タグ:★SMTOWN ( 46 ) タグの人気記事

c0127366_752378.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!SM歌手総出演、映画「I AM.」のマスコミ向け試写会が開かれたというニュース(K-styleの記事はこちら、中央日報はこちら)を見たriceMです♪ 私もこの映画を見て感想を書かせていただきましたが(6月6日付~)、ようやく韓国でもお披露目となったんですね~。一般公開は21日からとのこと、韓国でもヒットするといいですね!

K-styleのほうの記事で東方神起ユノは、「僕たちの青春成長ストーリーを描いた映画で、真心が伝わればと思います」とコメントしたと紹介されていますが、まさに!これは「青春成長ストーリー」!ヽ(^。^)ノ 人が成長する姿は人に勇気と感動を与えますね!

映画の中で思い出したシーンがあるんですが、確かf(x)のソルリが、ほかのメンバーより練習が遅れてしまって、ダンスが踊れずに悔し泣きするシーンがありましたよね?自分ができないくやしさ、迷惑をかけているという申し訳なさ・・・。私も思わずもらい泣きしそうになりました。(>_<) ソルリはほんとに小さい、小学生くらいの時から子役で活動していたんですね。そんな可愛い姿も出てきて感無量でした。

***

すごく簡単ですが、今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-06-19 08:00 | 映画 | Comments(4)
皆様、アンニョンハセヨ~!ポツポツと書いている映画「I AM.」の感想、最後にあとちょっと書きたいと思います~。(^。^)

***



映画のOST、「Dear My Family」のMV、映画を見た後に改めて見てみると、様々なシーンが思い出されますね!Dear My Familyとタイトルにもある通り、SMEの歌手たちは家族的な絆で結ばれている・・・という雰囲気を伝える映像です。

実際、各グループのデビューステージの時には、楽屋にご両親がお祝いに駆けつける、というのが慣例となっているようですね!日頃は宿舎生活で親元を離れている彼らも、厳しい練習生としての生活を経てようやくデビューを迎えたその日、楽屋で両親と再会して涙を流す・・・。このシーンも見ていてジーンとくるものがありました(f(x)エムボのお父さんがカッコよかったのも見逃さなかったけど・・・)。

そんな中、Super Juniorのリョウクが、「自分は練習生生活が2か月と短く、ほかのメンバーたちが涙を流す中、自分だけ泣けなかった」と涙ながらに告白するシーンがありました。リョウクの練習生生活が短かったというのには、他の事務所の練習生だったとか、何か理由があるんでしょうか。ほかのメンバーに申し訳ないという気持ち、疎外感・・・いろいろあったのだと思いますが、このシーンも心に残りました。

***

東方神起については2003年の12月、BoAとブリトニー・スピアーズのクリスマス特番への出演がデビューステージとされていますが、この映像は出て来ませんでしたね。(+_+) 「HUG」を歌っている音声がちょこっと出て、映像を見るユノとチャンミンの姿だけが出ました。今ではすっかり話題にならなくなりましたが、現在もなお係争中の当時のメンバーの姿は出せませんものね・・・。

東方神起のファンとして見ていて残念だったのがこの点で、過去の映像が出せないために、必然的に出演シーンが少なくなっちゃったんですよね。二人だけがうまい具合に映っている昔の映像は、なかなかなかったんだと思いますが・・・。

***

ユノとチャンミンへのインタビューも、対照的で面白かったです。練習生として苦労しながらデビューにたどり着いたユノと、オーディションでダンスが踊れず、手拍子をしただけで合格したチャンミン。でもチャンミンは歌手生活を始めてからしばらく、歌手としての自分と本来の自分とのギャップに悩んだと語っていましたね。

「派手な衣装を着ている自分を見て、似合っていないんじゃないかと思った」という言葉に、当時の苦悩が表れています。確かに、以前はどこか引いているような感じがあったチャンミンですが、今は自分らしさを発揮して、とても生き生きとしているように思えます。多くのことを乗り越えてきた、そして今も乗り越え続けている姿が人に感動を与えるんでしょうね!

***

日本では6月2日から公開されているこの映画、なんと韓国ではまだ公開されていないんですよね~。6月21日からようやく公開が決まったとのニュース(楽天ウーマン、こちら)を見ました。なぜ公開が延期されたのかは分かりませんが、本国では日本とはまた違った反応になるのかな?

