タグ:水道橋 ( 74 ) タグの人気記事

c0127366_12181371.jpg

あけましておめでとうございます。<(_ _)> ブログ更新も久しぶりですが、昨年末に行われたU-KISSの日本活動の中から、私が行くことができたイベントを振り返ってみたいと思います。

***

c0127366_1217756.jpg


★日本デビュー5周年イヤー突入前夜祭(トーク&ミニライブ)(2015年12月13日、渋谷タワーレコード)

イライさんの突然の結婚&パパになります発表(2015年12月6日付)の直後だったので、イベントが始まる前は観客の雰囲気もなんだか暗かったです・・・。そしてイベントが始まる前、まるでお通夜のような雰囲気でメンバーが登場し、イライが自分の口で、結婚と来年夏に父親になるという報告をしました。「だまっていてごめんなさい」と、目に涙を浮かべ、たどたどしい日本語で話すイライさんの姿を見て、私はなんだか気の毒になってしまいましたよ・・・。(ToT)

ほかのメンバーたちも肩を落とし、こわばった暗い表情で目を伏せていて、「私の見たいU-KISSはこれではない!こんなんじゃエンターテイナーじゃないよ~~~」と思った私。ですが、イベントの途中からだんだんいつもの調子を取り戻し、最後にワム!の「Last Chrismas」のカバーを歌ったときには、楽しく温かい、いつものU-KISSに戻っていました。(^。^) やっぱりいろいろあっても、U-KISSは歌手なんだから、歌とパフォーマンスでファンを喜ばせていけばいいんです!そんな思いを強くしました。

***

c0127366_12235514.jpg


★『THE CHRISTMAS ALBUM』発売記念イベント&握手会(2015年12月23日、ラクーアガーデンステージ)

今回は久しぶりに、U-KISSのリリース記念イベントを最初から最後まで見ることができました。(^。^) この日は都内もものすごく寒くて、寒さに震えながらの観覧となりました。12時ちょっと過ぎに始まって、終わったのが4時半くらい。いや~、メンバーもホントにお疲れ様でした!という感じです。(詳しいタワレコのレポはこちら

c0127366_12185324.jpg


楽しいトークを30分ほどした後、歌を3曲披露。久々に近くで見た「Love to go」の切れ味鋭いダンス、カッコよかった!彼らも言っていたけど、昨年出したカワイイ曲やバラードもいいけど、やっぱりU-KISSの真骨頂はハードなダンス曲だと思います。2月に出る日本の新曲は久々のダンス曲ということで、とっても期待してます!

c0127366_12542213.jpg


イベントが終わるころには、辺りもすっかり暗くなっていました。握手会の始まる前、メンバーたちになんて声を掛けようかなと考えていましたが、いざその場になったら、「応援してます」「がんばってね」くらいしか言えませんでした。(^^ゞ ちょっと元気なさそうなイライさんには、「大好きです!」と励ましました。U-KISS、ファイティーン!!!ヽ(^。^)ノ

***

c0127366_1220719.jpg


★スヒョン(UKISS)×つけめんTETSU アイドルもつけめん大好き!

日ごろから「TETSUのつけ麺大好き」と公言していたスヒョンさん、ついにこんなコラボ企画が実現しましたね!ちょうど12月23日のイベント会場の近くにTETSUの支店があったので、つけめんを食べてきました。(^。^)

c0127366_1314593.jpg

スヒョンさんセットを頼むと、こんなイケメンモード全開のポストカードがもらえました。このセットも、好評につきキャンペーン期間の終了を待たずに売り切れましたね!

c0127366_12203385.jpg

スヒョンさんセット、つけだれは結構辛かった!だからスヒョンさんのお気に入りだったのかな? 卵も入っていて、かな~りボリュームたっぷり。アイドルなのに、こんなに炭水化物を食べて大丈夫?と思ってしまいました。(^^ゞ

***

今年は東方神起も軍隊に行ってしまっているし、こうしたイベントに行くのはU-KISSくらいになるのかな~。相変わらずK-POPは追いかけていきたいし、このブログも少しずつでもいいから続けていきたいと思います。よい年になりますように!ヽ(^。^)ノ
[PR]
by riceM | 2016-01-01 13:51 | U-KISSイベントレポ | Comments(8)
c0127366_20343980.jpg

昨日(3月21日)、東京ドームのラクーアガーデンステージで開かれた「U-KISS「Action」発売記念イベント」に行ってきました。U-KISSはアルバムやシングルを出すたび、ここでリリース記念イベントを開いてくれますが、たいてい開催は土曜日のお昼12時からなので、ちゃんと行けないことが今まで多かったんです。ですが今回は祝日、2連休の初日ということで、遠方からも多くのファンが集まったのではないでしょうか。(^。^)

c0127366_10483458.jpg

今回は、運良く抽選で優先エリアの前の方の場所で見ることができました。以前はU-KISSのライブもこうして前の方で見ることができましたが、ホールツアーをするようになってからはなかなかそうした機会はなく、久しぶりにギュウギュウになって立ったまま近くで見る、ということができました。(^。^) 上の写真は、開始1時間ほど前の様子です。

***

どんな衣装で出てきてくれるかな~と思っていたら、やはりアルバムジャケットの可愛いパステルカラーのスーツ!楽しいトークと歌で、30分ほどのイベントはあっという間でした。詳しくはWow! Korea様の速報レポ(こちら)をご覧ください。<(_ _)>

冒頭で、メンバーたちにも内緒で寄せられたイライからのメッセージ映像。イライは中国でドラマの撮影中ということで、今回の日本活動には参加できなかったんですよね。映像で見るイライは、中国にいるのに日本語もなぜか流暢になっていて、頬がだいぶこけていました・・・(イケメン度アップ!)。なんといっても今回のドラマは主演、スケジュールは多忙を極めているというのが、そんな姿からも察せられました。メンバーたちもイライに会いたそうでしたね!

***

c0127366_20345475.jpg

上の写真は、トークの中で司会の方が話していたGoogle mapのストリートビューの写真。「中野サンプラザ」で検索すると、これが出てくるという・・・。これはTwitter(こちら)でも流してくれていましたが、フンさん以外のメンバーの顔にぼかしが入っているのがなんか笑えますね!(^。^) ケビンが右端に映り込んでいる自転車に乗った女性のマネをしたのが面白かったです。

歌った歌は3曲、「Action」、「Sweetie」、そして韓国曲から「Smart Love」。「Sweetie」では、歌詞の「my Sweetie」の部分を「My KISSme」と言い替えて、ファンから拍手喝采を浴びました。

***

トークの後は、いよいよ握手会です!考えてみたら、ジュン君と握手するのは初めてだわ。(^^ゞ これがなんと、4時間近くも続いたんですよね・・・。3月とはいえ寒空の下、メンバーも頑張りました!途中、バックに流れるミュージックビデオに合わせて歌を歌ったり、暑くなったのか上着を脱いだり・・・。

それでも、ほっそりしたケビンとキソプは、最後まで上着は脱ぎませんでした。メンバーの手も全員温かくはないような気がしたし、触れていたファンの手も冷えていたはず・・・。やっぱり寒かったのかな。(^^ゞ 本当にお疲れさまでした、という感じです。

***

一人ひとりの印象です。

(立ち位置右から)
ケビン:先日、古家さんがラジオで「ケビンは本当にいい男になった!」とおっしゃっていましたが、単に優しくて可愛いだけではないのがケビンの魅力。ケビンの優しさは軟弱な優しさではなく、芯の強さに裏付けられた優しさなんだろうな・・・と感じます。握手会の合間、休憩時間にテーブルに腰かけて、足をプラプラしている姿がキュートでした。

キソプ:肌が白くて、髪の毛はふんわりサラサラ!美しかった~~~~!彼もにじみ出る優しさが魅力。おっとりしてマイペース、でもちゃんと周りを見ている感じ・・・。歌も、以前に比べ、声がよく出ていたと思います。

ジュン:ファンが増えたのでは?トークではまだ、自分からメンバーの流暢な日本語の中に入っていけない感じはしましたが、握手会では本当に一生懸命、一人ひとりのファンを接しようとしていました。

フン:パフォーマンス中はまったく気が付きませんでしたが、左腕を痛めていたのでしょうか?握手は右手だけで、左手は常に右手のひじのあたりに置いていて、左手を使わないようにしているように見えました。フンは一人ひとりのファンに対して、じっと目を合わせてくれますね!

スヒョン:リハーサルのときはちょっと眠そうな感じがしましたが、さすがに本番ではビシッと歌ってくれました。トークの最後でうっかり写真撮影を飛ばしてしまい、思わず韓国語が飛び出しました。(^^ゞ でも、日本語のトークなのに、小刻みにはさむ冗談にはホントに舌を巻きます。「1位おめでとう!」と声を掛けました。

***

以上、久々に長々と書いてしまいました・・・。メンバーたちも大変かと思いますが、こんな風に直接メンバーに会えて、触れ合える機会をこれからも作ってくれたら嬉しいです。(^。^)
[PR]
by riceM | 2015-03-22 21:37 | U-KISSイベントレポ | Comments(2)
c0127366_1971659.jpg


このところ立て続けに東方神起が出演するテレビ番組が放送されて、とっても嬉しいです!ヽ(^。^)ノ いろいろあった中で私が特筆すべきと思ったのが、「LIVE MONSTER」でしょうかね。ファンの声を取り上げたのも面白かったし、何よりテレビで「Why」のパフォーマンスを久々に見られたのが嬉しい!ヽ(^。^)ノ 迫力満点で見とれちゃいました~。

c0127366_1955153.jpg


そして、「WITH」のライブツアーも終盤となり、残り4公演を残すのみとなりました。私は2月25日の東京ドーム公演しか見に行くことはできませんでしたが、本当に本当に素晴らしいライブでした!!!ヽ(^。^)ノ いまさらですが、この頃ちゃんとブログを更新してなかったのでその時の写真だけアップします。

c0127366_1965146.jpg


あとは幸いなことに、4月2日の最終公演のライブビューイングのチケットをブロ友さまから譲っていただけたので、映画館で存分に楽しみたいと思います。

今回のツアーで写真を撮り忘れてしまったのが「トントラ」です。4月1日、時間の都合がついたらチケットないけど東京ドームに写真だけ撮りに行こうかな?
[PR]
by riceM | 2015-03-18 06:12 | 東方神起イベントレポ | Comments(0)
ちょっと更新が開いてしまいました。<(_ _)> 東方神起のライブレポ、再びセットリストに沿って書きたいと思います。5月23日付の続きです~。(ネタバレ注意

***

★トーク2 おおきな木と自己紹介ネタ
 実はこのライブ中盤の「トーク2」というのが、今回のライブではメインとなるトークタイムだったんですよね。この時間がないと、最後まで体力がもたない・・・といつかチャンミンも言ってました。(^^ゞ 総立ちのファンも椅子に座って、ユノとチャンミンもアリーナ中央の丸いセリの上にちょこんと腰掛けて、楽しいトークタイムとなりました。

まずはツアータイトル「TREE」についての話。いろいろありましたけど、その中で覚えているのが有名な絵本「おおきな木」についての話。この絵本、私もずいぶん前に読んだことはありましたが、詳細は忘れてしまったのでまた読み直してみました。村上春樹さんが訳されてるんですね~。

木と登場人物の関係を、東方神起とファンの関係にたとえて話してましたね。絵本の作者の名前は「シェル・シルヴァスタイン」というのですが、チャンミンはわざと、「シルベスタ・スタローン」と言ってユノを混乱させていました。(^^ゞ

***

で、ちょっと余談となりますが、「おおきな木」という絵本の話なのですが・・・。原題は「The Giving Tree」、「与える木」というんですね~。日本では、村上春樹さんの前に本田錦一郎さんという方が訳されていて、この方が邦題を「おおきな木」としたため、混乱を避けるために村上春樹さんは元の題をそのまま使ったとあとがきで書いてますね~。本田さんはなぜ、あえて「おおきな木」としたのか・・・?

ユノとチャンミンはこの物語をなぜよく知っていたのかしらと思って、韓国語教室の先生(韓国人)に聞いてみたんですよ。そしたら、この話は韓国では教科書にも載っている(不確かですが)くらい有名な話で、誰でも知っていると・・・。「おおきな木」の知名度は、日本より韓国の方がずっと上みたいです。

韓国語の先生によると、韓国語の題は「아낌없이 주는 나무」、訳すと「惜しみなく与える木」なんですって!これまた、「惜しみなく」という言葉が加わっていて、原題の「The Giving Tree」の「Giving」の意味をさらに強めてますね!木が少年にしてあげたように、自己犠牲によって相手に与えることの尊さ、というものが強調されている感じです。

さらに面白いことに、韓国では「惜しみなく与える木」という童謡があったり、H.O.Tのムン・ヒジュンが「惜しみなく与える木」という歌まで出してたり・・・。韓国ではキリスト教の信者が多いというのも、自己犠牲の精神を描いたとも解釈される、この物語の普及と関係あるのかな?こんな動画が投稿されてたので、挙げさせていただきます。<(_ _)> 「惜しみなく与える木」韓国語の朗読です。



***

東方神起の二人はこの木のように、ずっとそこに立っていて、惜しみなく愛を与え続けたい・・・そんなメッセージを伝えたかったんでしょうか。(^。^) ふとしたことから、韓国人としての彼らの文化的な背景をのぞけた気がしました。

***

では続きはまた~!(^。^) 
[PR]
by riceM | 2014-06-01 08:09 | 東方神起イベントレポ | Comments(4)
c0127366_80830.jpg

東方神起のライブレポ、仙台2日目の公演のことをちょびちょびまとめていましたが、書き終わらないうちに東京ドーム公演が終わってしまいました。(^_^;) 昨日、新曲の宣伝も兼ねたプレスリリースが流れ、一斉に記事が出ましたね!K-Styleのだけリンク(こちら)を貼っておきます。

4日間行われた東京ドーム公演、私は3日目の5月23日(金)だけ行くことができました。今回のドーム公演は、4日間のうち平日が3日間!公演時間も16時開場、18時開演で、仕事帰りでは間に合わない人も多い時間ですよね。私もこの日は仕事を早退しました。(^^ゞ

しかし、そんな日でも3階席の上の上まで、5万人の観客がぎっしりと会場を埋め尽くしましたね!ヽ(^。^)ノ さすが東方神起!

***

c0127366_803237.jpg

私が行った仙台のセキスイハイムスーパーアリーナは会場の定員が約7000人、比べると約7倍のスケールとなる東京ドームですが、やはりドームならではの楽しさがあると思いました。一番大きな違いは、やはりトロッコがあるということでしょうかね。(^^ゞ ただ今回は、いつもある後方のサブステージがなく、外野席側の席の方は近くで見る機会が少なかったかもしれません。

セットリストは3日目は大きな変更はありませんでしたが、途中の映像が一部違っていたような気がしました。それとトークの内容!前回の記事に書いた「ユノの夢の話」はなかったり、ほかにもいくつか感じたことがありました。

では、次回から仙台のときと東京ドームのときを比較しつつ、続きを書きたいと思います~。(^。^)
[PR]
by riceM | 2014-05-28 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(6)
おはようございます~。昨日は東京ドームのラクーアガーデンステージで開催された、U-KISSの「Memories」 発売記念封入参加券対象握手会・・・という長い名前のイベントに行ってきたriceMです。

これは3月19日に発売されたU-KISSの日本での3枚目のアルバム、「Memories」(3月19日付)の発売を記念したもの。このアルバムに入っていた「封入参加券」というのがこちら・・・。

c0127366_1158417.jpg


イベントのことには一切触れておらず、「尚、この用紙は破棄せずに大切に保管して頂けるようにお願いいたします」との注意書き。アルバム制作時点では、まだイベントのスケジュールが確定していなかったということなんでしょうかね。

***

で、私が昨日用事を済ませて会場に着いたのが、イベント開始20分後くらいだったでしょうか。今までのケースだと、30分くらいはトークや歌でつないでいたので、最後の方だけちょっと見られるかな・・・と期待していたら、なんともうトークとミニライブは終わっていて、握手タイムが始まっていました。

先に来ていた人に聞くと、歌は2曲だけでほとんどトークもなく、すぐに握手会になってしまったとのこと。これもやはり、韓国で起きている旅客船転覆事故の影響ということなのでしょうか・・・?

***

行方不明となった方々の救援・捜索は遅々として進まず、韓国では娯楽は一切自粛ムードの中、日本でイベントをするということにも、迷いがあったのではないかと推察されます。

しかもラクーアのステージは誰でも見られるオープンステージ、夕方からは隣のドームで野球の試合が行われることになっており、一般のお客さんも多かったんですよね。韓国のグループということで、イベント中に思わぬ野次が飛んだりする可能性も、全く無きにしも非ず・・・。

そうはいっても、楽しみにしているファンも多い中、突然の中止というわけにもいかず、最小限のことだけやった、というのは私の考えすぎかな?イベント日程がアルバム発売から1か月も開いてしまったことを考えると、ミュージカルの稽古やほかの仕事で忙しい、というのもあったとは思いますが・・・。

***

で、4月18日付の「アメスタ」のときと同じ、色違いのジャケットに身を包んだケビン、キソプ、イライ、フン、スヒョン。私も30分ほど並んで握手をしてもらえました。一人ひとりの印象は、

・ケビン=目の前に立ってみると、なんだか最近は男らしく感じる!
・キソプ=バッチリメイク。目力強く、ますます妖艶に・・・。直視できない!
・イライ=近くで見ると顔も小さく、優しそう~。
・フン=「頑張ってください」と声をかけたら「どうもありがとう」と言ってくれました。嬉しい♪
・スヒョン=ズバリ、痩せた?顎のラインがますますシャープに。いつものおどけた感じはなかったけど、小さな子どものファンには、屈み込んで体をなでたりしてました。

***

1時間ほど様子を眺めてからその場を離れましたが、握手を求めるファンの列は途切れることなく続いていました。欧米の方と思われるファンの姿も見かけましたね。こうして世界を股にかけて活動しているU-KISS、これからもファイティン!!!
[PR]
by riceM | 2014-04-20 11:58 | U-KISSイベントレポ | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!本日も、「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~」について、ちょっとずつ振り返っていきたいと思います~。<(_ _)>

***

1.Fated
 今回のアルバム「TIME」のオープニングを飾る壮大な曲。やはりライブのオープニングもこれしかない!白いマントに白いパンツ、黒いロングブーツで降り立つユノとチャンミン・・・。前回のツアーも白い乗馬服みたいなのにロングブーツでしたが、今回も中世の騎士みたいなイメージ。ロングブーツがここまで似合う男性って、なかなかいないと思うわ~。(^。^)席はう~んと遠かったけど、やっぱりユノとチャンミンは大きく見えます!ユノの髪の毛が赤いのにビックリしました。CDで聴いているときは気付かなかったけど、この曲、ハモりもきれい。

2.Android
 引き続いては「ANDROID」!花道を出てきて、上手にチャンミン、下手にユノ。ドームの中はまだ日が暮れておらず、この辺りまではぼんやり明るかったです。

3.Super star
 息つく間もなく激しいダンス曲が続きます。この曲は意外なくらい(?)にライブで盛り上がりますよね?しかも、「オッケ~」のところとか、いちいちスクリーンにアップになるユノの顔が可愛くて・・・。(^。^) なんだかユノ、いったどうしちゃったの?というくらい可愛くなかったですか?

4. I Don't Know
 ここまでがダンス曲の連続。前回のライブツアーも、この曲の時は映像効果を組み合わせていましたよね。今回も、映像技術を駆使した画面が出てきて、消えたり現れたり、いったい二人がどこで歌っているのか分からなかったです。(^_^;)

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-27 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
皆様、アンニョンハセヨ~!5日ぶりの更新となります・・・。<(_ _)> このところ仕事でイロイロ片付けなければいけないことがあって、なかなかパソコンに向かう時間が取れず、途切れ途切れのレポになってしまうわ~。(+o+) それでもこんなしょぼい記事でも、東方神起の話題は書くと必ず結構アクセスがあるというのがビックリです。

***

では、少しずつライブの内容に入っていきますよ~。

今回の東京ドーム、私の席は3塁側の1階、外野寄りの方でした。開演前1時間くらい前にはさっさと入場。ドームは込む前に早く入って、中でゆっくり用意したお弁当を食べたり、お手洗いを済ませた方がよい、というのがこの頃の私のスタイルです。(^^ゞ

今までのライブだと、正面のステージのほかに外野側にもサブステージがあって、アンコールとか最後の方の曲で後ろのステージでやってくれたりしましたよね。でもあいにく、今回は外野側のサブステージはなし。その代わり、花道がかなり長くドームの中央くらいまで伸びていて、そこにもステージを設けていましたよね。なので、メインステージは遠くても、ちょっとは見やすくなってはいたと思います。

***

★オープニング映像

開始時間は5分遅れの午後6時5分、この時間はまだ日が暮れていないので、ドームの天井は日の光が透けて中はぼ~っと明るかったですね!会場は天井近くまで、左右もアリーナも、びっしりと埋め尽くす赤いペンライトの光!レッドオーシャンに興奮!

今回のライブのタイトルは「TIME」、過去・現在・未来の時の流れがテーマ。韓国製のワールドツアーは全体に音楽主体のショーで、場面ごとにいろんな姿を見せるという感じを受けますが、日本のライブはきっちりと一つのテーマを決めて、それに沿った内容となっているなあと思います。

CDを駆使した映像で、タイムカプセルに乗ったユノとチャンミンが登場。CGもお金かかってそうだ!ヽ(^。^)ノ 荘厳なテーマに乗って左右に釣り下がった箱が降りてきて、いよいよ二人が登場です!

***

では続きはまた・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2013-06-25 08:00 | 東方神起イベントレポ | Comments(2)
c0127366_7543737.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!一昨日の11月24日、東京ドームで行われた「韓流エキサイティング・エンターテイメント・フェスティバル at 東京ドーム 2012」というイベントに行ってきたriceMです!このイベント、当初はU-KISSが出る予定だったんですが、なぜか開催前に出演取り消し・・・。(^_^;) でも、行ってみて、なんとなくその理由も感じられたので、今日はそのレポを書いてみたいと思います。

このイベント、俳優のキム・スンウさん率いる「PLAYBOYS」と日本のプロ野球OBチーム(名誉会長は張本さん!)の野球の親善試合で、今回が3回目。東日本大震災のチャリティイベントとしても開催されました。冒頭の写真は、試合に先立って寄付金を受け付けるために勢ぞろいしたPLAYBOYSの面々。チ・ジニさん、オ・マンソクさんなどなど・・・。

やっぱり俳優さんは面構えがビシッとして、野球のユニフォームが良く似合う♪ 右から2人目は、急遽参加が決まったCNBLUEのミニョクだと思います。

***

オープニングアクトは、なんと元U-KISSのアレンキボム!ビックリです。でも、事情通の方によれば、これも急遽決まった出演じゃないか、とのこと・・・。U-KISSのファンをこれで懐柔するつもりだったのかな~。(^_^;) ユニバーサルから12月にソロデビューも決まり、黒いスーツでバラードを1曲だけ歌いました。元気な姿が久しぶりに見られてよかったです。

で、続いてはK-POPコンサートタイム。最初に出てきたのはなんとBEAST!私はてっきりBEASTメインなのかと思っていたが、これが違った・・・。BEASTは、キム・スンウさんとギグァンが共演している関係で出てきたと思われ・・・。5曲ほど歌ってくれました(なんと試合前の国歌斉唱もギグァン!)。あいにくドゥジュン不在の5人のステージでしたが、ヨソプの声もよく出ていて、「美しい夜だね」は特にすごく盛り上がって楽しかったです!ヽ(^。^)ノ 

トークは韓国語中心で、司会のイ・ユミさんの通訳でした。セットリストは後で追記します~。BEASTのペンライトは白いアイスクリームみたいなので面白かったです。

***

続いては新人MYNAMEの出演。このイベント、よしもとが関係していたのかな~。U-KISSももともとは吉本興業が売り出す予定だったんですよね?これは私の推測ですが、間違ってU-KISSに最初オファー出しちゃって、吉本から「U-KISSじゃなくてMYNAMEを」ということになったのか・・・。でも、かなり吉本はMYNAMEをプッシュしてますね!

先日のガールズアワードでも頑張っていたMYNAME、売り出し方が上手いと私は思います。5人のメンバーそれぞれ、黒、赤、緑、黄、青と衣装も髪型も統一して(ゴレンジャーみたい・笑)、とにかく日本語のトークも上手い!芸人の基本、「名前と顔だけでも覚えてもらう」、そして「声を張って元気よく」、これが徹底していました。

会場ではオリジナルのノートブックも配られ、これはすごいプロモーションになったのではないでしょうかね。歌もファニさんプロデュースとあってしっかりしているし、曲も7曲も歌いました。ダンス、バラードどちらも印象に残るシンプルな曲で、よくできていると感じました。アクロバティックなダンスもあったりして、客の乗せ方も上手く、初めて見る人も楽しませてましたね~。恐るべし、MYNAME!

***

c0127366_7501164.jpg

野球の写真を少し・・・。なんと写真は撮り放題でした。6-5で韓流スターチームが逆転勝ち。

c0127366_7505080.jpg

でも、まともに戦ったらプロにはかなわないと思いましたが…。

c0127366_7503312.jpg

途中にはファンサービスタイムもたくさんありました。

c0127366_75169.jpg

ミニョクは9回裏、最後から2番目の打者でなんとデッドボールで出塁!スタメンには入っておらず、1塁コーチでした。

c0127366_7522558.jpg

終わったのは夜10時半過ぎ、野球に疎い私も楽しかったです~。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-11-26 08:00 | K-POPイベントレポ | Comments(0)
c0127366_010204.jpg

皆様、アンニョンハセヨ~!本日は韓国で歴史あるK-POPの祭典、「ドリームコンサート」が開かれたんですよね♪ 東方神起のステージはどんなだったのかな~。毎年KBSで放送されているようだけど、今年もきっとやりますよね?(^。^) 上の写真はコンサートに先立っての記者会見の様子で、ユノの顔がキレイ♪ K-style様(こちら)の記事からお借りしました。<(_ _)>

***

ではここから、東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~(東京ドーム・2012/4/15)観覧レポ、前回の続きです。(^。^)

「Why」で堂々と本編を締めた後、新しい映像が出てきて「Rising Sun」が始まりました。ここからがアンコールということになりますが、この日のライブは、アンコールの衣装が最初、恒例のツアーTシャツではなかった気がするんですよ・・・。どこからがアンコールなのか、演出的にも分かりにくかったように思います。(^^ゞ

激しいダンス曲が続いて汗だくのチャンミン、「皆さんは、東方神起が死にそうな顔をしているのに、楽しいですか?」と観客に八つ当たり(笑)。ユノはここでツアーTシャツに着替えてきました。

バックネット側のサブステージの近くで見ていた私は、ここで歌ってくれるのを今か今かと待ちわびていましたが、ようやくここでユノとチャンミンが後ろまでトロッコで移動することに・・・。でも距離が長いので、観客にウエーブをさせながら移動しました。私も東京ドームでウエーブをやるなんて初めてのことでしたが、まさに壮観でした!「2階席、3階席の皆さんはウエーブが遅い」と、ここでも毒を吐くことを忘れないチャンミン。(^^ゞ

***

ようやくサブステージにたどり着くと、「必要以上に時間がかかっちゃいました。早く次の曲に・・・」とまた毒を吐いて笑いを取るチャンミン。続いての「STILL」の曲紹介でも、ホワイトデーの話をして客席を笑わせました。

ですが、「STILL」が始まると同時に、用意されたサプライズ企画としていっせいにペンライトの色が赤から白に変わると、お笑いムードは一転。白いペンライトの光の中で、しっとりとバラードを歌う二人の姿は美しかったです。(ToT)

そしてここで、とっても意外な選曲だと思いましたが、5人の時代の懐かしい曲、「SHINE」が歌われました。これはアリーナツアーでは歌われなかったので、ドームで初披露ですね♪ 「かけがえない 大切な人」「君は僕の光 どんなときも」という歌詞がさわやかな、明るい曲です。ここで再びトロッコに乗り、ボールが客席に投げられました。

***

トロッコは1曲では終わらず、引き続き「Weep」を歌いました。この曲はまさに、ライブでファンと一緒に歌うために作られたような曲ですよね!(ToT) 「君が見てるから 僕は歌うんだ 何かのためじゃないんだよ」「君が泣いたから 僕も泣いたけど 悲しいからじゃないんだよ」。・・・この曲は何度聞いても泣ける!(ToT)

もうすぐこの幸せな時間も終わってしまうという寂しさと、今この時間と場所を共有しているという嬉しさ。キーが合わなくて歌いにくかったけど、私もこの曲は一緒に歌いましたよ・・・。「ラララ ラララーララ ラララ ラララーララ・・・」・・・まさに感動でした。(ToT)

***

そしてこの後、さらに感動の瞬間が・・・。このシーンは芸能ニュースなどでも繰り返し流れましたが、最後の挨拶をしながら、ユノが男泣きしたんですよね!(ToT) 韓国のバラエティ「強心臓」などでも語っていましたが、ユノはこれまでステージで泣いたことはないんですよね。ほかのメンバーが号泣していても、絶対に泣かなかったユノが、涙を流してる!!!

私もスクリーンに映るユノの顔を見たときは信じられなくて、思わず鳥肌が立ったほどです。ユノはいったいどんな思いで、ここまでたどり着くことができたのか・・・。おそらく想像を絶する世界がそこにあるんだと思いますが、「今ほんとに、メッチャ嬉しいです!」と声を振りしぼって叫んだユノに、私も鳥肌が立ったままでした。

そんなユノを見つめるチャンミンの大きな目にも、光るものがあったと思います。でもそこは、さすが最強チャンミン、明るい笑いに転化して、ライブの余韻を楽しいものに切り替えました。「ウエーブは遅かったですけど、2階、3階の皆さん、ありがとうございました!」って、「ウエーブは遅かった」というダメ出しを最後まで忘れないチャンミン、あなたはどこまでも最強です!(^^ゞ

***

ステージはここで暗転、「It's time for love, somebody to love...」と、二人の美しいハーモニーがアカペラで響きました。ラストの曲は、今日も東方神起の原点に返らせてくれる曲、「Somebody To Love」です。

ユノとチャンミンは、広い東京ドームを端から端まで移動しながら、何度も何度も90度に体を倒した深いお辞儀・・・。これもメディアで話題になりましたよね。細身で長身の二人が、体を直角に曲げて深々と頭を下げる姿、これほど美しく、貴いお辞儀を私は見たことがありません。

「待っていてくれたファンへの感謝の気持ちを表したい」、これは何度も彼らがインタビューで語っていたことですが、それが彼らの本心から出た言葉なんだということを感じて、はっと胸を衝かれる思いでした。誠実であること、真摯であること・・・。人が生きる上で大切なことを身をもって示してくれたような、彼らの生きる姿勢そのものが表れたようなシーンでした。

***

「今日、すごい感動をもらって、無事終わったと思います。二人のことを、変わらず応援してくれたからです」と最後にあいさつしたチャンミン。「二人のことを変わらず応援してくれた」、ここでチャンミンが「二人」とはっきり言いましたが、その一言にすごい重みを感じました。本当に、二人の復活を待っていて良かったです。

ユノとチャンミンのパフォーマンスが素晴らしいのは言うまでもありませんが、そればかりではなく、二人のボケとツッコミも楽しくて、人間的な魅力も感じられる、本当に素晴らしいライブでした。男性ファンが増えたのも納得です。長くなりましたが、これで今回のライブレポは終わります。

***

では今日はこれで・・・アンニョン!(^。^)
[PR]
by riceM | 2012-05-12 23:59 | 東方神起イベントレポ | Comments(0)

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM