東方神起に会いに名古屋に行く(7)感動体験、生の東方神起を間近で!

c0127366_02440870.jpg


全国5大ドームをめぐる「東方神起LIVE TOUR 2017 Begin Again~」、ナゴヤドームでのコンサートは、2018112日(金)~14日(日)の3日間でした。

私が行ったのは、名古屋の初日公演です。

東方神起にとって、名古屋でのコンサートは3年ぶり、しかも年末年始の休み明け、 2018年初めてのコンサートということでした。

そのため、久しぶりにステージに立つことについて、チャンミンは「なんとなく気恥ずかしい」とコメントし、ユノもほんわかした感じ。

ご当地ネタもたくさん披露して、全体としてトークはリラックスした和やかな雰囲気でした。


私が今回のツアーで名古屋の前に見たのは、昨年1221日の東京ドーム公演。

この時は、同じ事務所で弟分として可愛がっていたSHINeeのジョンヒョンの告別式の日だったので、ユノもチャンミンも悲しみをこらえてのステージでした。

しかし名古屋では、いつもの感じを取り戻していたように思い、安心しました。


***


BeginAgain Tour、略して「ビギアゲツアー」で私がとても改善されたと思ったのは、どの座席に座っていても楽しめるように、様々な工夫がなされていたことです。

会場大きく使い、花道がプロペラのように回転したり、透明な移動式のステージが前方から後方へ移動したり、空中を飛んだりする演出もありました。

しかも私はプレミアムシートだったので、本当にこんなに間近でじろじろ見ていいのかなと思うくらい、生の東方神起の姿を拝むことができました(涙)。

もう感動!感動!感動!

ユノもチャンミンも、本当に、本当に、本当~~~に綺麗!

韓国語で美しい人を表現するときに「彫刻のような美男」と言うことがありますが、「彫刻美男」とは、まさに東方神起の2人のことでしょう!!!

鍛えられた筋肉、長い手足、すっきりと整った顔立ち。

私が本当に東方神起をすごいと思うのは、あらゆる点で、常に「今が1番」ということです。

兵役で2年以上もブランクが空いてしまったのに、それを全く感じさせないどころか、容姿に関してはかえって若返っているようにも見えます。


***


日本語に関してもそう。

日本で行われる東方神起のコンサートは、歌もトークも韓国語は一切なし。

ステージを退場する時、最後にたった一言だけ「カムサハムニダ」と挨拶するだけです。

今回のツアーの中では、ユノの日本語のちょっとした間違いを笑いに変えたり、チャンミンもそれを「外国人が話しているんですから仕方がないですよ」とギャグにしたり。

今までのツアーだと、そのときに流行っている芸人さんのネタを真似したり、ファンを笑わせようと頑張っている感じが少しありました。

それはそれで面白かったのですが、今回は2人の内面から自然に出てくるユーモアで楽しませてもらったと思います。


***


コンサートの全体的な感想を書きました。

楽曲やパフォーマンスについては、次回書きますね。

[PR]
by riceM | 2018-01-28 02:45 | 東方神起イベントレポ

趣味のK-POPの話題を中心に、自分が興味を持ったことを気まぐれに書いているブログです。2008年、東方神起をきっかけにK-POPにハマりました!U-KISSも大好き。ガールズグループ含め、いろいろ聴いてます♪ (^_^)


by riceM