***

では、映画「I AM.」の感想は以上です~。今日はこれで・・・アンニョン!
[PR]
by riceM | 2012-06-10 08:00 | 映画 | Comments(12)
c0127366_7525497.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!昨日に続いて、映画「I AM.」の感想の続きを・・・。(^_^)

***

感動のシーンは多々ありましたが、東方神起のファンの私としては気になるシーンも・・・。Super Juniorのソンミンがデビューの頃を振り返った時、こんなことを話していましたよね。「ウニョク、シア・ジュンスとともにデビューする予定で、アルバムのジャケット写真まで撮影していた。だけど、ジュンスが東方神起としてデビューすることになってデビューが流れてしまい、2年間、歌が歌えなかった」。正確ではありませんが、こんな感じのことを話していたと思います。

いくらプロの世界が厳しいとはいえ、その時のソンミンの気持ちを思うと、夢を打ち砕かれていかに辛かったか・・・。今はSMEを去ったジュンスのことは、「シア・ジュンスさん」と呼んでいましたね。このエピソードをあえてこの映画に加えた真意は分かりませんが、なんとなく感じたことが・・・。

やはり東方神起というのは、各グループのエースを集めた選抜チームだったという、ここに特徴があって、これがグループとしての強みでもあり、弱みでもあったのかな、と・・・。確かに、実力はあったし、あの5人だったからこそ世界で成功することができたわけですが、ひょっとしたらグループとしての基盤はあまり強くなかったのかな、と・・・。

***

前回の記事でSMEは学校のようなところだということを書きましたが、こうやって突然誰かのデビューの機会を奪うということは、あまり「教育的」とはいえないわけで・・・。事務所としても、この失敗から学んだことはあったろうと思います。

***

なんか、うまくまとまりませんでしたが、自分として気になったので書いておきました。(^_^;) では今日これで・・・アンニョン♪
[PR]
by riceM | 2012-06-08 08:00 | 映画 | Comments(2)
c0127366_7454756.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!映画「I AM.」、BARKSのサイト(こちら)によれば、興行的にも好調なようですね!32人に及ぶ各出演者のファンが足を運んでいることもありますが、ここに書かれているように、2回、3回と足を運びたくなる魅力があるということも大きいでしょう。私もあと1回くらい・・・行けるかなあ???(^^ゞ

***

さて、昨日に引き続き、映画の感想を思い出すままに書きたいと思います。(^。^)

全体を通して思ったのが、SMエンターテインメントという事務所は、単に歌手を世に送り出し、マネジメントをする場というだけではなく、人を育てる場なのだということ・・・。Super Juniorのシウォンの言葉を借りれば、一つの「学校」のようなものなんですね。

練習風景の映像がたくさん出てきましたが、イメージと違っていたのは、個人レッスンが多そうだし、練習生の数に対して指導者の数もかなりいるのではないかな、と思ったこと・・・。やはりしっかりとした教育を施すために、それなりの投資をしているのはないかと思いました。それに先生たちも若いし、スパルタでビシビシという感じも受けませんでした。

映画の最後にMnetの主催するダンスコンテスト(?)の映像が出てきましたが、きっとこの映画を見て、歌手を目指す若い人が増えるんじゃないかと思いました(そういうねらいもあるのかな?)。

字幕では「イ会長」と訳されていましたが、ちょこちょこと画面に映るイ・スマン氏は、歌手や練習生たちから「イ・スマン先生」と呼ばれていましたね。いろいろ批判する人もいるけど、やはり彼らにとっては「先生」として慕われているんじゃないのかな。

もちろん、映画の中では悪いイメージを与えるようなシーンは出てこないので、これだけですべてを知ることができるわけではないけれど、SMエンターテインメントという事務所は、一つの学びの場、成長の場となっている・・・というのは強く感じました。

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-06-07 08:00 | 映画 | Comments(0)
c0127366_7561072.jpg


皆様、アンニョンハセヨ~!昨日、話題の映画「I AM.」(5月30日付)を見て来たriceMです!この映画、東方神起をはじめとするSMファミリー総出演で話題となっていますが、思いのほか、というか想像以上に良かったです。出勤前の朝のひと時、何回かに分けて少しずつ感想を書いていきたいと思います。

私が見に行ったのは新宿のバルト9。平日の夕方とあって客席の入りは4分の3くらいだったと思います。学校帰りの制服姿の高校生や、学生さんが多かったかな~。にぎやかな若いお嬢さんたちに囲まれながら、客席に着きました。ちなみに男性客は3人くらいでした。(^^ゞ

公式サイトの告知には、光り物は持ち込まずに・・・みたいなことが書いてありましたが、ボードや応援グッズを持ち込んでいる人はいなかったです。始まる前はにぎやかだった場内も、始まってしばらくしたら、おしゃべりする人もなく、いつの間にか内容に引き込まれていったという感じです。

マジソンスクエアガーデンでのNY公演の映像が主で、ドキュメンタリーは補足的な感じかと思いましたが、ドキュメンタリーの部分も多かったです。膨大な過去の映像を拾い上げていて、これを見ればSMTOWNの一人ひとりのヒストリーも見えてくるような内容です。終わった時にはハンカチで涙をぬぐう人も多く、機会があればもう一度見たいと思ったくらいです。

***

ちょっとしか書けませんでしたが、内容は追って振り返っていきたいと思います。では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-06-06 08:00 | 映画 | Comments(0)
c0127366_742112.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!東方神起をはじめとするSMファミリー総出演の映画「I AM.」(ウェブサイトはこちら、公式Facebookはこちら)が間もなく公開となりますね~。6月2日(土)ということは今週末、先のことかと思っていたら、その日も迫ってまいりました~。この映画のことはまだブログに書いていなかったので、今日はちょろっと予習のために書いておきたいと思います~。

***

さて、どの映画館で見ようか・・・と調べてみると、都心だと新宿バルト9か六本木ヒルズシネマの2か所。新宿バルト9はきれいだし、韓流の聖地新大久保にも近いので、バルト9にしようかな・・・と思って、ホームページの上映スケジュール(こちら)を見たりしているんですが、この記事を書いている時点では、一向に公開されないんですよね!(^^ゞ

最初は、6月2日の一日限定なのかと思っていたのですが、そうでもない様子???「全国限定ロードショー」の「限定」の意味が分からない・・・。いったいいつまでやっているのか、何時から上映なのかが分からないと、予定が立たないわ~。(+o+) 

しかも、チケットを手に入れる段階から、結構この映画の上映方法については分かりにくかったですよね・・・?一般発売はないみたいだし、どのくらいの観客が入るのかを見越してスケジュールが決まるのかな???

***




先着で特製クリアファイルももらえるとのことだし、いつまでやっているか分からないので、早めに行くに越したことはなさそう・・・。予告編を見ると、日頃は見られない楽屋の姿とか、見られそうですよね!映画館の迫力ある映像で見るマジソンスクエアガーデンのライブ、楽しみです♪

では今日はこれで、アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-05-30 08:58 | 映画 | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!本日は、生まれて初めて「ライブビューイング」というのを体験してきたriceMです!ヽ(^。^)ノ K-POP好きの方にはおなじみ、韓国KBS「ミュージックバンク」の生放送を、映画館の大画面でリアルタイムに見られるというライブビューイングがあって、本日はその3回目が全国の映画館で行われました。これがなかなか見ごたえがあったんですよ!本日はU-KISSのイベントレポをお休みして、少しこの話題から書きたいと思います。(^。^)

***

KBSミュージックバンクinシアター、これがなんと2000組無料ご招待のイベント。チケットの発券手数料210円は別途かかるのですが、K-POPの好きな方ならきっと楽しめると思いますよ♪ 今日のミュージックバンクの見どころは、missAのカムバックステージと、1位候補F.T.Island対パク・ジェボムの対決。1位はパク・ジェボムでした。

ミュージックバンクはKNTVやBSジャパンでも見ることができますが、ライブビューイングの良さはなんといっても生放送そのままというライブ感と、大画面・大音声での迫力!リアルタイムなので字幕は入りませんが、短くカットされることなく1時間40分くらいぶっ通しで見ることができました。

特に番組が短く編集されているBSジャパンの放送だと、あまり日本で知られていない歌手の部分はザックリ切られてたりしますよね。じっくり通して番組を見てみると、気になる歌手やもっと聞いてみたい曲など、いろいろ発見がありました。

今日聞いてみて気になったのはこの2曲。

☆LEDApple(레드애플) 「Time is up」
 ツインボーカルの男の子バンド。ノリのいいリズムと「Youuuuu」というコーラスが気になるぞ!


☆Ailee(에일리)  「Heaven」
 女性ソロ歌手。声や歌い方はリアーナに似ているかな~。とにかく歌唱力抜群!


ライブビューイング、次回は3月30日とのこと(公式サイトはこちら)。関心のある方はぜひ行ってみてくださいね♪

***

c0127366_01443.jpg

帰りに渋谷のタワーレコードに寄って、『SMTOWN LIVE in TOKYO』パネル展というのを見て来ました。これはSMTOWN LIVEのDVD発売を記念してのものだそうですが、DVDはなにせ、高額なんですよね~。(>_<) パネルは出演者のプロフィールの紹介とライブの写真が少し・・・。東方神起だけパチリと撮ってきました。(^^ゞ

c0127366_012627.jpg

で、このまま帰るのもナンなので、5階のK-POP売り場に・・・。K-POP売り場だけ、歌手のサインがいっぱいありましたよ♪ あまりにもたくさんあったので、ここでは代表してU-KISSのサインのみ掲載させていただきます。<(_ _)> 上の写真を見て思ったんですが、U-KISSはカタカナで書くと「ユーキッス」というのが、これまでの公式な表記でしたよね~。

c0127366_0253667.png

ところが!今日公開されたアルバム「A Shared Dream」の宣伝では、「ユーキス」と大書してあるんですよね!(◎o◎) これからは「ユーキス」でいくのかなあ~?今回の怒涛のキャンペーン、他にもついていけないくらい話題がたくさん出てきました。しかも面白いツッコミどころ満載(笑)。自分で直接見たりしたものを中心に、おいおい、書いていきますね。

***

とりとめなくなりましたが、今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-02-24 23:59 | 看板・衣装・サイン展示 | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!本日は、ハードディスクレコーダーの修理もできて、韓国エンタメライフの復活を喜んだriceMです♪ 結局今までの録画はすべてパー、修理費用もそれなりにかかりましたが、これでしばらくは楽しめそうです。(^。^)

***

そんなわけで、しばらく韓国エンタメライフから遠ざかっていましたので、本日は最近お気に入りのタイレストランをご紹介したいと思います。この頃はタイの話題と言えば、洪水の被害ですよね・・・。まずは公表されて時間がたっていますが、SMTOWNからタイのファンへのお見舞いメッセージの動画を貼らせていただきます。<(_ _)> 東方神起、SHINee、少女時代、Super Junior、f(x)の順に登場します。



***

さて、本日ご紹介するのが、コレド日本橋にある「沌」(トン)というタイレストランです(サイトはこちら)。トンというお店の名前、トンペンさんにはちょうどいいですね(←こじつけ)。日ごろから女性のおひとりさまがゆっくり食事をできるお店の開拓を心掛けている私にとっても、このお店はお勧めのお店ですよ♪ 広々とした天井でお店も広々としており、一人でもグループでもゆっくり過ごせる雰囲気です。

料理は盛り付けも美しく、雰囲気の割にはリーズナブルなのもうれしいですね♪ では最近食べたランチメニューを3品ご紹介!

c0127366_0533497.jpg

スミマセン、値段とか正確なメニュー名を控えておらず、写真でご判断ください。<(_ _)> もやしと鶏肉がごそっと載った麺、ものすご~~~く辛くてびっくりしました。(^_^;) これは辛い物がかなり得意な方にお勧めです!タイの名物、ハーブをたっぷり使っているようですね♪ おなかが張っているときとかいいかも・・・。

c0127366_0535835.jpg

続きましては、生春巻きのセットがついたトムヤムクンの汁そばです。タイ料理は包丁で野菜や果物を彫るカービングが有名だそうですが、ニンジンの飾り切りがキレイですね♪ 野菜たっぷり、辛いけどさっぱりしたお味でした。

c0127366_0541271.jpg

こちらはチャーハンにトムヤムスープを添えたもの。甘しょっぱいご飯がおいしい~~!レモンを絞っていただきます。ランチのセットには小さいサラダとタピオカミルクが付いていて、お水の代わりに冷えたハスのお茶(だったと思う)が添えられてました。これで辛さを覚ましつつ、シャキシャキした野菜の歯触りを楽しみながら食べるタイ料理、酸味もあるので疲れているときとかいいですよ~。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2011-12-03 23:59 | グルメ | Comments(4)
皆様、アンニョンハセヨ~!ニューヨークで開催されたSMTOWN LIVE、盛況に終わったようですね♪ Facebookに次々と上がる写真や動画を見て、日本にいる私たちもその雰囲気を垣間見ることができました。私が目を奪われたのは、やはりこのチャンミンですよ・・・。



東方神起の「Keep your head down」のパフォーマンス、チャンミンのビジュアルが凄くないですか???\(◎o◎)/!パーマネントを当てたふんわりヘアー、はだけた胸元&襟元にファー、これは世界に通用するワイルド&セクシーですよ~~。チャンミンのビジュアルの進化はいったいどこまで行くのか・・・。つけたしのようで恐縮ですが、シュッとしたユノの涼しげなルックスは、チャンミンと対照的でこれまた素敵ですね♪

***

さて、前回の記事で朝日新聞社WEBRONZAの感想を書きましたが、今日は澁谷知美さんの書かれた「5人での再開を望まないファンがいる理由」(サイトはこちら)の感想を簡単に書きたいと思います。

澁谷知美さんは東京経済大学准教授、主な研究テーマは男性のセクシュアリティの社会史という方で、「旧・現体制の東方神起のファン」との立場を明らかにして書かれています。東方神起のデビューから今日に至るまでの過程を、出典を明記しながら概観され、分裂騒動で細分化したファンの立場を一覧表にして分析するなど、研究者らしい手法を用いて書かれています。

・・・と、こんな風に紹介すると、いかにも堅苦しくお感じになるかもしれませんが、基本は我々と同じトンペンさんです。勢いのある筆で熱く語っておられ、「そうそう、そうだった!」とうなずきながら興味深く読ませていただきました。

澁谷さんが問題提起されていること、それはかなり多くのファンが、東方神起の「5人での再開を望んでいない」のではないかということです。これはなかなかファン以外には理解されてないことなんですよね。メディアの論調を見ても、ファンというのは皆、東方神起が5人で再開することを望んでいるであろう・・・という前提で、この問題をとらえているような気がします。

私もそうなんですが、「ほらほら、5人は復活するかもしれないよ?嬉しいでしょ?」という感じで書かれたものを読むと、正直鼻白む思いがします。そもそも、それを本人たちが本当に望んでいるのかどうかも疑問です。

***

最近、離脱したJYJの3人がインタビューで「ユノとチャンミンの夢を見る」と発言してみたり、ライブで5人時代の曲を口ずさんでみたりと、5人での復活を望んでいることを匂わせる動きを見せています。でも、苦難を乗り越えて、ようやく二人での活動を軌道に乗せ始めた現・東方神起の立場に立てば、「何をいまさら・・・」という感じではないでしょうか。

ただ困ったことに、「5人の絆は今でもつながっている」という、根拠のない都市伝説みたいなものを信じているファンも多いんですよね・・・。3人が事務所相手に起こしたトラブルと、その後の行動のために、ひどいバッシングを受けた2人の気持ちをまったく無視した考えだと思います。

澁谷さんはファンが分裂した契機として、3人側の親族が2人へのバッシングをファンに指示した会合とされる「625集会」を挙げられています。この集会については反論があるものの、実際に2010年の夏ごろから急にユノとチャンミンに対する攻撃が始まっているわけです。また、この流れを後押ししたものとして、2010年秋に公表されたユノとチャンミンのお父様による「確認書」の存在があったと指摘されています。

***

「5人での再開を望まない」ファンが多数存在する、澁谷さんはその理由をこのように分析されたうえで、5人で再開させたい関係者への提言として、「すぐにはムリでは」と述べていらっしゃいます。これには私も同感です。この2年間のいろいろな出来事で、ファンの心は少なからず傷ついているんですよね。

5人での再開を望まないというファンの心理にスポットを当てた点、また多様なファンの姿を分類して示してくださったという点が、私にとって有意義でした。ご興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね!

***

では今日はこれで・・・アンニョン♪
[PR]
by riceM | 2011-10-25 23:59 | ニュース・話題 | Comments(11)
皆様、アンニョンハセヨ~!のんびりと振り返ってまいりました「SMTOWN LIVE in TOKYO SPECIAL EDITION(2011/9/2)」のレポ、ようやく今日で書き終わりそう~。来週には東方神起のニューアルバム「TONE」も発売になり、いろいろ忙しくなると思うので、なんとか間に合ってよかったわ~。(^^ゞ

***

★ピノキオ(Danger) / f(x)
★Lucifer / SHINee
★Gee(日本語ver.) / 少女時代
★U / SUPER JUNIOR

 東方神起が終わるや否や、また最後のまとめ的な感じで、主な出演者が1曲ずつ立て続けに登場しました。SHINeeは、手にレーザー光線の出るシザーハンド(?)みたいなものを付けて、またもや宙づりに・・・。手を動かすと緑色のレーザー光線が飛び交って、とてもきれいでした。ヽ(^。^)ノ 少女時代の時はテヨンのマイクの調子が悪くて残念!Super Juniorはトロッコでドンへが近くまで来てくれました~。

c0127366_0504265.jpg


★Summer Dream / 東方神起
★Sombody to love / 東方神起

 a-natnionでも披露したこの2曲を、再び聞くことができました。この時は、外野側のステージで歌ったので、一番遠くてずっと見にくかったファンもうれしかったのではないでしょうか。(^。^) 腰に黄色いタオルを下げて歌っていましたが、これは今回の公式グッズだったのでしょうかね。(^^ゞ グッズは全然チェックしていなかったのでわかりませんでしたが・・・。

「Sombody to love」の時には、巨大な風船を持ったスタッフがスタンドにずらりと並んで、会場に花を添えていましたが、持っている人は大変そうでした。(^^ゞ 花道を走り回りながら歌っていましたが、チャンミンが途中、落ち着いて靴ひもを結び直していましたね~。「Love Love Love Love」の後の叫びは、「東京~!」でした。ペンライトを皆持っていたので、タオルを振り回している人は少なかったと思うのですが、左右に揺れるピンクのペンライトがとてもきれいでした。

c0127366_12125.jpg

この写真は私が見た1日目の公演のものではないと思いますが、ダンサーさんに水をかけるチャンミンが、あまりにもうれしそうなので転載させていただきました。<(_ _)>

★Rock With You / BoA
★Valenti(日本語ver.) / BoA

 トリはBoAちゃんでしたが、曲目は代々木の時と違って、最後に歌ったのは日本での代表作と言ってもいいかもしれない「Valenti(日本語ver.)」でした。

★光(HOPE) / 全員
 BoAちゃんが歌い終わると、これまた間髪入れずエンディングとなりました。全員おそろいのTシャツ姿でしたが、初日は黒でしたね♪ ジョンヒョンがビデオカメラを持って出演者を映していましたが、チャンミンが何やら耳打ちして指示を出していました(笑)。

この曲は代々木の時も歌っていて、その時は原曲が誰の曲かわかりませんでしたが、H.O.Tの曲だったんですね~。ベートーベンの「歓喜の歌」をフィーチャーしていて、エンディングにふさわしい曲です。H.O.Tのアルバムを聞いてみたいんですが、今となっては入手できないんですよね・・・。SMの公式YouTubeとかで、過去の名作もアーカイブとして視聴できるといいのですが・・・。契約の関係とかで難しいのかな?

c0127366_1223569.jpg

最後には、色とりどりの風船が空から降ってきました!なんとファンタスティック!ヽ(^。^)ノ これは出演者の公式の応援カラーの風船だったんですね~。スタンドにいた我々は手にすることができませんでしたが、持ち帰れた方にはいいお土産になったのではないでしょうかね。

約4時間にわたるステージ、本当に盛りだくさんであっという間でした。やっぱり私は、韓国のSMエンタテインメントの作る世界が好きなんだということを、改めて思い知らされましたね!全体を通して少女時代の日本の曲だけは違和感を感じたのも、プロデュースが違うからだと思います。そういう意味では日本の東方神起の曲もいくつかはそうなんですが、もうこれは聞き慣れていたので感じなかったのかな?キラキラした宝石がいっぱい詰まった箱をぱあっと広げたような、夢のある楽しいステージでした。

***

では今回のレポを書くにあたって、書き終わるまでは見るまい・・・と思っていた公式のハイライト映像を貼って終わりますね♪ アンニョン!ヽ(^。^)ノ


[PR]
by riceM | 2011-09-24 23:30 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM