに読めるというのがいいですね!今までこういったタブロイド紙といえば、競馬新聞とか「週刊つりニュース」くらいしか店頭で見かけませんでしたが、韓国エンタメをテーマにして発行したという目の付けどころがいいと思います。

***

東京伝説については、私も5月16日付で簡単に感想を書かせていただきましたが、「韓Fun」では巻頭ページで特集。私が見ることのできなかった2部の東方神起のステージの様子が分かって良かったです。

読んでいたら、東方神起の単独ライブへの期待が高まりましたね~。チャンミンが強引に先に進行しようとするくだり、「ライブには流れというものがありますから・・・」の名言を生んだ、かつての4thライブツアーを思い出しましたよ・・・。(ToT) 「いつか行われるかもしれない、僕たちのツアーで・・・」というチャンミンの発言、これは遠からず実現するんじゃないかと期待します!

***

それに二人から「ビギストありがとう!」という言葉もあったとか・・・。真っ赤なタオルとペンライトの海を見て、ユノとチャンミンも、これからの活動について心強く思ってくれたなら嬉しいですね!それはやはり、2年前とは彼ら自身の状況も違うし、残念ながらアンチ勢力の嫉妬交じりの攻撃も続いてますからね。彼らも大変だと思います。でも、歌、ダンス、ビジュアル、あらゆる面で飛躍的な進歩を遂げた二人のパフォーマンスを、これからもファンとして楽しんでいきたいと思うので、ぜひぜひ、単独ツアーを実現してほしいと思います。

SMエンタテインメントは、完璧なライブを目指しているせいなのか、なかなか単独ツアーはさせないですよね?少女時代もやっと去年1stライブができたし、SHINeeも確か最近になってから初めてでしたよね?新生東方神起もいつになるかは分かりませんが、きっと次のアルバム、そしてそれを引っ提げてのライブを視野に入れて、活動計画を立てているはず・・・。今は一応韓国での5集活動を終えたところですが、ぜひ次の活動に期待したいと思います!!!

***

それと、「韓Fun(カンファン)」には5月15日に幕張で行われた、「The 4th K-POP Live」についても1ページ割いてますね!大国男児の「セーラー服タイプのかわいい衣装」という表現が気になる~~~。見出しにも「大国男児〝セーラー服〟熱唱」とありますが、この見出しの付け方にスポーツ新聞臭さを感じました(笑)。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-05-18 23:59 | 新聞・雑誌 | Comments(7)
c0127366_112586.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は、池袋のサンシャインシティ・噴水広場で行われた「大国男児『Love Power』CD発売記念イベント ライブ&握手会」に行ってきましたriceMです♪ 会場は撮影・録音禁止だったので、画像でご紹介することはできませんが、久々にイベントレポを書いてみたいと思います。

***

東日本大震災の影響で、東京で開催予定だったイベントは本当に減ってしまいましたよね・・・。大国男児の日本デビューはどうなるんだろうと心配していましたが、予定通り兵庫、札幌、名古屋、東京と、4か所でのデビューイベントが盛大に行われてよかったです。

私が行ったのは東京の2回目、4時からの回です。今日は用事があって、会場に駆け付けた時には1曲目、「奪いたい今すぐに」が始まっていました。サンシャインシティの噴水広場のステージはそんなに大きくないので、結構近くで見られてよかったです。(^。^)

会場には若い女の子がいっぱい!10代半ばから後半くらいの子が多かったかな?それと親子連れのファンや40代くらいの女性もちらほら・・・。噴水広場は吹き抜けになっているので、上の方の階まで人が鈴なりになって見物していました。外は冷え込んでいましたが、会場は熱気がムンムンで、シャツに汗をかくほどでした。(^^ゞ

***

大国男児のパフォーマンスも自信にあふれている感じでしたね!回を重ねるごとにファンが増えていることを肌で感じていたのではないでしょうか。特に今までと違うなと感じたのはリーダーのミカ。ミカは以前「ソウルトレイン」のイベントに出た時は、一番静かでちょっと堅い印象を受けたのですが、今思うと慣れない日本のステージで緊張していたのかもしれません。今日のステージでは笑顔で客席のすみずみまで目をやって、観客一人ひとりにパフォーマンスを見せているという感じでした。

1曲歌ったところで自己紹介。今日の衣装はDCジャケットと同じような感じ???ヒョンミンがチェックのシャツを腰に巻いていたほかは、ほぼ同じだったと思います。大国男児の衣装は、戦略的にそうしているのかもしれませんが、いつも全員決まったテイストで、しかも一人ひとりイメージの違うものを着ていますよね。一人ひとりのキャラクターを固定化するためなのかな?これは韓国での売り出し方と違うところです。

ヒョンミンはワイルド、ジェイはHIP HOPスタイル(キャップは必須!今日、汗をかいて時々キャップを外していた姿が新鮮でした・笑)、カラムはスクールボーイ風、インジュンはスポーティ(スタジャンが多い)、ミカはロックミュージシャンみたい・・・。

「MADE IN BS JAPAN」でもいつもこうでした。日本の場合は韓国と違って、1曲ごとにがらっと変身したりしないでなるべくキャラクターを定着させようとするので、今後どうしていくのかソニーミュージックの戦略に注目したいです。

***

簡単なトークの後、2曲目「Love Power」。この時は、ファンの掛け声が揃っていてとても盛り上がりました。こういう掛け声はどなたが作るんでしょうか・・・?私は情報に疎いので知りませんでしたが、いつの間にかちゃんとこういうのができていたんですね~。(^^ゞ

噴水広場はオープンなスペースなので、通りがかりの人が誰でも見ることができるのですが、結構いろんな世代の方が、男性も女性も足を止めて見ていましたね~。「ああ~、大国男児ね」という人もいれば、「あの男の子可愛いね」という感じで見物する人もいて、よい宣伝になったのではないでしょうか。

「次は最後の曲なんですが・・・」とカラムが切り出して、「皆さん、何を歌ってほしいですか?」というやり取りを少しやった後、3曲目に「LOVE BINGO!」を歌いました。この曲、今回のシングルには入っていないんですよね。(^^ゞ でも、「MADE IN BS JAPAN」では割と早い時期に公表していたので、私はてっきりこの曲がデビュー曲になるのかと思っていました。

やはりオープンスペースでの舞台ということで、静かなバラードより明るいノリの良い曲を選んだということなのでしょうかね。本当に楽しそうに歌っていて、見ていて気持ちよかったです。

***

3曲歌ったところで握手会となりました。これは終わるまで1時間半くらいかかりました。CDに封入されていた握手券を持った人の他に、会場で当日購入した人が行列を作り、5人と順番に握手できました。その時の印象はTwitter(こちら)でもご報告させていただきましたが、時々係の人が列を止めて短い休憩をはさみながらたくさんのファンと次々と握手しました。

スタッフの方の気遣いで、ほんの少しずつはさむ休憩の間も、メンバーはファンサービスを欠かしません。声がかかる方へ体を向けて、終始にこやかに手を振ってくれました。ファンはそのたびに歓声をあげて大喜びでしたね!

行列が絶えるまで握手会は続き、最後にあいさつをして退場。握手会の間もたくさんのファンがその様子を見守っていました。ステージがいろんな方向からとても見やすい会場だったので、見に行った私も満足度が高かったです。これからも大国男児、頑張ってほしいと思います!

***

では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-04-17 23:59 | K-POPイベントレポ | Comments(6)
c0127366_2294578.jpg

皆さま、アンニョンハセヨ~。あの大地震からひと月経ちましたが、ここ数日余震がぶり返してきました。皆さまはご被害ありませんでしたか?今日も朝から地震で地下鉄が止まり、職場でも遅刻する人が多かったです。夕方にも地震の緊急メールが流れて、皆の携帯電話が一斉に鳴り出し肝を冷やしました。

とにかく落ち着いて、冷静に・・・と自分に言い聞かせています。皆さんがんばって乗り切りましょう!!!(>_<)

***

さて、そんな中今日は予約しておいた大国男児の日本デビューシングル、「Love Power」を入手しました。大国男児は昨年3月に韓国で「憧憬少年」でデビュー、東方神起をロールモデルとする「ハーモニズド・グループ」として活動を始めました。

私も最初に見た時には、カラムがジェジュンそっくりのルックスなのと、曲調や白い衣装が東方神起の「HUG」そっくりなのに驚きました。でもとってもさわやかで、韓国の歌番組に大国男児が出てくると、なんだか気持ちが落ち着いたものです。(^。^)

大国男児は、韓国では今のところ、ミニアルバム「AWAKE」しかリリースしてませんよね?それと今年POPCYCLEというユニットをミカ、カラム、ジェイの3人で結成して、デジタルシングルを出したくらいなので、韓国での活動はまだ少ないといえると思います。

***

むしろ大国男児は日本での活動に最初から力を入れていて、私も昨年5月28日のソウルトレイン(レポは10年5月28日付~)、9月20日の「韓流Music Festival 2010」(レポは10年9月22日付~)、10月2日の「日韓交流おまつり」(レポは10年10月26日付)と、昨年は3回も大国男児を見る機会がありました。

大国男児は昨年9月から日本で生活を始めたそうですが、10月からはBSジャパンの「MADE IN BS JAPAN」のスペシャルMCを半年間務めました。この1年近くを振り返ると、本当にすさまじいばかりの成長ぶりです。歌もパフォーマンスも日本語も(そしてメンバー自身の身長とかも)、この1年で本当に大きく成長したと言えるのではないでしょうか。

昨年1年間はたくさんのK-POPアイドルが日本に進出しましたが、たぶんここまで十分に下準備をしてからデビューしたグループはないのではないでしょうか。東方神起でさえも、デビュー当時は日本語があまりできませんでした。でも東方神起は日本のマネジメントをエイベックスにゆだね、韓国色を消して徹底的に「現地化」を図って成功を収めました。

大国男児が東方神起と違うのは、韓国での所属事務所が大手ではないこと(神話のチョンジンなどが所属するオープンワールド)、韓国での活動実績はまだ少ないこと、デビュー前に日本での活動を十分に行って下地を作っていること、日本のレコード会社(ソニーミュージック)がプロモーションにお金をかけていること(東方神起は日本デビュー後3~4年メジャーな仕事ができなかった)・・・といったところでしょうか。

東方神起の「現地化」政策には功罪があったということは、その後の経過から言えるのではないかと思います。大国男児には同じ轍を踏んでほしくないと願うばかりです。

***

さて、すご~く長い前置きでしたが、聞きました!日本デビューシングル「Love Power」!ヽ(^。^)ノ ケチな私は4曲入りの「初回限定盤B」しか買いませんでしたが、4曲ともいい!!!大国男児、歌上手い!!!あっぱれです!!!ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

正直、私はいわゆるJ-POPはあまり聞いていないので、大国男児の日本デビューはちょっと心配だったんですよ~。「あれれ???」という生ぬるい曲だったらどうしようかと・・・スミマセン。<(_ _)> 

デビュー曲となる「Love Power」は明るいはつらつとしたノリの良いアップテンポな曲、2曲目「奪いたい今すぐに」は切ないボーカルが冴えるミディアムテンポの曲、3曲目「もう最後になると・・・」はコーラスを生かしたキレイな曲、4曲目「まだ見ぬその未来へ」はさわやかなバラード・・・。とっても聞きやすくていい曲です。

しかも、日本語がものすごくはっきりしていて、歌詞がぴちっと正確に耳に入ってくるのが驚きです。一人ひとりの歌声も魅力的。私の好きなミカの歌声は、華があってそれでいて安定感もあるという・・・。そしてカラム、インジュン、ジェイ、ヒョンミンの順に声が太くなるんですが、全員がリードボーカルを取れるというのは強いですね!

K-POPでは必須ともいえるラップも、今回のシングルではまったくありません。韓国の曲ではほとんど歌のパートがないジェイも、日本の曲ではちゃんと歌っていますね!そして新鮮なのがヒョンミンのハスキーボイス。今まではR&Bのテイストや大人っぽさ、男らしさを出していたヒョンミンが、今回のシングルではJ-POPらしい軽やかな歌いっぷりで、いい味を出してるなと思いました。

***

まあひと言で言うと、「大国男児は歌が上手い」、これに尽きます。関心のある方はぜひチェックしてみてくださいね~。では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-04-12 23:59 | CD・DVD・音楽配信 | Comments(8)
皆さま、アンニョンハセヨ~!本日は大国男児が最後のレギュラー出演となった「MADE IN BS JAPAN」を見たriceMです!この半年間ですっかり日本語も上達し、メンバー一人ひとりの個性もだんだん出てきて、最近すごく面白くなってきたなと思っていたので残念です。(>_<) 

でも4月13日に日本でソニーミュージックからのデビューが決まっているので、これからはJ-POPアイドルとして活躍していくのでしょう・・・。実力と可愛らしさを兼ね備えた大国男児、これからもFighting! ちなみに4月から、「MADE IN BS JAPAN」水曜レギュラーはSM☆SHが務めるとのこと。しかも「Mカウントダウン」の代わりに「ミュージックバンク」が始まるとのことで、4月からも録画予約はそのままにしておこうと思います。(^。^)

***

そして今日の「MADE IN BS JAPAN」でも、古家さんが「チョイ足し情報」として取り上げてくれたのですが、今日は韓国でU-KISSの5枚目のミニアルバムとなる「Brand New KISS」が発売されました。活動曲の「0330」(発音はなんて読むんでしょうね?)のPVが公開されましたね♪



アレクサンダーとキボムに代わり、今回から新メンバーとして加わった、フンとAJのお披露目の曲となるわけですが、歌い出しはフン、その後のラップはAJと、2人を目立たせて新生U-KISSをアピールしてますね~。

でもフンの声とスヒョンの声は似ていると思いませんか?最初、出だしはスヒョンかと思いましたよ。スヒョンより少しキーを高く、細くした声がフンの声なんですね♪ メインパートはスヒョン→フン→ケビンの順に、声が甘くなる感じです。そしてフンの声はケビンよりも細いかも・・・。でも、まったく違和感がないどころか、すごく声質が合っていると思います。

そしてAJは見た目も大柄で存在感があって、ラップにも強さがありますね。雰囲気をちょっと引き締めるような役割でしょうか。またこの曲ではドンホのラップ担当としての存在感も増してますね!これまでマッチョ担当だたイライは髪を金髪にして美青年度がアップ。このPVだとキソプの出番が少ないのですが(「オヌルパム~」のところしかアップがない)、キソプは華もあって実はオールラウンドプレーヤーだと思うので、ステージでの活躍に期待したいです。

***

これからしばらくU-KISSの活動が続くと思うので、東方神起の「Before U Go」の活動ともども、歌番組のチェックが楽しみです♪ ヽ(^。^)ノ では今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2011-03-30 23:59 | CD・DVD・音楽配信 | Comments(2)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM